鈴木亜美、小室哲哉引退に「涙が止まりません」<コメント全文>

「週刊文春」にて看護師との不倫疑惑が報じられたことを受け、19日に都内で会見を行い、引退することを発表した音楽プロデューサーでglobeの小室哲哉について、歌手の鈴木亜美がコメントを寄せた。
鈴木亜美、小室哲哉 (C)モデルプレス
鈴木亜美、小室哲哉 (C)モデルプレス
小室のプロデュースでデビューした鈴木は、所属事務所を通してコメントを寄せ「引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません」と悲痛な思いを告白。「父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました」と振り返り「小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします」とコメントした。

今年でデビュー20周年の鈴木は「小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、この先も残っていくことには変わりはありません」と感謝。小室に向けて「どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください」を贈った。

小室哲哉、会見で引退表明

報道によると、小室は昨年12月中旬にある女性宅に宿泊、さらに今年1月上旬にも都内ホテルで密会。妻であるKEIKOが帰省中だった13日には自宅に女性を招き入れ一夜を共にしたという。小室は同誌の取材に応じ「誤解を招く甘い言動が多々ありました」と謝罪した上で男女の関係を否定。

小室哲哉 (C)モデルプレス
小室哲哉 (C)モデルプレス
19日の会見では「本日はお忙しい中、足を運んでいただき誠にありがとうございます。この度の報道により、妻であるKEIKO、家族、ファンのみなさま、その他スタッフのみなさま、色々な方々のご心配をおかけし、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と改めて謝罪し、「KEIKOだったり、家族、ファンのみなさん、お相手の方にお詫び、そのお話をすると同時に、僕なりのこの騒動のケジメとして、引退を決意しました」と引退を表明した。(modelpress編集部)

鈴木亜美コメント全文

小室さんの記者会見を拝見しました。

引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません。

父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました。

小室さんのことを理解しているスタッフさんや、小室さんが大好きなみんなは小室さんを信じ、これからも尊重していきます。

小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします。

小室プロデュースで私はデビューし今年で20年。

小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、この先も残っていくことには変わりはありません。

どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください。

鈴木亜美



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 鈴木亜美、小室哲哉引退に「涙が止まりません」<コメント全文>
今読んだ記事

鈴木亜美、小室哲哉引退に「涙が止まりません」<コメント全文>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事