「8時だJ」オープニング「Can do! Can go!」歌唱に「超貴重映像」と反響殺到 嵐がバックダンサー、山下智久&生田斗真が最後尾の図

29日にテレビ朝日開局60周年記念「超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ」(よる8時54分~)が放送。、関ジャニ∞、滝沢秀明山下智久生田斗真ら豪華ジャニーズメンバーが出演し、オープニングで披露した曲「Can do! Can go!」に反響が寄せられている。

「8時だJ」20年ぶり復活で「Can do! Can go!」

かつてジャニーズJr.がメインを務め、さまざまな企画に体を張って挑んでいた番組「8時だJ」(1998年4月~1999年9月)。番組終了から約20年という節目の今、当時、ジャニーズJr.のリーダー的存在だった滝沢の引退を前に、豪華ジャニーズ陣が大集結。

そして懐かしのオープニングナンバー「Can do! Can go!」を全員で歌唱。同曲はもともとV6のヒット曲だが、「8時だJ」のオープニングでジャニーズJr.たちがよく歌い踊ってきたナンバーで、メンバーにもファンにも思い入れのある楽曲だった。

嵐がバックダンサー、山下智久&生田斗真が最後尾

滝沢をセンターに、がバックダンサー、さらに山下や生田は最後尾という、今となっては見ることのできない貴重な図に。これにはMCのヒロミも「が後ろで踊るってことあるんだな」などと驚き。

視聴者からもネット上で「20年ぶり…胸アツ」「泣いた」「鳥肌」「黄金期(泣)」「や山P、斗真くんが後ろにいるって本当に今では考えられない…」「これは超貴重映像」など反響が殺到。Twitterでは「Can do! Can go!」が即座にトレンド入りしていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 「8時だJ」オープニング「Can do! Can go!」歌唱に「超貴重映像」と反響殺到 嵐がバックダンサー、山下智久&生田斗真が最後尾の図
今読んだ記事

「8時だJ」オープニング「Can do! Can go!」歌唱に「超貴重映像…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事