ジャニーズJr.“SixTONES”高地優吾、嵐・二宮和也と初共演 4年ぶりのドラマ出演<ブラックペアン>

【高地優吾/モデルプレス=4月24日】ジャニーズJr.内のユニット・SixTONES(ストーンズ)の高地優吾(※「高」は正式には「はしごだか」)が、二宮和也が主演を務めるTBS系ドラマ『ブラックペアン』(毎週日曜よる9時~)の第3話(5月6日放送)にゲスト出演することがわかった。
(左から)高地優吾、二宮和也(C)TBS
(左から)高地優吾、二宮和也(C)TBS
原作は海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)。手術成功率100%を誇る圧倒的な技術を持つが、その傲慢な性格と言動で周囲との間に常に軋轢を生んでおり、同僚から「オペ室の悪魔」と恐れられている渡海征司郎が主人公。そんな渡海が、大学病院という嫉妬や癒着がうごめく組織に対して、自身のプライドを守るため、自分なりの正義をもって真っ向から立ち向かっていく姿を描く医療エンターテインメントとなっている。

高地優吾の役どころ

第3話に登場する高地は、所属事務所の先輩である二宮とは初共演。高地が演じるのは、音大生の田村隼人。近くアメリカで開催されるピアノコンクールへの出場を控えているが、僧帽弁閉鎖不全症のため、早期に回復できるスナイプ手術を求め、東城大にやってくる。厚生労働省の次期事務次官候補とされる父によりVIP待遇の隼人は早々に手術の日程が決まり、高階(小泉孝太郎)が執刀医を務めることに。最新医療機器であるスナイプを使った手術を推進する自身のプライドを守るため、また、特別な患者であるため万全の準備をする高階だったが、隼人にはある重大な問題が隠されており…。

高地との共演について、二宮は「高地くんには、歌番組でちょっと付いてもらったことがあったかな。ドラマに出るのは4年ぶりだと言っていたけれど、お芝居がいいからゲストに起用されたんだと思います。僕が演じる渡海はあまり病室に行かないのですが、今回は隼人の病室に行くシーンがあります。それは珍しいかもしれないですね」と話した。

多彩なゲストが登場

ほか、3話には、日本を代表するソムリエである田崎真也、気象予報士の依田司がゲスト出演。今作が民放のドラマ初出演となる田崎が演じるのは、僧帽弁狭窄症を患って東城大に入院してきた楠木秀雄。単なる一人の患者として入院してきた楠木は、実は思いもよらぬ人物。これから物語が進むにつれて、重要なキーパーソンとなる役どころだ。今作がドラマ初挑戦となる依田司は、高地演じる隼人の父・浩司役として出演する。

田崎真也(C)TBS
田崎真也(C)TBS
第3話のみどころについて、二宮は「スリリングな展開ですよ(笑)。人間関係もそうですが、医療業界の利権の話も出てきます。また、同時に2つの手術と向き合っていくというのもみどころだと思います」とアピールした。(modelpress編集部)

依田司(C)TBS
依田司(C)TBS

田崎真也コメント

還暦を迎えた年に、思いもよらなかった緊張感を味わえました。

そして、出演者の皆さまはもちろんのこと、監督をはじめ現場スタッフの方々のプロフェッショナリズムに感動しました。そんなことを長い時間ベッドの上でパジャマの前を開けた状態で考えていました。

ありがとうございました。

高地優吾コメント

4年ぶりにドラマに出演させていただくこともあって、とても緊張しました。隼人の心臓病はどんな症状なのか、どんな感情でいこうか、事前に勉強して自分でいくつか用意して現場に行きました。二宮さんの演技は映画でもドラマでも今までたくさん見てきたのですが、実際に間近で見るとものすごく迫力があり、非常に勉強になりました。そして本当に贅沢な時間でした。

SixTONESの)ほかのメンバーたちもドラマや舞台の出演が決まっているので、お互い励ましあっています。個々の活動が大きくなっていったらグループとしても個人としても成長できると思うので、頑張っていきたいと思います。辛口でもいいので、ドラマを見ていろいろな評価をいただけたらうれしいです。是非ご覧ください。

依田司コメント

お天気キャスターとして考えうる仕事はほとんどやってきたのですが、未体験のドラマに一度出てみたいと思っていた矢先、このお話を頂きました。短いワンシーンの出演と思い快諾したのですが、台本を見て出番の多さに愕然としました。と同時に内容の面白さに自然とチャレンジしたいという気持ちも生まれました。厚生労働省の次期事務次官候補という役柄で、全国の病院関係に絶大な権力を持つことから威厳を保ちつつも、息子の命を救って欲しいという、難しい心境を演じなければならなかったのですが、監督はじめスタッフの皆様、出演者の皆様から丁寧に優しく指導頂いたお陰で最後までやりきることができました。

国内最高峰のドラマを世に送り出し続けている仲間の一員になれたことを誇りに、気象予報士としての仕事の幅を広げていければと思います。

次回は事務次官となって渡海先生と対決したいと思います!(笑)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ジャニーズJr.“SixTONES”高地優吾、嵐・二宮和也と初共演 4年ぶりのドラマ出演<ブラックペアン>
今読んだ記事

ジャニーズJr.“SixTONES”高地優吾、嵐・二宮和也と初共演 4年…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事