KinKi Kids堂本剛、中居正広・木村拓哉からのメール明かす「今でも一番はSMAP」

KinKi Kids堂本剛が、7日深夜放送のメインパーソナリティを務めるラジオ番組「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送)にて、SMAPへの思いを語った。 番組では、4月7日に中居正広が司会を務めた音楽番組『CDTV祝25周年SP』(TBS系)にKinKi Kidsがゲストした際のエピソードが話題に。

『CDTV』では、突発性難聴を患う剛がヘッドフォンをつけて出演しており、中居が「剛、耳大丈夫なの?」と心配する場面があった。その際剛は「たいして調子は戻ってないですけど」と正直に伝えたうえで、「中居くんよりは上手く歌いますよ」と答えて笑いを誘い、中居もパフォーマンスを見届けた後、「上手に歌えましたね」と投げかけるなど、長年の関係性がうかがえるやりとりで番組を盛り上げていた。

KinKi Kids、中居正広へ「SMAPでよかったでしょ?」中居の回答が話題


堂本剛、入院時に中居・木村からメール「SMAPは僕にとってお兄ちゃん」

中居からの「耳大丈夫なの?」という問いかけについて振り返った剛は、「僕の本音とか気持ちとかをいろいろ察してくださったんでしょうね。自分の言葉で本音に近いことを話したらいいんじゃない?って感覚で振ってくれたんだと思う。大丈夫じゃないんだったら『大丈夫じゃない』って言えばいいってことなんだと思う」と、中居の心遣いを汲み取っていたという。

昨年6月の入院時には「入院したときも、中居さんも、木村(拓哉)さんもメールをくださった」とも明かし、「SMAPのみなさんは僕にとってお兄ちゃんっていう存在。誰が特にとか、そういう思いのない人たち。いつまで経っても弟というのは変かもしれないですが、やっぱりお兄ちゃん」「お兄ちゃんには強がれる瞬間もあるけど、甘えちゃう瞬間もある」と現在も変わらないSMAPへの特別な思いがあったからこそ、『CDTV』で病状について素直に話すことができたという。

そして「中居さんには失礼かと思いつつ、中居さんの名前を出すからには爆笑を取らないといけないと思って『中居くんよりは上手く歌いますよ』と言いました。それで『お前言ってくれたな』みたいに返してくれて、笑いに変えてくださった。愛情を感じた時間でした」と、番組での中居とのやりとりをしみじみ振り返った。

堂本剛「SMAPはアイドルという世界の光」

デビュー前からバックダンサーを務めるなど、交流の深いSMAPについて「今でも一番緊張する先輩はSMAP」という剛。「SMAPというのはアイドルという世界での光でしたからね。その光の眩しさに目も心も、いろいろなものが眩むくらい。僕にとってはそういう存在。一人ひとりがそういう人」とSMAP、メンバーたちへの愛情と尊敬の思いを語った。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - KinKi Kids堂本剛、中居正広・木村拓哉からのメール明かす「今でも一番はSMAP」
今読んだ記事

KinKi Kids堂本剛、中居正広・木村拓哉からのメール明かす「今…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事