秋元康、坂道ファンからの批判にコメント 吉本坂46の構想語る

AKB48グループ、坂道グループなど、トップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきた秋元康氏が、19日深夜放送の「吉本坂46が売れるまでの全記録」(テレビ東京、テレビ大阪※2局ネット/東京:毎週火曜深夜26:05~/大阪:毎週水曜深夜26:35~)に前回に引き続きゲスト出演。吉本坂46の構想について語った。
秋元康 (C)モデルプレス
秋元康 (C)モデルプレス
吉本坂46とは吉本興業と秋元氏がタッグを組み、乃木坂46欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾のアイドルユニット。ソニー・ミュージックよりメジャーデビューすることも決定。東京ドーム公演と紅白歌合戦出場を目標とする。13日に第4次の水着審査合格者が発表され、今後第5次オーディションとしてダンス審査が行われる予定である。

吉本坂46、水着審査合格者発表 第5次オーディションへ



秋元康、吉本坂46の構想に言及

MCを務める東野幸治吉本坂46の今後のメンバー選考について聞かれた秋元氏は、これまでのオーディションには一切意見を出していないそうで「50人まで絞ったら(自身が)最終面接をする」とコメント。またデビュー曲の構想について聞かれると「ダンス曲で難しいものを出して、それを池乃めだかさんとかみんなが躍るっていうのを見たい」と、難しめのダンスナンバーにするつもりであることを明かした。

さらに乃木坂46の紫、欅坂46の緑の上に重ねられた吉本坂46のオレンジ色のロゴについて、MCの東野幸治は「失礼極まりないデザイン」「ファンの方も怒っていらっしゃるんじゃないですか?」と坂道グループのファンの反応をうかがうと秋元氏は「怒ってますよね。そうなるだろうなと」と承知の上だったよう。「ファンの方が乃木坂とか欅坂に失礼だとおっしゃるんですけど」「別に比較してるわけでもない」と説明し、話題作りのために3グループをシャッフルすることはないと断定した。一方で、東野が同番組レギュラーの乃木坂46松村沙友理に「吉本坂のセンター来て!」と話をふると、秋元氏は「松村が(吉本坂のセンターは)あるかもしれないですよ」と笑いながら答えていた。

年内にはメンバー決定

吉本坂46発足を発表した会見時 (C)モデルプレス
吉本坂46発足を発表した会見時 (C)モデルプレス
またメンバー選抜オーディションで落選してしまったタレントから敗者復活戦が強く望まれてることに対し、「落選者の別チームができるかも」と、敗者復活戦の可能性について言及した秋元氏。メンバー最終決定の時期については「年内にはやらないと間に合わない、レコード大賞にしても紅白にしても」と、2018年中にはチームを結成するそうで、「本命は2019年だけど(2018年に)存在はアピールはしとかないと」と、吉本坂46でレコード大賞受賞と紅白出場を目指す展望を語った。(modelpress編集部)

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 秋元康、坂道ファンからの批判にコメント 吉本坂46の構想語る
今読んだ記事

秋元康、坂道ファンからの批判にコメント 吉本坂46の構想語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事