高畑充希、ジャニーズWEST小瀧望に“助けられた”キスシーン 彼氏感に注目<68歳の新入社員>

【高畑充希/モデルプレス=6月18日】女優の高畑充希と俳優の草刈正雄がW主演を務めるスペシャルドラマ『68歳の新入社員』が関西テレビ・フジテレビ系で18日よる9時より放送される。放送を前に高畑が見どころを語った。
(左から)草刈正雄、高畑充希(写真提供:関西テレビ)
(左から)草刈正雄、高畑充希(写真提供:関西テレビ)
高畑が演じるのは、老舗の和菓子会社・羊堂本舗のOL・工藤繭子(28)。繭子は新規ビジネス開発担当のリーダーなのだが、社内の期待が大きすぎて、そのプレッシャーにさいなまれていた。そこに追い打ちをかけるように、草刈が演じる、なんと40歳も年上の新入社員・仁井本和夫(68)が部下としてやってきた。

仁井本は定年退職後、仕事への意欲が再燃していたとあって、意気揚々と入社。しかし、繭子は、スマホを持たず、タブレットの使い方も知らない仁井本に唖然とし、怒りすら覚える中、しぶしぶ指導役を引き受ける。特にドラマの序盤では仁井本に厳しく当たる繭子の様子が目立つが、高畑は「そういえば、以前、ドラマで社長役をやっていたので、人に対して指示を出したりするシーンを思い出しました(笑)」と笑顔で振り返る。

いわゆるデキる女子である繭子は、社内の古株の先輩男性社員から、ねたみからか厳しい視線を浴びせられ、執拗な問い詰めにもあう。高畑は「パワハラというものがどこかちょっと遠い存在でしたが、結構、身近にごろごろと転がっているのかな?と感じました。女優の仕事では、先輩・後輩関係はありますが、上司・部下の関係はありません。上司に言われたら絶対だ、というのがないのです。ですが、会社組織では、上司に言われたら、絶対。例えば急な異動の話にも応じないといけません。絶対や理不尽もあって大変だな、と思いました」と思うところを語る。

高畑充希(写真提供:関西テレビ)
高畑充希(写真提供:関西テレビ)

高畑充希の仕事観

同作では、高畑演じる繭子や、草刈演じる仁井本の、仕事観や私生活が変化する様子も描かれる。OL役を演じた高畑は自身の仕事観について「仮に一生遊んで暮らせるお金をもらっても、逆にプライベートが楽しくなくなると思います。好きな仕事をしているからこそ、つらいことも達成感も、結局は楽しく感じられるのだと思います。負荷がかかった中で楽しみを見つけたり、プライベートで休憩したりというメリハリができるので、こうして仕事があるのはありがたいです」と話す。

今回のドラマで、40歳差の上司・部下という関係を共に演じた草刈には、大先輩とあって、当初は遠慮があったというが、次第に関係を楽しめるようになったという。「最初はさぐりさぐりでしたが、どんどんリラックスできるようになりました。草刈さんはすごく温かくて、チャーミングなんです。何でも話せてしまう空気感がありました。作品の序盤は、繭子が仁井本にイライラするところもありますが、後半は一緒に会話するのが楽しくて、どんどん距離が縮まって行くのをリアルに感じました。草刈さんって、マイナスイオンが出ている感じなんですよ!」と笑顔で振り返る。

ジャニーズWEST小瀧望の彼氏感に注目

また、小瀧望ジャニーズWEST)が演じる同棲中の恋人・小野諒(28)との関係もみどころ。諒は仕事熱心な繭子と逆に、カフェの経営や芸術活動を気ままにする癒し系彼氏。料理も得意で、夕食を作って繭子の帰宅を待つこともしばしば。小瀧は諒を演じるのにあたり「“リアル彼氏感”にこだわった」と話す。対する高畑は「小瀧さんは現場ではとても柔らかく接してくれました。繭子が『ハグして』とおねだりするシーンは、“リアル彼氏感”かもしれませんね。カフェのカウンター越しのキスシーンがあったのですが、結構遠くて(笑)。そこは小瀧さんの長身に助けられました」と明かした。

最後に、ドラマについて「派手なお話ではないのですが、セリフがかわいいです。普段話している中で、ちょっとお互いにニヤっとしてしまうようなセリフが。すごく優しさがあるから、何があっても『こういう大変な時もあるよね』『次も頑張れちゃうよね』と共感できると思います」と見どころをアピールした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高畑充希、ジャニーズWEST小瀧望に“助けられた”キスシーン 彼氏感に注目<68歳の新入社員>
今読んだ記事

高畑充希、ジャニーズWEST小瀧望に“助けられた”キスシーン 彼…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事