磯山さやか(いそやまさやか)

「磯山さやか」に関連するモデルプレス記事

  1. 磯山さやか「グラビアは結婚したらやめます」 伝説ポーズで歩み振り返る

    モデルプレス

  2. 磯山さやか、志村けんさんとの2ショットがない理由「私なりのルール」 悲痛な思いも吐露

    モデルプレス

  3. 磯山さやか、2年ぶりグラビア カレンダーで水着&ランジェリー姿披露

    モデルプレス

  4. 磯山さやか「科捜研の女」出演発表<本人コメント>

    モデルプレス

  5. 磯山さやか「わたし旦那をシェアしてた」出演決定<本人コメント>

    モデルプレス

  6. 元AKB48大和田南那、“第2の磯山さやか”と話題に 卒業後8キロ増

    モデルプレス

  7. <2019年・年女>土屋太鳳、川口春奈、川栄李奈、生駒里奈、ぺこ…“亥年美女”を一挙にチェック

    モデルプレス

  8. 磯山さやか“超過密グラビア”に挑戦

    モデルプレス

  9. 「アイドル妄想総選挙」結果発表 “ヤレるセンター”は?<1位~20位>

    モデルプレス

  10. 磯山さやか“巨乳あるある”を投稿 迫力バストに「羨ましい」の声も

    モデルプレス

  11. 磯山さやか、結婚詐欺事件の被害者役 「正義のセ」メインゲスト出演<本人コメント>

    モデルプレス

  12. 磯山さやか、伝説の歌手・美空ひばりらに続く挑戦

    モデルプレス

  13. 千鳥ノブ「クセが強いんじゃ、を出して媚びる」 有名人が業界裏話を続々暴露

    モデルプレス

  14. 磯山さやか、愛妻亡くした野村克也氏を心配

    モデルプレス

  15. 磯山さやか、結婚時期に言及

    モデルプレス

  16. ダレノガレ明美100億万点・くみっきー98点・藤田ニコル69点、顔の自己評価は?

    モデルプレス

  17. 磯山さやか、グラビア歴17年で“頻繁にやっていない”レアなこととは?

    モデルプレス

  18. 磯山さやか、豊満ボディを放出 グラビア歴17年のこだわりとは

    モデルプレス

  19. 磯山さやか、スタイルキープに意気込み「痩せるというより…」

    モデルプレス

  20. 磯山さやか、筧美和子と“付き合いたい女決定戦”直接対決で号泣 結果は?「金曜★ロンドンハーツ」

    モデルプレス

関連する雑誌

磯山さやかのプロフィール

磯山さやか(いそやまさやか)
生年月日:1983年10月23日
出身地:茨城県鉾田市
血液型:A型
公称サイズ(2012年時点)
身長:155cm
スリーサイズ:88 - 60 - 86 cm
ブラのサイズ:F
靴のサイズ:23.5 cm
デビュー:2000年10月22日

茨城県立鉾田第二高等学校卒業。ホリエージェンシー所属。

■来歴

高校2年のときにオーディション雑誌の募集案内を見て、部活を1日だけ休ませてもらい、東京見物を兼ねて軽い気持ちでホリプロスカウトキャラバンを受けたが、2次審査で落ちてしまう。帰ろうと思っていた矢先、審査員の一人であったホリエージェンシーの社員に『うちのオーディションを受けてみない?』とスカウトされ、2度目のオーディションで合格し、2001年に芸能界デビューする[1]。
2003年頃から12球団対抗の正月特番、キャンプ取材、中畑清との対談など、野球関連の仕事が増え始める。
2005年、高校の野球部マネージャーの経験を生かし、『SWALLOWS BASEBALL L!VE』(フジテレビ739)に女子マネージャーとしてレギュラー出演。2006年には、古田敦也選手兼任監督(当時)公認女子マネージャーに任命される。
2005年11月16日、『風のゆくえ/ちいさなせかい』でCDデビュー
2006年1月、テレビ東京『2ndハウス』でドラマ初主演。
2006年、いばらき大使に任命され、同年1月「漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会」のテレビCMでキャンペーンガールを務める。
2008年12月、地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命される。
2008年10月、『水戸黄門』第39部にレギュラー出演。11月24日放送の第7話では由美かおると入浴シーンを演じた。
2009年3月、コアリズムの『典型的日本人体型脱出プロジェクト磯山くびれ大作戦!』に挑戦する。2009年5月、挑戦開始57日目で目標の部分やせ合計マイナス30センチを達成した。挑戦開始時に「部分やせダイエットに成功したら、心も体もヌードになります。」と宣言し、7月10日発売の女性誌『FRaU』にて公約通り、セミヌードを披露した。ダイエットによって、胸が多少小さくなったと告白している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

磯山さやかを「ウィキペディア」で参照する