【日本版「PRODUCE 101」概要・応募資格・方法まとめ】Wanna Oneに続くグローバルボーイズグループオーディション、他薦でスカウトも可能

【PRODUCE 101 JAPAN/モデルプレス=5月15日】韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」が始動し、日本初の国民が作り上げるグローバルボーイズグループ全国民投票型のオーディションが開催される。ここでは、プロジェクトの概要と、5月31日まで受け付けている書類審査の応募資格、条件などについて紹介する。
「PRODUCE 101 JAPAN」(提供写真)
「PRODUCE 101 JAPAN」(提供写真)

目次

  1. 日本版「PRODUCE 101」オーディション募集受付中
  2. 「PRODUCE 101 JAPAN」応募資格詳細
  3. あなたの身近にいるイケメンがスターになる可能性も
  4. 「#国民総スカウトキャンペーン」参加方法
  5. 「PRODUCE 101」とは?

日本版「PRODUCE 101」オーディション募集受付中


「PRODUCE 101 JAPAN」は、吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングスが、韓国を代表するエンターテインメント企業CJ ENMとタッグを組んだ、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる巨大プロジェクト。

応募資格は日本在住の2019年7月末日時点で義務教育を修了している16歳以上~30歳以下の、応募時点で他のプロダクションに所属していない男性で、国籍・経験は問わず。

5月31日(金)まで受付する書類審査を経て、6月15日(土)より1次審査(会場審査)を全国7都市(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄)にて順次実施。その後、2次審査(最終会場審査)を7月13日(土)~15日(日)まで実施し、101名が選出。

101人からオーディションを開始し、最終的には、国民プロデューサーと呼ばれる日本国民全員が対象となる投票によって11名が選ばれ、グローバルで活躍するボーイズグループとして2020年にデビューする。

国民代表プロデューサー・メインMCのナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史) (C)モデルプレス
国民代表プロデューサー・メインMCのナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史) (C)モデルプレス
また、今回のオーディションを進行する国民プロデューサー代表は、お笑いコンビのナインティナイン。そのほか審査員も各業界を代表する方々が担当する予定である。

「PRODUCE 101 JAPAN」新プロジェクト概要発表会見の様子を見る


「PRODUCE 101 JAPAN」応募資格詳細

2019年7月末日時点で義務教育を修了している満16歳以上~30歳以下の男性

・自薦他薦は問わない
・ボーカル、ラップ、ダンス経験者歓迎、未経験者OK
・日本在住の方
・応募時点で他のプロダクションに所属していない方
・オーディション過程より、WEB、テレビ番組、他メディアに出演可能な方
・未成年者は親権者の同意が必要
・オーディション合格後、2019年8月以降に行われるトレーニング合宿(日本国内、または海外)に参加可能な方
(合宿に伴う交通費・宿泊費はプロジェクトが負担)

あなたの身近にいるイケメンがスターになる可能性も

さらに、今回は“他薦”というエントリー方法も。「#国民総スカウトキャンペーン」では、「身近にいるイケメンをスターにしていこう」という名目のもと、自分が推薦したい人を原宿に連れて来て応募できるほか、直接知らない人でも、SNSを通して応募することが可能。推薦したい人のSNSに「#国民総スカウト」のハッシュタグをつけるだけで応募でき、後日その人に事務局から連絡が行くかもしれないという。

全国各地に将来スターとなりうる多くの原石、本人は気づいていなくとも将来光り輝くボーイズが見つかる可能性もある。

「#国民総スカウトキャンペーン」参加方法

<直接スカウト>

「JOL原宿」に特設ブースが登場。新時代のスターにふさわしい、推薦したい男性を連れてくれば、その場ですぐに応募が完了する。

期間:4月24~30日

<ハッシュタグでスカウト>

「オーディションに参加して欲しい!」という男性がいたら、その人のTwitter、Instagramに「#国民総スカウト」のハッシュタグをつけてコメントするだけでスカウトが完了。スカウトされた人には、後日事務局から連絡が行く可能性が。

期間:5月末日まで

「PRODUCE 101」とは?

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送された大ヒットサバイバルオーディション番組。10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る。最初の選考を通過した101名からスタートし、さまざまなミッションに挑戦、 熾烈な競争を争って最終デビューメンバーを選出。

このすべての過程は、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者が決定。最終的に勝ち残ったメンバーが、ファイナルグループとして日本からデビュー。スターダムにのし上がることが確約された世界規模のプロジェクト。

コメントを寄せたイ・デフィ、パク・ウジン(会見で流れた映像より) (C)モデルプレス
コメントを寄せたイ・デフィ、パク・ウジン(会見で流れた映像より) (C)モデルプレス
コメントを寄せたIZ*ONE(会見で流れた映像より) (C)モデルプレス
コメントを寄せたIZ*ONE(会見で流れた映像より) (C)モデルプレス
2016年にガールズグループ“I.O.I(アイオアイ)”、2017年のシーズン2ではボーイズグループ”Wanna One(ワナワン)”、2018年のシーズン3では、日本人と韓国人で構成されたガールズグループで、HKT48の宮脇咲良らが所属する“IZ*ONE(アイズワン)”が誕生。いずれのグループも放送当時だけではなく、放送後も番組、広告、音楽市場など韓国の芸能界全般で大活躍をしている。また数多くのスターを輩出し、新語・流行語も数多く生み出すなど社会現象を巻き起こす革命的番組。(modelpress編集部)

IZ*ONEが誕生した「PRODUCE 48」


IZ*ONE&Wanna One「PRODUCE 101 JAPAN」始動にコメント


これまでの「PRODUCE 101 JAPAN」関連記事をチェック!



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【日本版「PRODUCE 101」概要・応募資格・方法まとめ】Wanna Oneに続くグローバルボーイズグループオーディション、他薦でスカウトも可能
今読んだ記事

【日本版「PRODUCE 101」概要・応募資格・方法まとめ】Wanna On…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事