浅田真央、現役引退後の葛藤を告白「暗闇の中にいるような感覚でした」

【浅田真央/モデルプレス=12月6日】プロフィギュアスケーターの浅田真央が雑誌「Numero TOKYO」1・2月合併号に登場。誌面のインタビューでは、現役引退後の葛藤、再びリンクに戻ったときの心境などについて語っている。
浅田真央(画像提供:扶桑社)
浅田真央(画像提供:扶桑社)
2017年4月に選手生活の引退を発表し、同年7、8月に開催されたアイスショーを最後にスケートから離れた生活を送っていた浅田。ショー後、2ヶ月間は今後について考え、やりたいことに挑戦してみたが「全然心は満たされなくて、やりたいことが芽生えてこない状態に、どんどん不安になってしまったんです」と葛藤を告白した。

当時について「ずっと暗闇の中にいるような感覚でした。きっと世の中の同世代の人たちは、人生の中で何度もそういう岐路を迎えて、乗り越えてきていると思うんですが、私はスケートしかしてない人生だったから、立ち止まるのも初めてのこと」と振り返り、「自分は何を目指しているんだろう、何をしたいのかがわからなくなってしまったんです」と明かした。

浅田真央「私にはこれしかない、スケートしかない」と再びリンクへ

浅田真央(画像提供:扶桑社)
浅田真央(画像提供:扶桑社)
その後、「2カ月で気づいたんです。『私にはこれしかない、スケートしかないんだ』って」と再びリンクに戻ることを決意。“日本全国に感謝の滑りを届けること”をコンセプトにアイスショーを始めた浅田は「同じフィギュアスケートなのに、滑っているときの感情は全く違うんです」といい、「プロとしてのスケーティングは楽しさや面白さでいっぱい。どうしたらお客さんが喜んでくれるのか、どうやったら美しく見えるのかって、自分が好きなプログラムを好きに表現できるから」と紹介した。(modelpress編集部)

情報:扶桑社


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 浅田真央、現役引退後の葛藤を告白「暗闇の中にいるような感覚でした」
今読んだ記事

浅田真央、現役引退後の葛藤を告白「暗闇の中にいるような感覚…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事