AKB48選抜総選挙、今年の開催地について発表 史上初の試み

21日、 TOKYO DOME CITY HALLにて「第3回AKB48グループドラフト会議」が開催され、「第10回選抜総選挙」の開催と開催地について発表された。
「第3回AKB48グループドラフト会議」 (C)モデルプレス
「第3回AKB48グループドラフト会議」 (C)モデルプレス
開催日、開催地とも現時点では未定。史上初めて開催地を公募する。

2017年の第9回は沖縄で開催予定だったが、雷雨のため屋外会場での実施が中止となり、公民館での無観客実施という異例の措置がとられ、ファンから批判が殺到していた。

しかし、総選挙の開催時期は梅雨。そして屋外の会場はすでに埋まっている、それでいて総選挙は数億円規模の経済効果が見込めるということから、今回の公募へ。

応募条件は「数万人収容できるスペースがあること」「交通のアクセスと宿泊施設が数万人規模の観客に対応できること」「屋根があること」の3つで、国内外問わない。

指原莉乃はイベント後の囲み取材で、このことについて聞かれると、「でも今募集あったみたいで、横山の実家でできるみたいな」と冗談を飛ばし、横山は「本当にふざけてます」とツッコミ。

もう出馬しないことを明言している指原は「応援するだけなのですごく楽しみです」「どこか熱心に盛り上げてくれるところに決まればいいなって思います」とコメントした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48選抜総選挙、今年の開催地について発表 史上初の試み
今読んだ記事

AKB48選抜総選挙、今年の開催地について発表 史上初の試み

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事