IZ*ONE&Wanna One「PRODUCE 101 JAPAN」始動にコメント

0
0
韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」の始動が11日に発表され、「PRODUCE 101」シリーズからデビューしたIZ*ONEWanna Oneがコメントを寄せた。
IZ*ONE (C)モデルプレス
IZ*ONE (C)モデルプレス

IZ*ONE「PRODUCE 101 JAPAN」を応援

「PRODUCE 101」とAKB48グループがタッグを組んだ「PRODUCE 48」に出演し、最後まで勝ち抜いたメンバー12人で昨年結成されたIZ*ONE。「PRODUCE 101 JAPAN」始動に際し「ついに始まりましたね!おめでとうございます」と祝福のコメントを寄せた。

また自身らのオーディションバトルを振り返り、「PRODUCE 101」について「舞台経験を積むことができてすごく役立ちました」と紹介。「最後まで勝ち残ればデビューと最高のステージが用意されていますよ!」とエールを送った。

動画コメントを寄せたIZ*ONE (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたIZ*ONE (C)モデルプレス
<IZ*ONEコメント全文>

Eyes on me! こんにちは、IZ*ONE(アイズワン)です。

PRODUCE 101 JAPANついに始まりましたね!

おめでとうございます。

このプロジェクトの見所は、国民プロデューサーの皆さんの国民投票ですべてが決まるということです。

PRODUCE 101ではグループバトルで舞台に立つことが多かったですよね、舞台経験を積むことができてすごく役立ちました。

とにかく日本では今までにない規模のオーディションでとても大変になると思いますが、最後まで勝ち残ればデビューと最高のステージが用意されていますよ!

夢は見るものじゃなくて掴むものです。掴め夢を!あなたのエントリーを待ちしてます。ファイトー!

動画コメントを寄せたIZ*ONE (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたIZ*ONE (C)モデルプレス

Wanna Oneメンバーもコメント

Wanna One (C)モデルプレス
Wanna One (C)モデルプレス
また「PRODUCE 101」シーズン2でデビューしたWanna One出身メンバーも、祝福のコメントを寄せている。

<パク・ジフン>

皆さんこんにちは、パク・ジフンです。PRODUCE 101 JAPANついに始動、おめでとうございます。韓国ではPRODUCE 101とWanna Oneはすごく人気がありました。国民プロデューサーのおかげで作られたグループなので僕にとって意味深い時間でした。国民プロデューサーの皆さんから選ばれた瞬間は本当に忘れないです。チャレンジしないと何も変わりません。皆さんぜひ応募して下さい!
皆さんの夢は必ず叶います!掴め夢を!あなたのエントリー、お待ちしています。

動画コメントを寄せたパク・ジフン (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたパク・ジフン (C)モデルプレス
<キム・ジェファン>

皆さんこんにちは、Wanna Oneのキム・ジェファンです。PRODUCE 101 JAPANついに始動、おめでとうございます。僕も個人練習生だったので初めて事務所所属の練習生と練習するときは大変でしたが、すごく成長できたと思います。チャレンジしないと何も変わりません。ぜひ応募して下さい!皆さんの夢は必ず叶います!掴め夢を!あなたのエントリー、お待ちしています。

動画コメントを寄せたキム・ジェファン (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたキム・ジェファン (C)モデルプレス
<ファン・ミニョン>

皆さんこんにちは、NU’ESTのファン・ミニョンです。今回PRODUCE 101 JAPANではグローバルボーイズグループを発掘するそうですが、どんな方が参加して最終メンバーに選ばれるか、すごく楽しみです。最後まで良い印象を与えられるように頑張ってください。夢は見るものじゃなくて掴むものだと思います。ぜひ夢を掴んでください!

動画コメントを寄せたファン・ミニョン (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたファン・ミニョン (C)モデルプレス
<イ・デフィ、パク・ウジン>

こんにちは、イ・デフィ、パク・ウジンです。PRODUCE 101 JAPANついに始動、おめでとうございます。101は国民プロデューサーによって選ばれる国民的なオーディションプロジェクト、栄光への第一歩は応募しなくちゃ始まらない。掴め夢を!あなたのエントリー、お待ちしています。

動画コメントを寄せたイ・デフィ、パク・ウジン (C)モデルプレス
動画コメントを寄せたイ・デフィ、パク・ウジン (C)モデルプレス

日本版「PRODUCE 101 JAPAN」始動 吉本興業とタッグでグローバルボーイズグループ結成へ



日本初“国民プロデューサー”が決めるボーイズグループオーディション「PRODUCE 101 JAPAN」始動

ナインティナイン/「『PRODUCE 101 JAPAN』新プロジェクト概要発表会見」 (C)モデルプレス
ナインティナイン/「『PRODUCE 101 JAPAN』新プロジェクト概要発表会見」 (C)モデルプレス
このたび、新たに始動することが発表された「PRODUCE 101 JAPAN」は、吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングスが、韓国を代表するエンターテインメント企業CJ ENMとタッグを組んだ、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる巨大プロジェクト。

日本では初となる、国民が作り上げるグローバルボーイズグループ全国民投票型のオーディションを開催する。

「PRODUCE 101 JAPAN」は、4月11日より募集を開始。その後、オーディションがスタートし、101人が選ばれる。日本国民(国民プロデューサー)の投票によって最終的に11人が選ばれ、グローバルで活躍するボーイズグループとして、2020年にデビューを予定している。

国民代表プロデューサーはナインティナイン

ナインティナイン(写真左二人)/「『PRODUCE 101 JAPAN』新プロジェクト概要発表会見」 (C)モデルプレス
ナインティナイン(写真左二人)/「『PRODUCE 101 JAPAN』新プロジェクト概要発表会見」 (C)モデルプレス
なお、11日に都内で行われた「『PRODUCE 101 JAPAN』新プロジェクト概要発表会見」にて、お笑いコンビ・ナインティナイン矢部浩之岡村隆史を国民代表プロデューサーと呼ばれるメインMCに迎えることが発表された。

本日より応募開始し、5月31日まで受付。6月に東京・仙台、東京・札幌、名古屋・沖縄、大阪・福岡で一次審査、7月13日から15日に2次審査が行われ合格者101名が決定する。

I.O.I、Wanna One、IZ*ONEを輩出「PRODUCE101」

「PRODUCE101」はMnetで放送された公開オーディション番組で、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る。最初の選考を通過した101人からスタートし、さまざまなミッションに挑戦、 熾烈な競争を争って最終デビューメンバーが選ばれる。

このすべての過程は、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者が決定。最終的に勝ち残ったメンバーが、ファイナルグループとしてデビューを果たす、スターダムにのし上がることが確約されるプロジェクトとなっている。

「PRODUCE101」についてさらに詳しく!


2016年にガールズグループ・I.O.I(アイオアイ)、2017年のシーズン2でボーイズグループ・Wanna One(ワナワン)が誕生し、社会現象を巻き起こした。

2018年のシーズン3では、“国民自らがアイドルデビューメンバーを選抜する”「PRODUCE101」のシステムと、“会いにいけるアイドル”をコンセプトに専用劇場で毎日ライブを行なう「AKB48」のシステムがコラボしたプロジェクト「PRODUCE48」が始動。日本人と韓国人で構成されたガールズグループで、HKT48の宮脇咲良らが所属する・IZ*ONE(アイズワン)が誕生した。いずれのグループも放送当時だけではなく、放送後も番組、広告、音楽市場など韓国の芸能界全般で活躍している。(modelpress編集部)

「PRODUCE48」についてさらに詳しく!

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - IZ*ONE&Wanna One「PRODUCE 101 JAPAN」始動にコメント
今読んだ記事

IZ*ONE&Wanna One「PRODUCE 101 JAPAN」始動にコメント

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事