岡田健史、高校時代の恋愛を赤裸々告白

俳優の岡田健史が、3日放送のTBS系「A-Studio+」(毎週金曜よる11時~)に出演。高校時代の恋愛や、俳優を志したきっかけを明かした。
岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス

岡田健史「告白されなかった。告白してました」高校時代の恋愛を赤裸々告白

小学2年生から高校3年生の夏まで野球一筋だったという岡田。高校では親元を離れ、甲子園にも出場する名門校の野球部に所属し、野球漬けの毎日を送っていたという。

共学だったという高校時代の恋愛について問われた岡田は、「僕本当にそういうのなかったです」と苦笑い。笑福亭鶴瓶が「本当になかったの?」と訝しがると、「僕もテレビで芸能人のかっこいい方がそんなこと言ったら『ウソつけ』と思うんですけど、僕は本当に告白はされなかったです。僕は告白してました」と自分から告白することはあったことをサラッと告白。「同じ高校の子に?」とさらに問われると、「(同じ高校の)子もそうですし、他校でも…。同時、多数じゃないですよ」と赤裸々に明かした。

岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス
そして、高校の野球部の監督からは「すごくモテていた」という情報が。さらに、高校に取材に訪れたというKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔からも「練習とか試合とか女の子がいっぱい見に来て、(キャッチャーをしていた岡田に)『キャッチャーミット外して』とか…」と岡田のモテエピソードが紹介された。

岡田健史、野球部引退後に演劇部に 役者を志したきっかけを明かす

岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス
また、岡田が役者になりたいと思った転機を明かす場面も。高3の夏に野球部を引退した後、誘われて演劇部に入部したという岡田は、当時は大学野球をやろうと思っていたそうだが、大学の特待が取れず、大学を受験した翌日に演劇部の県大会があり、それをきっかけに役者になりたいと思い始めたという。

岡田は「いきなり親に『大学行かないで役者になりたい』って…。(父親と)ぶつかりました。あんな父親を見たのも初めてですし、僕もそれだけ親父にガーッと言われても『いや、それでもやりたい』って言った自分を見て、俺はやっぱり本当に役者やりたいんだろうなっていう確信が得られた」と父親に反対されても役者への思いを貫いた当時を振り返った。(modelpress編集部)

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 岡田健史、高校時代の恋愛を赤裸々告白
今読んだ記事

岡田健史、高校時代の恋愛を赤裸々告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事