「同期のサクラ」高畑充希に相次ぐ試練 衝撃展開に「涙腺崩壊」の声続出

女優の高畑充希が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「同期のサクラ」(毎週水曜よる10:00~)の第7話が20日に放送され、そのストーリーに反響が寄せられている。<※以下、ネタバレあり>
橋本愛、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
橋本愛、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ

高畑充希主演「同期のサクラ」

高畑充希、新田真剣佑、椎名桔平/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
高畑充希、新田真剣佑、椎名桔平/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
同作は、主演に高畑、脚本に遊川和彦氏を迎え、「過保護のカホコ」の制作チームが再結集して制作されるオリジナルドラマ。過疎の離島で育ち、故郷の島に橋をかけるという夢のためにどんなときも自分を曲げず、忖度できない主人公・北野サクラ(高畑)が、ゼネコンの花村建設に入社し、同期たちと出会った2009年の春から10年間を1話ごとに1年ずつ描いていく。

「同期のサクラ」急展開の第7話

丸山智己、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
丸山智己、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
第7話では、物語が大きく急展開。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを、サクラは楽しみにしていた。

しかし、島に架かる橋の工事にトラブルが発生。問題解決のために、サクラは同期の4人と一緒に、祖父のいる美咲島に向かう。

サクラ(高畑充希)、胸打たれる涙のスピーチ

津嘉山正種、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
津嘉山正種、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
自身にとって最大の夢だった橋の建設。しかし、サクラは、島民たちに「故郷の島に、橋は架かりません。架けてはいけません」と安全面から橋を架けることは出来ないことを正直に告白。

高畑充希、竜星涼/同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
高畑充希、竜星涼/同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
「ここのみなさんが命を落とす可能性があるような橋を絶対に作るわけにはいきません」と話し、許してほしいと島民たちに泣きながら頭を下げた。

最愛の祖父の死…サクラ(高畑充希)の感情があらわに

高畑充希、津嘉山正種/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
高畑充希、津嘉山正種/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
そして、サクラが帰宅すると、すでに祖父は亡くなっていた。

「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
その後、東京に戻ったサクラは祖父からFAXが届いていたことに気付く。そこには「桜は決して枯れない」「たとえ散っても」「必ず咲いてたくさんの人を幸せにする」と書かれていた。それらを読んだサクラは、何かが壊れてしまったように今まで祖父から届いたFAXを破り捨て、部屋を荒らし、感情を荒ぶっている様子を見せた。

高畑充希主演「同期のサクラ」、じいちゃんの“FAX名言”が刺さると話題


衝撃の展開に視聴者も涙腺崩壊

椎名桔平、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
椎名桔平、高畑充希/「同期のサクラ」第7話より(C)日本テレビ
放送後、ネット上では「サクラの島民への想いに感動した」「じいちゃんのFAXで涙腺崩壊」「今週やばい…」「涙が止まらないよ」などのコメントが殺到。さらに、「なんか最終回みたい」「次回からどうなるの…?」など、今後のストーリーが気になっている声も多数寄せられていた。

なお、来週の11月27日は、「ベストアーティスト2019」の放送の為、同ドラマの放送は休止となり、第8話の放送は12月4日となる。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「同期のサクラ」高畑充希に相次ぐ試練 衝撃展開に「涙腺崩壊」の声続出
今読んだ記事

「同期のサクラ」高畑充希に相次ぐ試練 衝撃展開に「涙腺崩壊」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事