稲垣吾郎、熱いキス・ラブシーン披露 剛力彩芽との激しいぶつかり合いも<No.9-不滅の旋律->

【稲垣吾郎/モデルプレス=11月10日】舞台『No.9-不滅の旋律-』の公開ゲネプロが10日、東京・TBS 赤坂ACTシアターにて行われ、主演の稲垣吾郎が熱いラブシーンを演じた。
奥貫薫、稲垣吾郎が熱いキスシーン (C)モデルプレス
奥貫薫、稲垣吾郎が熱いキスシーン (C)モデルプレス

稲垣吾郎、迫真の演技でベートーヴェンに

稲垣吾郎 (C)モデルプレス
稲垣吾郎 (C)モデルプレス
2015年の初演より3年ぶりの再演となる本作は、数々の名曲を生み出した恐るべき天才ベートーヴェンが聴覚を失ってから、最後の交響曲「第九番」を生み出すまで、作曲家として、人間として、どのような劇的な半生を送ったのかを綴る物語。

誰もが知る作曲家の、誰も知らない時間。閉ざされた聴覚の中に響き渡るのは、音楽か耳鳴りか。絶え間ない絶望の中で、己の信じた芸術とは一体何なのかを表現する。

稲垣吾郎&剛力彩芽、舞台初共演

剛力彩芽、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
剛力彩芽、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
主人公・ベートーヴェンを2015年の初演に続き稲垣が演じ、ベートーヴェンを支える架空の人物・マリア役には稲垣と初共演となる剛力彩芽。劇中では、2人が激しい感情のぶつかり合いを見せるシーンや、稲垣とヨゼフィーネ役の奥貫薫の熱いキスやラブシーンも描かれる。

奥貫薫、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
奥貫薫、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
剛力彩芽 (C)モデルプレス
剛力彩芽 (C)モデルプレス
波乱に満ちた苦悩の人生を迫真の演技で体現した稲垣。3年前から進化した新たな『No.9-不滅の旋律-』に、カーテンコールではゲネプロから「ブラボー!」と歓声があがり、大きな拍手が送られた。

舞台『No.9-不滅の旋律-』ベートーヴェンの音楽が彩る

稲垣吾郎、片桐仁 (C)モデルプレス
稲垣吾郎、片桐仁 (C)モデルプレス
稲垣ベートーヴェンの脇を固めるのは、剛力、奥貫のほか、片桐仁、村川絵梨、鈴木拡樹、岡田義徳ら。演出を白井晃、脚本を中島かずき(劇団☆新感線座付き作家)、音楽監督を三宅純が務める。

稲垣吾郎 (C)モデルプレス
稲垣吾郎 (C)モデルプレス
ベートーヴェンの頭の中に渦巻く音を、生演奏によるピアノソナタを中心としたベートーヴェンの名曲などで表現。さらに大団円の“第九”には、20名のコーラスによる生の合唱が加わるという贅沢な演出がなされた。

稲垣吾郎 (C)モデルプレス
稲垣吾郎 (C)モデルプレス

稲垣吾郎「NAKAMAのみなさんはもちろんのこと、全国の皆さんに」

上演前の囲み取材では「新しい地図としてスタートしてちょうど1年。思ったよりも順調にここまでこれてありがたいです。ファンの方もたくさんついてきてくれて、スタッフも多くの方に力を貸していただいている。感謝でいっぱいです」とこの1年を振り返った稲垣。「応援してくださっているNAKAMAのみなさんはもちろんのこと、全国の皆さんに見ていただきたいです」と呼びかけた。

舞台『No.9-不滅の旋律-』は11月11日~12月2日に東京・赤坂ACTシアター、12月7日~10日に大阪・オリックス劇場、12月22日~25日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場、2019年1月11日~14日に福岡・久留米シティプラザにて上演。(modelpress編集部)

稲垣吾郎、3年前との変化語る 草なぎ剛・香取慎吾へのリクエストも



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 稲垣吾郎、熱いキス・ラブシーン披露 剛力彩芽との激しいぶつかり合いも<No.9-不滅の旋律->
今読んだ記事

稲垣吾郎、熱いキス・ラブシーン披露 剛力彩芽との激しいぶつ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事