松山ケンイチ まつやまけんいち

「松山ケンイチ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「松山ケンイチ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「松山ケンイチ」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

松山ケンイチのプロフィール

松山 ケンイチ(まつやま けんいち)
1985年3月5日
俳優、モデル
愛称は、松ケン
青森県出身
ホリプロ所属
青森県立大湊高等学校 → 東京都立代々木高等学校卒業
特技は棒高跳(中学時代東北大会4位)と車いすバスケットボールである

略歴
2001年
HORIPRO×Boon×PARCOの共同企画・ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の応募者の中からグランプリを受賞し、PARCO 2001年「Looking for a new“NEW”」キャンペーンでモデルデビュー。
2002年
ドラマ『ごくせん(第1シリーズ)』で俳優デビュー。
2003年
『アカルイミライ』で映画初出演。
2004年
映画『ウイニング・パス』で初主演。
2005年
『男たちの大和/YAMATO』オーディションにおいて、角川春樹に見初められ年少兵メイン神尾克己役に抜擢される。その後『椿三十郎』など、新生角川春樹プロデュース映画に連続して起用される。
2006年
『デスノート』『デスノート the Last name』のL役を演じ、注目を浴びる。
2007年
日本テレビのドラマ『セクシーボイスアンドロボ』で連続ドラマに初主演。『神童』など映画6本に出演する。また、雑誌3誌で連載開始。
2008年
映画『デトロイト・メタル・シティ』の根岸崇一(= ヨハネ・クラウザー2世) 役を演じ、ヒットを飛ばした。
2009年
日本テレビの連続ドラマ『銭ゲバ』に主演。
発達障害を持つ津軽弁の農村青年を演じた映画『ウルトラミラクルラブストーリー』と、映画『カムイ外伝』の主演2作品が、ロンドン映画祭とトロント国際映画祭で上映される。
2010年
映画『誰かが私にキスをした』『ノルウェイの森』、TBS開局60周年記念ドラマ『99年の愛~JAPANESE AMERICANS~』出演。
『ノルウェイの森』でヴェネツィア国際映画祭参加。
11月25日、2012年のNHK大河ドラマ 『平清盛』に主演することが発表された。
2011年
4月1日、小雪との婚姻届を提出。
2012年
1月5日に小雪が男児を出産。
2013年
1月10日に小雪が第2子となる女児を出産。
2015年
3月23日、小雪が第3子の妊娠を発表。7月8日、第3子となる次男が誕生した。

人物
俳優として
姿勢・考え方
作品ごとの役柄によって演技・外見にいたるまで柔軟に転換させ、一貫して固定した役柄・イメージが存在しない。「カメレオン俳優」「憑依型俳優」と称される。
撮影現場では細部こだわったアイデアを監督に出し続けるなど、役作りに対してこだわりが人一倍強い。しかし同時に「俳優は監督の駒」と言い切る。
「映画は観る人にとって教科書的な存在である」と語る。
映画『デスノート』のLの登場シーンの「バーン」と銃を撃つマネをするシーンは、原作および脚本では1回だったものを人数分撃つようにしたのは松山の案。同様にひょっとこのお面をかぶる描写、コンソメ味のポテトチップスや和菓子を食べるのも彼のアイデアによる。
役作りなど
映画『NANA』に出演する際、ベースを一晩で一通り弾きこなせるよう練習した。
映画『GANTZ』の役作りのために7kg、映画『聖の青春』の役作りでは20kg増量した。
『セクシーボイスアンドロボ』出演に伴い、ロボットアニメを見直したりその主題歌を聞くなどして役作りを行った。『踊る!さんま御殿!!』では「『ガオガイガー』が大好き」と語っていた。
『親指さがし』に出演したことにより、親指を立てるのが癖になった。映画『蒼き狼』の撮影現場にて振り向くシーンを撮る際「松山、振り向くと親指が立ってるぞ」と反町隆史に言われ、何度か撮りなおしたもののなぜか親指が動いてしまい、撮影終了後に共演者からからかわれる。

対人関係
周りからの評価
映画『男たちの大和』への出演が決まった際に角川春樹から「薬師丸ひろ子や原田知世を発見したときより震えた」と言わしめた。
個性の強いキャラクターを演じることが多いという共通点で、日本のジョニー・デップと評されたことがある。また、松山自身、『スウィーニー・トッド』のジャパンプレミアに招待され、ジョニー・デップがファンにサインや握手をしているのを見て、カルチャーショックを受けたと語るなどといったエピソードもある。
体は硬いが、『ユメ十夜』のアクション監督をした小原剛によると、かなり動けて、バク宙やバク転をさくさくやってしまうという。『カムイ外伝』のアクション監督を務めた谷垣健治にも同様のことを言われている。谷垣曰く、「(松山は)小学生の頃に体操教室に通っていたことがあったらしい・・・なら早く言えよ!」とのこと。
映画監督・前田哲によれば、「普段、ぼそっとすごく面白いことをよく言う」。
他の人物について
尊敬する俳優はゲイリー・オールドマン と中村獅童 だが、『CUT』(2007年7月号)では「モデルとしている俳優はいない」と話す。なお、中村とは『男たちの大和/YAMATO』で共演しており、『めざましテレビ』で特集された際には対談相手として中村が登場した。
尊敬する武将は織田信長と宮本武蔵ではない。
映画『神童』の撮影をきっかけに、ピアニストの清塚信也と親交を深めた。

人物像
本名は漢字の「研一」だが、画数が悪いと言われて片仮名に変えて芸名にした。2010年12月に台湾を訪問した際には「健一」と誤った表記で歓迎され、少し戸惑ったという。
愛称は小学3年生の頃から「まつけん」で、松平健の楽曲「マツケンサンバ」が流行っていたときは「サンバ」と呼ばれたこともあった。公式サイトなどでの表記は「松ケン」。
演技では出ないが、普段は喋りになまりがある。一人称は下北弁(東北弁)で「わい」を用いるが、テレビ出演などで「僕」や「俺」も使う。
『男たちの大和』に出演したことがきっかけとなり、戦争と平和について深く考えるようになった。本人も『男たちの大和』を俳優としてターニングポイントになった作品として上げている。
2007年より雑誌などの連載で対談や自身の言葉で綴った文章を発表している。
趣味など
絵本を読むのが好きで、戦争をテーマにしたものを書きたいと思っている。
沖縄で手作りのハリガネアクセサリーに感動してから、ハリガネアクセサリー作りにはまったことがある。
文は縦書き、下駄を愛用、和食好き。
将棋を嗜む。
鼻を触る、親指を立てる(これについては 前述 「役作りなど」を参照)のが癖。
基本的に辛い物が苦手、好きなものはウナギ。
猫アレルギーである。

エピソード
上京時、デビュー直後のエピソード
芸能界デビューは親の薦めによるもので、本人は興味がなかったと話す。
実家のあるむつ市には映画館がなかったため(ただし、むつ市田名部には平成10年代まで「ほらく劇場」という映画館があった)、上京するまで映画館で映画を観たことがなかった。
上京理由は特になく、東京へ行けば何か変わると思ったから。
上京後は幾多のアルバイトを経験するもどれも長続きしたことはない。2日で辞めた仕事もある。
当時は1日でも休みがとれれば地元に帰るほど深い故郷愛であった。

その他のエピソード
大河ドラマ『平清盛』の出演を自ら希望したところ、主演に抜擢された。もともと候補には挙がっていたが、一般的にはNHK側から俳優にオファーが来るものなので、極めて異例の出来事だったという。本人によると、どのような役柄があるのか制作サイドに問い合わせたところ、思いもよらず主演に抜擢され驚いたという。決定後は『新・平家物語』における仲代達矢の演技をDVDで観たり、同じ事務所の先輩で『天地人』の主演であった妻夫木聡から話を聴くなどして、役作りに励んでいるという。なお、仲代とはBSプレミアムの番組内で対談が実現し、仲代から激励を受ける形になった。ちなみに、どちらも大河初出演で清盛を演じていること、節目の年の大河ドラマへの出演となったことから、そのことも話題となった。ストーリー中盤の清盛出家のシーンに際しては、仲代同様実際に剃髪している。
映画『デトロイト・メタル・シティ』の撮影時には、あまりのプレッシャーで禁煙していたタバコを復活させた。
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)以降、休日を利用し福島県にてがれき撤去をしている。

テレビドラマ
ごくせん(2002年4月 - 7月、日本テレビ) - 毛利研一 役
ごくせん スペシャル さよなら3年D組~ヤンクミ涙の卒業式 (2003年3月26日、日本テレビ)
キッズ・ウォー5(2003年、CBC) - 黒田祐太 役
ビー・バップ・ハイスクール(2004年、TBS) - 川端純 役
ビー・バップ・ハイスクール2(2005年、TBS)
リターンマッチ ~敗者復活戦~(2004年12月5日、フジテレビ) - 内海昇 役
ディビジョン1 ステージ15『お台場冒険王SP 彼氏宣誓!!』(2005年7月・8月、フジテレビ) - 安田重人 役
1リットルの涙(2005年10月 - 12月、フジテレビ) - 河本祐二 役
翼の折れた天使たち 第二夜「ライブチャット」(2006年、フジテレビ) - タロー / 慎吾 役
マチベン 第1話(2006年4月8日、NHK総合) - 進藤和彦 役
その5分前 「或る夜の出来事」(2006年12月26日、NHK総合) - 主演・タカシ 役
セクシーボイスアンドロボ(2007年4月 - 6月、日本テレビ) - 主演・須藤威一郎(ロボ) 役
銭ゲバ(2009年1月 - 3月、日本テレビ) - 主演・蒲郡風太郎 役
TBS開局60周年記念ドラマ 99年の愛~JAPANESE AMERICANS~(2010年11月3日 - 7日、TBS) - 平松次郎(当時編) 役
大河ドラマ 平清盛(2012年1月8日 - 12月23日、NHK) - 主演・平清盛 役
テレビ朝日開局55周年記念番組 二夜連続ドラマスペシャル オリンピックの身代金(2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 島崎国男 役
テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束~星になったこどもたち~(2014年8月25日、TBS) - 主演・戸田英一 役
NHK放送90年ドラマ第1弾 紅白が生まれた日(2015年3月21日、NHK) - 主演・新藤 達也 役
連続ドラマW ふたがしら(2015年6月 - 7月、WOWOW) - 主演・弁蔵 役
ど根性ガエル(2015年7月 - 9月、日本テレビ) - 主演・ひろし 役
連続ドラマ ふたがしら2(2016年9月 - 10月、WOWOW) - 主演・弁蔵 役 

映画
アカルイミライ(2003年) - ジュン 役
完全なる飼育 秘密の地下室(2003年) - ヒトシ 役
偶然にも最悪な少年(2003年) - イジメっ子 役
かまち(2004年)
ウイニング・パス(2004年) - 主演・小林健太 役
渋谷怪談2(2004年) - 篠原庸介 役
茶の味(2004年) - 不良学生(マツケン) 役
リンダ リンダ リンダ(2005年) - 槙原裕作(マッキー) 役
NANA(2005年) - 岡崎真一(シン) 役
不良少年(ヤンキー)の夢(2005年) - 主演・義家弘介 役
カスタムメイド10.30(2005年) - タモツ 役
男たちの大和/YAMATO(2005年) - 神尾克己 役
デスノート(2006年) - L / 竜崎 役
デスノート the Last name(2006年)
L change the WorLd(2008年) - 主演
デスノート Light up the NEW world(2016年)
親指さがし(2006年) - 五十嵐智彦 役
ユメ十夜 第十夜(2007年) - 庄太郎 役
蒼き狼 ~地果て海尽きるまで~(2007年) - ジュチ 役
神童(2007年) - 菊名和音(ワオ) 役
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ(2007年) - 主演・植村一也 役
サウスバウンド(2007年) - 新垣巡査 役
椿三十郎(2007年) - 井坂伊織 役
人のセックスを笑うな(2008年) - 主演・磯貝みるめ 役
デトロイト・メタル・シティ(2008年) - 主演・根岸崇一( = ヨハネ・クラウザー2世) 役
ウルトラミラクルラブストーリー(2009年) - 主演・水木陽人 役
カムイ外伝(2009年) - 主演・カムイ 役
カイジ 人生逆転ゲーム(2009年) - 佐原誠 役
笑う警官(2009年) - 謎の男 役
誰かが私にキスをした(2010年) - 主演・ユウジ 役 (堀北真希とのダブル主演)
ノルウェイの森(2010年) - 主演・ワタナベ 役
GANTZ / GANTZ PERFECT ANSWER(2011年) - 主演・加藤勝 役 (二宮和也とのダブル主演)
マイ・バック・ページ(2011年) - 主演・梅山 役(妻夫木聡とのダブル主演)
うさぎドロップ(2011年) - 主演・河地大吉 役
僕達急行 A列車で行こう(2012年) - 主演・小町圭 役(瑛太とダブル主演)
清須会議(2013年) - 堀秀政 役
家路(2014年3月1日) - 主演・沢田次郎 役
春を背負って(2014年6月14日) - 主演・長嶺亨 役
ゲキ×シネ蒼の乱(2015年5月9日) - 将門小次郎 役
天の茶助(2015年6月27日) - 主演・早乙女茶助 役
日本のいちばん長い日(2015年8月8日) - 陸軍横浜警備隊長・佐々木武雄 役
の・ようなもの のようなもの(2016年1月16日) - 主演・出船亭志ん田(しんでん) 役
珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-(2016年2月27日) - 主演・山田太郎 役
怒り(2016年9月17日) - 田代哲也 役
聖の青春(2016年11月19日公開予定) - 主演・村山聖 役

舞台
遠い夏のゴッホ(2013年、作:西田シャトナー・演出:西田シャトナー) - ユウダチゼミのゴッホ 役
蒼の乱(2014年、作:中島かずき・演出:いのうえひでのり) - 将門小次郎 役

アニメ
DEATH NOTE 第12話(2006年12月26日、日本テレビ)ジェラス 役※カメオ出演
DEATH NOTE ディレクターズカット完全決着版 ~リライト・幻視する神~(2007年8月31日、日本テレビ)ジェラス 役※カメオ出演
デトロイト・メタル・シティ(2008年)外園誠 役※カメオ出演
BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-(2014年) - タッタ 役

CM
KDDI(au・沖縄セルラー電話)「ガク割・家族割」(2004年)
江崎グリコ「ポッキー赤箱」(2004年)
NTTドコモ「FOMA レンアイビト『お祝い』編」(2005年)
キリンビール「キリン 良質素材」(2007年)
ユニクロ「ワールドキャンペーンイメージキャラクター」「Wide Leg Jeans」(2007年)・「COLLECTION東京2009 ネオレザー・ボトムス」(2009年)
ロッテ「キシリトールガム<プライムミント>」(2007年)・「キシリトールガム」(2008年)映画『デスノート』のL役とコラボレーションもあり。映画『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザー役とのコラボレーションもあり。「のど飴ZERO」「シャルロッテ」(2008年)
角川書店 角川文庫「創業60周年」・「発見。角川文庫 夏の100冊」(2008年 - )・「発見。角川ミステリー文庫(広告)」(2008年 - )・「発見。愛の一冊(広告)」(2009年)「発見。角川文庫 夏の100冊(広告)」(2009年)「発見。角川文庫のミステリ(広告)」(2009年)
NTTドコモ「ドコモのあなたに、Answerを。」(2008年)
PARCO「夏のグランドバザー2008」(2008年)映画『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザー役とのコラボレーション。
NTTドコモ新4つのシリーズ「アンサーハウス登場」篇・「4つの部屋」篇・「PRIME実感」篇・「PRIME登場」編・「i-コンシェル」(鉄道)編・「i-コンシェル」(道路)編(2008年)
NTTドコモ新4つのシリーズ「スポーツ始める」編(2009年)
サントリーフーズ PEPSI NEX(2009年)
サントリーフーズ 「BOSS シンプルスタイル」(2010年 - 2011年)
スカパー!「披露宴」篇・「引越当日」篇・「兄夫婦の家」篇(2010年 - 2011年)
江崎グリコ「日本縦断グリコワゴン」(2010年 - 2011年)
ブラウン 「ブラウン・シリーズ3」(2011年9月 - )
森永製菓 ウイダーinゼリー(2012年)
サッポロビール「エビスビール」(2012年2月 - )
日産自動車「リーフ」(2012年2月 - )
LIXIL「暮らしを育てる/新しい暮らし」篇・「暮らしを育てる/ホームパーティー」篇 (いずれも、2012年8月3日 - 8月30日の期間限定の放映)
ダイドードリンコ「フッテマルデイレターテ」篇・「泡立つプレミアム挑戦」篇・「世界一のバリスタ挑戦」篇(2014年8月 - )
東北電力「より、そう、ちから。」篇(2015年10月 - )

書籍
敗者(2013年2月28日、新潮社)

写真集
松山ケンイチ 1st Photo Book 起(2007年5月22日、編者:「1週間」編集部、講談社)
L FILE No.15(2008年1月25日、集英社)

雑誌連載
ピクトアップ「松ケントーク」(松山自身が話してみたい各界の著名人と対談を行う)
BARFOUT! エッセー連載
プラスアクト「愛と平和と憎しみと戦争と…」(写真と文で綴る、妄想物語)

受賞歴
第31回(2006年度) 報知映画賞・新人賞(『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』)
第30回(2006年度)日本アカデミー賞・新人俳優賞 (『男たちの大和/YAMATO』)
第28回(2007年度)ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞(『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』『親指さがし』)
第30回(2007年度)日本アカデミー賞・優秀助演男優賞(『デスノート前編』)
2007年エランドール賞・新人賞(『デスノート』『親指さがし』)
第2回(2007年度)アジア太平洋・プロデューサーズ・ネットワーク(APN)選出APNアワード賞(『デスノート』シリーズ)
第18回(2008年度)日本映画プロフェッショナル大賞・特別賞(『デトロイト・メタル・シティ』)
第32回(2008年度) 日本アカデミー賞・話題賞および優秀主演男優賞(『デトロイト・メタル・シティ』)
第64回(2009年度)毎日映画コンクール・男優主演賞(『ウルトラミラクルラブストーリー』)
第24回(2009年度)高崎映画祭・最優秀主演男優賞(『ウルトラミラクルラブストーリー』)
第24回(2011年度)日刊スポーツ映画大賞・主演男優賞(『マイ・バック・ページ』『GANTZ』『うさぎドロップ』『ノルウェイの森』)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
松山ケンイチを「ウィキペディア」で参照する