V6三宅健「いの一番に来る」リーダー坂本昌行の“メンバー愛”を明かす<二十日鼠と人間>

V6三宅健が3日、主演をつとめる舞台『二十日鼠と人間』のゲネプロ後、報道陣による取材に応じた。
三宅健(C)モデルプレス
三宅健(C)モデルプレス
今作をV6のメンバーも観に来るのか聞かれると、三宅は「そういうのは腐れ縁なので、来たり来なかったり…いちいち確認はしないです(笑)」と、長年の絆をみせた。

しかし、リーダーの坂本昌行は「絶対に観に来ます」と強調した三宅。「いの一番に来ます。だいたいいつも一番最初に。各メンバーの舞台を観ないときはないんじゃないかくらい観に来ていると思います」と坂本がメンバー全員の舞台を必ず鑑賞していることを明かし、驚かせた。

舞台『二十日鼠と人間』とは

章平、藤木孝、三宅健、山路和弘、花乃まりあ(C)モデルプレス
章平、藤木孝、三宅健、山路和弘、花乃まりあ(C)モデルプレス
今作は『怒りの葡萄』や『エデンの東』などで知られるアメリカのノーベル賞作家ジョン・スタインベックが1937年に発表した小説を原作とし、スタインベック自身が戯曲化した作品。1930年代の世界大恐慌下のアメリカを舞台に主人公のジョージに待ち受ける厳しい現実と相棒への想い、そしてその想いゆえの葛藤と苦悩をスタインベック自身の季節労働者としての体験をベースに社会への皮肉と機知に富んだ文章で描き出し、スタインベックが注目をされるきっかけとなった作品の一つとなっている。

三宅は相棒のことや境遇に苦悩し葛藤を抱える主人公・ジョージを演じる。演出の鈴木裕美とは10年ぶりにタッグを組む。三宅は「『二十日鼠と人間』の世界に参加してくださっている出演者のみなさんと一緒にどっぷりつかれたらいいなと思っています」と来場者にメッセージ。また「難しい役なので、鈴木さんと一緒に作っていきました。この二十日鼠と人間と戯曲をどういう解釈でやるのか、いろいろな稽古の中で考えました」と役作りについて明かした。

三宅健(C)モデルプレス
三宅健(C)モデルプレス
なお、取材には三宅のほか、花乃まりあ、章平、藤木孝、山路和弘も出席。舞台『二十日鼠と人間』は、10月3日~10月28日まで東京グローブ座にて、11月8日~11月11日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - V6三宅健「いの一番に来る」リーダー坂本昌行の“メンバー愛”を明かす<二十日鼠と人間>
今読んだ記事

V6三宅健「いの一番に来る」リーダー坂本昌行の“メンバー愛”を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事