北村匠海、同性カップル役に反響 “年下彼氏”が「あざと可愛すぎる」<隣の家族は青く見える>

参照回数:360,269

【北村匠海・隣の家族は青く見える/モデルプレス=1月19日】女優の深田恭子が主演を務めるフジテレビ系新ドラマ『隣の家族は青く見える』(毎週木曜よる10時~※初回15分拡大)の第1話が18日、放送された。本作では俳優で、5人組ダンスロックバンド・DISH//のボーカル/ギターとしても活動する北村匠海が同性愛のカップル役に挑戦。多くの視聴者の関心を集めた。<※一部ネタバレあり>
北村匠海、眞島秀和/「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ
北村匠海、眞島秀和/「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ

北村匠海が同性カップルに挑戦「隣の家族は青く見える」

同作は脚本家・中谷まゆみ氏によるオリジナルストーリー。それぞれに事情を抱えた4組の家庭が共有空間を共にする“コーポラティブハウス”が舞台となっており、1年間子供ができず妊活を始める夫婦を松山ケンイチ、深田が演じる。

深田恭子&松山ケンイチが夫婦に<第1話あらすじ>


北村は、眞島秀和演じる建築家・広瀬渉と、コーポラティブハウスで同棲することとなる恋人・青木朔を演じている。

北村匠海、眞島秀和とのキスシーンも

第1話では、渉と朔の出会いのシーンが描かれた。渉の行きつけのバーに、偶然居合わせた朔。酔いつぶれ、トイレで気を失ってしまう。

渉とマスターが介抱していると、最近別れた恋人の結婚式の帰りだと打ち明けた朔。なぜ元恋人の結婚式に行ったのかを尋ねられると、「どんな“女”か見てみたかったんだもん」と呟いた。朔は渉を「わたるん」と呼び、「今夜はとことん付き合ってくださいね」と甘えた。

朔は渉に送ってもらう帰り道、道路に寝転んでしまう。渉が起こそうとすると、朔は突然渉を壁に押し付け「わたるんも“こっち側”の人間だよね?」と呟き、キスをした。

“あざと可愛い”北村匠海の新境地に反響殺到

北村匠海(C)フジテレビ
北村匠海(C)フジテレビ
1年後、渉の新居に転がり込むこととなった朔は、ソファーで寄り添ったり、渉に膝枕を求めたりと、甘えん坊の年下彼氏ぶりをさく裂。

同性カップル役ということで新たな挑戦となった北村だが、ネット上の視聴者からは「やばい。キュン死にした」「キス!叫んだ!このカップルめちゃくちゃはまってる!」「眞島さんと北村くんのキス画になる」「匠海くんあざと可愛すぎるんですけど…!」「匠海くん、年下彼氏はまり役だわ」「朔の甘えキャラ半端じゃないです」「拓海くんかっこいいし可愛いし、いちいちきゃーきゃー言っちゃう」「きわどい役だけど違和感なく演じてるしすごい!」など、多くの反響が寄せられた。

北村匠海、さらなる飛躍へ

北村匠海(C)フジテレビ
北村匠海(C)フジテレビ
北村は、小学3年生のときのスカウトを機に芸能界入りし、2008年に俳優デビュー。2011年よりダンスロックバンド・DISH//のボーカル&ギターとしても活動している。2017年には映画「君の膵臓をたべたい」、「恋と嘘」、「勝手にふるえてろ」など多数の作品に出演。そして、今回の「日本アカデミー賞」で見事に新人俳優賞を受賞し、さらなる飛躍に期待がかかる。

北村匠海 (C)モデルプレス
北村匠海 (C)モデルプレス
北村は今回の役を演じるにあたり、実際にLGBTカップルの人に会って話を聞き、準備をしてきた。「(朔のキャラクターは)可愛いです。だからこそ、目一杯やっていきたいと思います」と語り、役者としてのイメージを打破していくのが2018年の目標だという北村は、「朔という役は、僕の中でもすごく大きなものになるんじゃないか、という予感がしています」と明かしていた。

北村匠海の躍進が止まらない!同性愛カップルで新境地


様々な事情を抱えたカップルの成長を描く

松山ケンイチ、深田恭子/「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ
松山ケンイチ、深田恭子/「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ
コーポラティブハウスには深田と松山、北村と眞島のカップルのほか、子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル、子供と理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫の家族が共住。それぞれの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマとなっている。(modelpress編集部)

「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ
「隣の家族は青く見える」第1話より(C)フジテレビ

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 北村匠海、同性カップル役に反響 “年下彼氏”が「あざと可愛すぎる」<隣の家族は青く見える>
今読んだ記事

北村匠海、同性カップル役に反響 “年下彼氏”が「あざと可愛すぎ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事