嵐・相葉雅紀、SNS投稿に「どこまで良いの?」 5人がこれまで見ていたSNSは?<20周年記念日会見>

3日、都内にて(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤)が会見を行い、今後の活動について4つの発表を行った。会見の様子はYouTubeの公式チャンネルでも生配信され、生配信後報道陣向けに質疑応答の時間が設けられた。
嵐/二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔(C)モデルプレス
嵐/二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔(C)モデルプレス

嵐、5つのSNSアカウント開設

1つ目の発表は「デジタル解禁について」。10月9日に公式チャンネルを開設したYouTubeに加え、11月3日よりTwitter、Facebook、Instagram、TikTok、Weiboの5つのSNSを解禁。

が活動20周年を迎え、応援してくれているファンによりを身近に感じてもらえるように、また、リアルタイムでの活動を届けられるようにとの思いで今回SNSの開設に至ったという。

【全文】生配信後の質疑応答


<11月3日(日)解禁SNSアカウント>

Twitter:@arashi5official
Facebook:@arashi5official
Instagram:@arashi_5_official
TikTok:@arashi_5_official
Weibo:@arashi_5

嵐、SNS投稿の内容は?

なお、アカウント名が決まった経緯について松本が「僕ら公式だと思うんですけど、オフィシャルとかすごい分かりやすい名前が埋まっておりまして。オフィシャル感のあるものが沢山あるんですよ(笑)」とすでに公式らしいアカウントが存在していたため、なかったアカウント名から選んだという。

さらに、SNSの投稿について、松本は「スピーディーに自分たちの情報を得ることができると思うので、皆との距離を今まで以上に縮められたら。また5人でやるので、5人のことをメインにやらせてはもらいますが、それぞれのパーソナルカラーがわかるようなことも考えております」と説明。

TikTokは「日本のアカウントをたくさん見てるんですけど、それと同時にアメリカだったり海外のアカウントも見ていて、日本人は割とポップで楽しい感じのが多いんですけど、海外のを見ると割と本気で踊っていたりする動画も多いので、自分たちの振り付けの部分とかを友だちとかと踊ってもらえるような、そういうツールになってくれたら良いなと思います」と楽曲の振りをより手軽に広めるためのツールとして使用していくとした。

新曲の「Turning Up」のミュージックビデオは2019年11月3日の21時より解禁、なお、公式YouTubeチャンネルにてYouTubeプレミア公開を行うタイミングでメンバーもチャットに参加予定。櫻井は「若干1名果たしてタイピングができるのか不安なメンバーいまして…」と相葉を見て「曲のつづりが打てるかな」と心配。対して二宮は「僕はチャットを5、6年以上やっているので打つスピードはあると思うんですけど、沢山の人が見てくださるので、その1つ1つにお答えできるのかってなると、また違うかもしれないですけど、同じ目線で盛り上げていけたらなと思います」と自信を見せ、松本は「結果的にニノがずっと打ってるかもしれないですしね」と笑った。

嵐メンバー、これまでSNSは見ていた?

嵐/二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔(C)モデルプレス
嵐/二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔(C)モデルプレス
これまでSNS自体に親しみがあったかというとメンバーによってまちまちだといい、「さっきInstagramを見てフォローして、YouTubeも登録したので僕は疎いですね。なので一生懸命勉強します!」と話した相葉に対し、松本はYouTubeは後輩のSixTONES、米津玄師、星野源、海外アーティストなどの動画やハウツー動画なども見ていたと告白。

「SNSも見る専門で、書き込んだりは一切していなかったですけど、友だちとかをフォローしたり、そういうのはしていました。なので僕が見ているっていうことを知ってるファンの方は僕宛にタグ付けしてコンサートの『こういうところをこうしたほうが良いと思う』ていう意見をつぶやいてくれて、それを見て『なるほど』みたいなことはしていました」とSNSも親しんでいたといい、「なので始められることが嬉しいですし、一方的だったのが相互という形になるのが楽しみです」と期待。

大野もInstagramは活用していたといい、「結構釣り系もあるし、アートも。よく相模湾とかでマグロが釣れる時期があって、『相模湾 マグロ』とかで検索してます」とマニアックな活用方法を明かすと、櫻井は「ここの映像使われたら何の会見か分からない」と笑った。

相葉雅紀、SNS投稿に「それあげていいの?はあ~すごいね」

また、SNSでどんなオフショットを公開するかという話題では櫻井が「今まで5人で行くあてもなく撮ってる写真とかも結構あるんですよ。海外行った時ご飯行って写真撮ったりとかそういうの沢山あるので、さっき松本も話してましたけれども、個人的なものになってくるのかなぁ」と回答。

SNSに疎い相葉はこの話題に「どこまで良いの?何でも良いんだ?」とキョロキョロメンバーを見て疑問を投げかけ、二宮が「相葉くんが昔親知らず抜いた写真(も良い)」と教えると、相葉は「みんなに送ったやつ?それあげていいの?はあ~すごいね!」と感心。

櫻井が「大野の相模湾のマグロは見たい」とリクエストすると、大野は「魚みて楽しいですか?」と不思議そうに答え、二宮が「リーダー込み(の写真)!」とお願い。

SNSに関する質問の回答を記者が「相葉さん以外で。答えるのが難しいかもしれないので…」と指定した場面では、メンバーが「相葉さんじゃだめなんですか(笑)」とツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

なお、SNSの期限は今の所決まってないとのこと。炎上や誤爆への不安はないかと問われると、「あくまでもファンの皆さんに近く感じて頂きたい。ファンの皆さんに今までお見せできなかったことも見せていきたいということなので、炎上とか余り想定していないと言うか。ないとは断言できないし、やってみないとわからないけど、喜んでもらえるものを投稿していくということだと思います」と櫻井。

ジャニーズ事務所での他グループへの波及を期待しているかという質問には「波及がないとは言い切れないと思いますが、各グループの思いもあると思いますし、我々がやったから他の全部のグループがやっていくとも思いませんし、我々20周年のタイミングで後輩にも何か残せるものがあるならという思いもあってのことなので。波及はたしかにしていくと思います。ただそれぞれの思いと判断があると思うので、少しドアを開いたということだと思います」と控えめに答えた。

嵐、4つの発表

2019年1月27日、は2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表。リーダーの大野智が2021年以降、芸能活動を休止することとなり、活動再開時期は未定。解散は否定している。

今回の発表は、「1.デジタル解禁について」「2.ARASHI アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』」「3.『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ライブビューイング」「4.コンサートに関して」の4つ。

10月9日、YouTubeチャンネルを開設し、一部楽曲のサブスクリプション型のストリーミング配信を開始。11月1日、YouTube公式チャンネルにてデビュー20周年記念日である3日に生配信をすることを発表して話題を呼んでいた。(modelpress編集部)

20周年記念日会見生配信まとめ


「20周年記念日会見」記事をもっと読む



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 嵐・相葉雅紀、SNS投稿に「どこまで良いの?」 5人がこれまで見ていたSNSは?<20周年記念日会見>
今読んだ記事

嵐・相葉雅紀、SNS投稿に「どこまで良いの?」 5人がこれまで見…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事