人工知能が“究極に美しい顔”を決定 「次世代AI美女」岡田莉世&廣岡実夢とは?

参照回数:80,090

【岡田莉世・廣岡実夢/モデルプレス=12月21日】人工知能による美女コンテストで発掘されたモデルの岡田莉世(おかだ・りせ/14)と廣岡実夢(ひろおか・みゆ/13)が、21日発売のビューティー誌「VOCE(ヴォーチェ)」2月号に初登場した。
岡田莉世、廣岡実夢(C)天日恵美子
岡田莉世、廣岡実夢(C)天日恵美子

人工知能が選んだ“次世代AI美女”

内田理央や川島海荷、古畑星夏、久間田琳加、南沙良などが所属する芸能プロダクション・レプロエンタテインメントが実施した、顔立ちのキレイな女の子を獲得することを目的とした究極の“見た目勝負”オーディション「Miss.AI ―人工知能が選ぶ、美少女オーディション―」。約5000人の女性の顔を登録したAIによって、応募総数2000人の中から“顔の美しさ”を焦点に選ばれたのが岡田と廣岡だ。

“イマドキの大和撫子”岡田莉世

岡田莉世(C)天日恵美子
岡田莉世(C)天日恵美子
岡田は、2003年に徳島県で生まれ、ピアノ、トロンボーン、バトンを特技とする14歳。挑戦してみたい仕事はファッションモデルという、生まれながらに“おしゃれ”が大好きな女の子。

“オンリーワンの存在感”廣岡実夢

廣岡実夢(C)天日恵美子
廣岡実夢(C)天日恵美子
廣岡は、2004年に奈良県で生まれ、ダンスを特技とする13歳。「ハイスクール・ミュージカル」を観たことをきっかけに、芝居も歌もモデルも、ジャンルを問わず挑戦したいと意気込む。

スタッフも絶賛 “唯一無二”の魅力放つ

「VOCE」の撮影では、初めてのヘアメイクに「自分が自分じゃないみたいです!」と驚きを隠せない様子の岡田。廣岡も「口から心臓が飛び出るくらい緊張しました!」と初々しさを垣間見せた。編集スタッフからも「2人ともそれぞれに人間味がある」「ただキレイなだけじゃなくて、その中に“唯一無二”なムードが宿っている」と期待が寄せられた。

誌面では、さらに“次世代AI美女”2人の魅力に迫っている。(modelpress編集部)

「VOCE」2月号(2017年12月21日発売)表紙:深田恭子(C)VOCE/講談社
「VOCE」2月号(2017年12月21日発売)表紙:深田恭子(C)VOCE/講談社
情報:講談社

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 人工知能が“究極に美しい顔”を決定 「次世代AI美女」岡田莉世&廣岡実夢とは?
今読んだ記事

人工知能が“究極に美しい顔”を決定 「次世代AI美女」岡田莉世&…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事