Hey! Say! JUMP山田涼介「セミオトコ」撮影中に貴重な体験

Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務めるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「セミオトコ」の第5話(8月23日よる11時15分~)では、物語のメイン舞台「うつせみ荘」の住人たちが庭先でバーベキューを行う。
(左から)北村有起哉、今田美桜、やついいちろう、山崎静代、山田涼介、木南晴夏、阿川佐和子、檀ふみ(画像提供:テレビ朝日)
(左から)北村有起哉、今田美桜、やついいちろう、山崎静代、山田涼介、木南晴夏、阿川佐和子、檀ふみ(画像提供:テレビ朝日)
Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務めるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「セミオトコ」の第5話(8月23日よる11時15分~)では、、物語のメイン舞台「うつせみ荘」の住人たちが庭先でバーベキューを行う。

同作は、突然目の前に現れた美しきセミ(山田)の王子様と暮らすことになった、さえないアラサー女子・由香(木南晴夏)、2人の7日間だけのキセキの恋を描くオリジナルラブストーリー。第5話では、初めてのバーベキューに戸惑いながらも楽しそうな表情のセミオ(山田)と、彼の様子を見守りながらも、残り少ない時間を思って胸を痛める由香(木南)が描かれる。

木南晴夏、バーベキューにテンションがあがる

この日、「うつせみ荘」の庭にセットされたバーベキュー道具を見て、「楽しそう!」と思わずテンションが上がっていた木南。暑い中でのロケということで、撮影の合間にはお互いに扇風機の風を当て合ったり、水分補給の声を掛け合ったりと、チームワークは抜群。時折、一緒にバーベキューの具材を覗き込んで談笑するなど、現場は終始和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。

山田涼介、セミの赤ちゃんに好かれる

また、山田が撮影中に、生まれたばかりのセミが地面を歩いているのを発見し、「踏まれちゃ可哀想」と腕に乗せ、安全な場所に放してあげようとする一幕も。「まだ赤ちゃんで可愛いね」と言いながら、適当な木を探す山田だったが、当のセミの赤ちゃんは山田の腕が居心地よく気に入ってしまったのか、なかなか離れてくれず。

ようやく木に移ることができたセミの赤ちゃんを見つめる山田の優しいまなざしに、周囲のスタッフからも「やっぱりセミオだからセミに好かれるんだね」と笑いが起こり、山田も「こんなにじっくりセミに触ったのは初めて!」と貴重な体験に心踊った様子だった。(modelpress編集部)

「セミオトコ」第5話あらすじ

岩本春(山崎静代)の危機を救ったセミオ(山田)は、初めて自分の命が残りわずかであることに悲しさを感じる。「死ぬのが怖い。由香さんとずっと一緒にいたい」と泣くセミオを、大川由香(木南)は優しく抱きしめるのだった。

慌てて帰宅した夫のマサ(やついいちろう)は、春の落ち着いた様子に一安心。心配して春の部屋に集まってきていた庄野ねじこ(阿川佐和子)&くぎこ(檀ふみ)姉妹や熊田美奈子(今田美桜)らは、春が赤ん坊を抱いている写真が飾ってあるのを見て、春が抱えていた辛い過去を知る。

「春ちゃんから話されるまでは気づいていないフリをしよう」と話し合った住人たちだったが、デリバリーのピザをみんなで食べた後、春とマサは6年前に起きた悲しい出来事について、由香たちに話し始める。

さらに、ねじこ&くぎこ姉妹、そして美奈子までもが今まで誰にも話したことがなかった秘密を告白。セミオが「うつせみ荘」に現れて以来、変わり始めた関係性に、皆どこか心地よさを感じていた。

セミオとの時間もあと3日となった週末、由香は「うつせみ荘」のみんなで何か楽しいことをしたい、と申し出る。美奈子の提案でバーベキューをすることになる中、セミオの体にはある異変が起こり始めていて…?

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey! Say! JUMP山田涼介「セミオトコ」撮影中に貴重な体験
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP山田涼介「セミオトコ」撮影中に貴重な体験

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事