「僕らは奇跡でできている」最終回、高橋一生の衝撃ラストに「さすが!」

俳優の高橋一生が主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時~)の最終話が11日、放送され、衝撃のラストシーンに注目が集まった。
高橋一生 (C)モデルプレス
高橋一生 (C)モデルプレス

高橋一生主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」

高橋が民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマで初主演を務める同作。生き物のフシギに目がない大学講師・相河一輝の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマだ。

「僕らは奇跡でできている」これまでの記事を見る



最終話で高橋一生が宇宙に?

前回、同僚の大学教授・樫野木(要潤)から「消えてほしい」と厳しい言葉を浴びせられた一輝。最終話で一輝は「今年度で大学教授を辞める」という決断をだした。

高橋一生/『僕らは奇跡でできている』最終話より(画像提供:カンテレ)
高橋一生/『僕らは奇跡でできている』最終話より(画像提供:カンテレ)
そのことを知った学生らは、一輝が親しくする歯科医・水本育美(榮倉奈々)に事情を説明し、考え直すように説得してもらおうとする。後日、一輝が歯科医院を訪れた際、育美が辞める理由を尋ねると、「知りたいですか?」とこっそり楽しそうに話し、それを聞いた育美は「え?」と驚いた表情を見せた。

榮倉奈々、高橋一生/『僕らは奇跡でできている』最終話より(画像提供:カンテレ)
榮倉奈々、高橋一生/『僕らは奇跡でできている』最終話より(画像提供:カンテレ)
樫野木との一件が起きた翌日、大学を休んだ一輝はその振替授業でフィールドワークを決行。樫野木も誘い、学生たちとのフィールドワークを楽しんだのち、ついに大学を辞める理由を話した。「僕は皆さんと繋がってます」と話し始め、「僕は今まで出会った人、モノ、生き物全部でできています。だから時間も距離も関係ありません。いつでもつながってます」と意味深発言。これに生徒らは「遠くに行くってこと?」「海外に行くってことですか?」などと尋ねるが、一輝は「宇宙に行きます。フィールドワークです。楽しみです!」と衝撃の告白。生徒も樫野木も一瞬驚いた様子だったが、納得したようだった。

高橋一生 (C)モデルプレス
高橋一生 (C)モデルプレス
さらに衝撃だったのは最後のカットで、一輝が宇宙服を身に着け、宇宙から手を振る様子が映し出された。SNS上では「相河先生らしい決断」「宇宙!?」「さすが!期待を裏切らない」「ラストでも相河節(笑)」「宇宙服高橋一生は貴重!」と一輝らしさ全開の展開に大満足のコメントがたくさん寄せられている。(modelpress編集部)

高橋一生「僕自身救われていた」クランクアップで別れ惜しむ<僕らは奇跡でできている>



情報:関西テレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「僕らは奇跡でできている」最終回、高橋一生の衝撃ラストに「さすが!」
今読んだ記事

「僕らは奇跡でできている」最終回、高橋一生の衝撃ラストに「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事