カズレーザー、志村けんさんの“名言”に脱帽「僕らの感じる“面白い”を作ってくれた」

お笑いコンビ・メイプル超合金カズレーザーが、31日放送のフジテレビ系情報番組『とくダネ!』(月~金、8:00)に出演。30日に亡くなったことがわかった、お笑いタレントの志村けんさんについて語った。
志村けんさん、カズレーザー(C)モデルプレス
志村けんさん、カズレーザー(C)モデルプレス

カズレーザー、志村けんさんの語録に脱帽

カズレーザー(C)モデルプレス
カズレーザー(C)モデルプレス
番組内では、これまでの志村けんさんの語録や、ジャンケンの「最初はグー」を生み出したことが紹介されると、カズレーザーは「国民すべてが知ってる言葉を作るってすごい」と感銘を受けたという。

生前のインタビューで志村さんは、「仕事を金稼ぎの手段として考えたことなど一度もない」、「子供に『志村ってバカなんだよ』って言われることは最高の褒め言葉」、「『マンネリこそ素晴らしい』と声を大にして言いたい」など数々の名言を生み出していた。

カズレーザー(C)モデルプレス
カズレーザー(C)モデルプレス
これに対し、カズレーザーは「我々は到底、ここには及びませんよ。恥ずかしいです。金稼ぎのことしかやっていないです」とお茶目に志村さんの素晴らしさを痛感し、「こうやってコメンテーターぶってますからね」と笑いを誘った。

そして「僕らの感じる“面白い”をほとんど作ってくれた方なんですよね」とニッコリ。「当たり前に寄り目して(カメラに)抜かれて、それで笑いをとれるってたぶん志村さんが作っちゃったからみんな真似するしかないんですよ。それが面白いって、僕らはなっちゃっているので」と志村さんのコメディアンとしての偉大さを力強く語った。

志村けんさん、死去

志村けんさん(C)モデルプレス
志村けんさん(C)モデルプレス
所属事務所は25日に志村さんが新型コロナウイルスで入院していることを発表していた。なお、葬儀は近親者のみで行うという。

志村さんは、1950年2月20日生まれの東京都出身。ザ・ドリフターズのメンバーであり、「だいじょうぶだぁ」や、腕を首の前で横に伸ばす「アイーン」ポーズなどで一世を風靡。

さらに「志村けんのバカ殿様」や「志村けんのだいじょうぶだぁ」など出演番組も多く、日本のお笑い界を牽引していた。

現在のレギュラー番組は「天才!志村どうぶつ園」や「志村でナイト」の2本。新型コロナウイルス感染の影響で、2020年12月公開予定の初主演映画「キネマの神様」を辞退していた。(modelpress編集部)

志村けんさんが死去 新型コロナウイルスで闘病


【関連記事一覧】新型コロナウイルス影響広がる



情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - カズレーザー、志村けんさんの“名言”に脱帽「僕らの感じる“面白い”を作ってくれた」
今読んだ記事

カズレーザー、志村けんさんの“名言”に脱帽「僕らの感じる“面白…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事