広瀬すず、朝ドラ100作目ヒロインに抜てき 2019年度前期放送「夏空-なつぞら-」

参照回数:391,184

【朝ドラ・広瀬すず/モデルプレス=11月20日】女優の広瀬すずが、2019年度前期連続テレビ小説のヒロインに抜てきされ、20日東京・渋谷NHKにて行われた会見に出席した。会見では、タイトルが「夏空-なつぞら-」に決定したこと、脚本家を大森寿美男氏が務めることも合わせて発表された。
広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
同作は、現在放送中の「わろてんか」、2018年度前期「半分、青い。」、2018年度後期「まんぷく」に続く、記念すべき100作目の朝ドラ。大森氏によるオリジナル作品で、広瀬は初の朝ドラ出演。クランクインは2018年夏を予定している。

広瀬すずがヒロイン「夏空」

広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
戦後、広大な北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・奥原なつの夢と冒険、愛と感動のドラマを描く「夏空」。戦争で両親を失い、傷ついたなつを癒やし、たくましく育てた北海道・十勝の大地と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たち。成長したなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性をいかして、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする。

広瀬すず(C)モデルプレス
広瀬すず(C)モデルプレス
十勝は年間を通じて雨雪が少なく、「十勝晴れ」と呼ばれる晴天が豊潤な大地に実りをもたらす。「夏空」は、そんな十勝の突き抜けた青空のような、すがすがしいなつの生きざまを描いたドラマとなる。

朝ドラヒロインの“原点”描く

広瀬すず(中央)/(C)モデルプレス
広瀬すず(中央)/(C)モデルプレス
同局の制作統括・磯智明氏は「東京オリンピックを控えて、何をやろうかと脚本家の大森さんと議論を重ねてきまして、夢や希望に向かって突き進む、困難にも負けないという連続テレビ小説の“原点”にたつようなヒロイン像を描いていきたいと思った」と作品決定の背景を説明。

朝ドラヒロイン起用理由は?NHKが寄せる期待


「夏空」を早期に発表した理由 来年朝ドラ「まんぷく」ヒロイン発表はまだ


100作目のヒロインという大役に、広瀬は「色んな方に『プレッシャーをかけてるわけじゃないけど、100作目だからね』って言われて…ちゃんとプレッシャーを感じております。その手を握って裏切らないように、新しい風を吹かせられるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

広瀬すず、朝ドラヒロインはオファーで決定「聞いたのは昨日」


放送は2019年4月~9月(全156回)を予定。(modelpress編集部)

「夏空」あらすじ

2019年度前期放送「夏空-なつぞら-」の記事をもっと読む


1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)はひとり、養父の柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。養女として、なつを引き取った酪農家族・柴田家は北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は、なつのことを働き手にもならない、厄介者と言いながらも内心、不憫ふびんに思っていた。しかし子どもながらに、ここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。こうした頑張りに心を動かされた泰樹は、孤児だからといって甘やかしたりせず、生きる術すべをとことんたたき込んでいく。なつもまた、天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。

小学校に通い始めたなつは、すてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカでブームになっていた漫画映画(アニメ映画)の魅力を教えられ、なつは“絵が動く”こんな夢のような世界があるのかと感動する。

やがて高校生になり、天陽が東京の美術大学に進みたいという夢を語ると、なつも自分の将来について考えるようになる。なつもまた天陽の影響で、絵を描く仕事につきたいと思うようになっていた。だが養父の剛男はなつが、一人息子と結婚して、牧場を継ぐことを望んでいた。

そんな折、生き別れていた兄が、東京で元気に働いていると知らされる。なつに旅立ちの日が近づいていた…。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 広瀬すず、朝ドラ100作目ヒロインに抜てき 2019年度前期放送「夏空-なつぞら-」
今読んだ記事

広瀬すず、朝ドラ100作目ヒロインに抜てき 2019年度前期放送「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事