イケメン高校生たちの髪セットにかける時間がスゴい 髪型崩されるのは「一番イヤ」<男子高生ミスターコンTV>

日本一のイケメン高校生を決める「男子高生ミスターコン2017」のファイナリストが出演する番組「男子高生ミスターコンTV2017」(AbemaTV、毎週日曜よる8時~)第9回が放送。イケメン高校生のヘアセット事情が明らかとなった。
平賀勇成(C)モデルプレス
平賀勇成(C)モデルプレス
番組は今回、裏グランプリ決定戦と題し、さまざまなジャンルでの1位を決める企画を実施。

平賀勇成、髪型へのこだわりがスゴい

平賀勇成(C)モデルプレス
平賀勇成(C)モデルプレス
「髪セットに一番時間をかける」という項目でグランプリになったのは、ファイナリスト全員一致で北海道・東北エリアグランプリの平賀勇成だった。

髪セットについて「自分が満足行くまでやる」という平賀に対し、ほかのファイナリストは「勇成くんの場合、時間は無限。決まってもずっといじってます」と暴露。さらに「『俺の髪セットに終わりはない』って言ってました」と髪型への相当なこだわりがあることも明かされた。

平賀勇成(C)モデルプレス
平賀勇成(C)モデルプレス
平賀は、髪セットにだいたい2時間はかけるため、朝は5時に起きてセット。束感を出すために、アイロンなどを駆使して作り上げる。セットしないで学校にいくことはほとんどないという。

今回の番組出演に当たってのヘアセットも2時間ぐらいかかったというが「今日はいっぱい盛っちゃったのでいまいち…」とあまり満足はしていないようだった。

田中力樹(C)モデルプレス
田中力樹(C)モデルプレス
さらにスタッフによると、関東エリア・準グランプリの田中力樹もこだわりの持ち主で、「セットしたら崩したくない」と話し、番組ではダンスなどのレッスン中もヘアを気にしていると明かされていた。

男子高生たちの髪型へのこだわり

2人限らず、男子高生たちは髪型へのこだわりは相当なもの。番組内で行われた対抗戦の罰ゲームが「髪型崩し」と発表されると、男子高生たちは「今までやった罰ゲームで一番イヤ」「恥ずかしい」とかなりの拒否感を示すほど。

罰ゲーム「髪型崩し」を受ける前のファイナリスト・河野紳之介(C)AbemaTV
罰ゲーム「髪型崩し」を受ける前のファイナリスト・河野紳之介(C)AbemaTV
お笑いタレント・ラフレクランのきょんが髪型を崩し…(C)AbemaTV
お笑いタレント・ラフレクランのきょんが髪型を崩し…(C)AbemaTV
河野紳之介、世紀末のような髪型に!(C)AbemaTV
河野紳之介、世紀末のような髪型に!(C)AbemaTV
最近では、趣味や特技に「髪セット」を挙げる男子高生も多く、今回のグランプリの副賞のひとつに、人気サロンの専属モデルになれるということもあるなど、男子高生たち“髪型”へのこだわりは、計り知れない。

「男子高生ミスターコン2017」はいよいよ最終決戦

そして「男子高生ミスターコン2017」はいよいよ最終決戦へ。12月24日に最終審査イベントが行われ、“日本一のイケメン高校生”が決定する。その様子はAbemaTVの「男子高生ミスターコン2017 ファイナルイベント生中継SP」(14:00~)で生中継。

そして「男子高生ミスターコンTV2017」も次回が最終回。12月24日(日)午後8時から配信される。

「男子高生ミスターコン」とは

男子高生ミスターコン2017ファイナリスト(C)モデルプレス
男子高生ミスターコン2017ファイナリスト(C)モデルプレス
男子高生ミスターコンは「みんなで選ぶ、日本一かっこいい男子高生」をコンセプトに掲げ、今年で3回目を迎える、全国規模の男子高校生限定のコンテスト。高校生に広く使われているSNSやアプリを使用した投票審査が組み込まれているため、グランプリ決定までの過程を全員参加型で楽しめるのが特徴。昨年の総投票数は36万票を記録している。

「男子高生ミスターコン2017」ファイナリスト
「男子高生ミスターコン2017」ファイナリスト
2017年は、8月13日にエントリーを締め切り、一次・二次審査を順次実施。その後、昨年同様全国を6エリア(北海道・東北/関東/中部/関西/中国・四国/九州・沖縄)に分け、「投票サイト powered by modelpress」にてSNS審査を敢行。10人が全国ファイナリストとして選び出され、合宿や週末レッスンなどに臨む。その模様はAbemaTV「男子高生ミスターコンTV2017」にて放送。

そして12月24日(予定)に東京で行われるファイナル審査で、“日本一のイケメン高校生”が決定。

「男子高生ミスターコン2017」ファイナリスト(上段左から)平賀勇成、野田悠斗、田中力樹、河野紳之介、大宮黎亜(中段左から)高橋文哉、黒田昊夢、小西詠斗(下段左から)アビラ・ジャン・レイモンド、鈴村梨公 (C)モデルプレス
「男子高生ミスターコン2017」ファイナリスト(上段左から)平賀勇成、野田悠斗、田中力樹、河野紳之介、大宮黎亜(中段左から)高橋文哉、黒田昊夢、小西詠斗(下段左から)アビラ・ジャン・レイモンド、鈴村梨公 (C)モデルプレス
今回、グランプリ受賞者は副賞として、大手芸能事務所に所属できるほか、賞金の贈呈、人気美容室「OCEAN TOKYO」の専属モデルである”OCEANS STAR”に選出される。

「男子高生ミスターコン2016」グランプリ・本田響矢、準グランプリ・那須泰斗 (C)モデルプレス
「男子高生ミスターコン2016」グランプリ・本田響矢、準グランプリ・那須泰斗 (C)モデルプレス
なお昨年の「男子高生ミスターコン」は、雑誌「Poteen」などで活躍中の本田響矢がグランプリ、那須泰斗が準グランプリに輝いた。(modelpress編集部)

※「男子高生ミスターコン2017」に関する問い合わせは下記メールアドレスまで
contact@dkmrcon.jp

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - イケメン高校生たちの髪セットにかける時間がスゴい 髪型崩されるのは「一番イヤ」<男子高生ミスターコンTV>
今読んだ記事

イケメン高校生たちの髪セットにかける時間がスゴい 髪型崩さ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事