“一言も喋らず”山田孝之、謎の生放送番組が話題席巻「とても1人では抱えきれない内容」「70分間カオス」

参照回数:501,614

【山田孝之/モデルプレス=10月7日】俳優の山田孝之が6日深夜、テレビ東京系で放送された生放送番組「緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ」に出演。山田は放送中の70分間、一言も喋らずに番組は終了。混沌とした内容が話題となり、SNS上では「#山田孝之元気」がトレンド1位になった。
山田孝之(C)モデルプレス
山田孝之(C)モデルプレス

山田孝之が生放送

同番組はもともと、『山田孝之の演技入門』という番組名で、役者である山田が役作りの基本から、俳優のあり方まで説く番組を放送予定だったが、急遽事前に内容が変更され、番組タイトルや内容がまるごと変わるという異例の事態となっていた。

変更後の番組内容は、いとうせいこうの取材により、山田の周辺で科学的に説明できない不思議な現象が次々と起きていることが明らかになったため、不思議な現象を山田自ら生放送で解明し、壮大な実験を行うと予告されていた。いとうが司会を務め、ゲストには小池栄子、松岡茉優らが登場。

視聴者、困惑

番組では、山田が教祖のようなスタイルで椅子に鎮座し、山田のパワーで日本中に元気を送るということを皮切りに、松岡らのトークや、山田が送るパワーによって起こった現象についての視聴者のコメントの紹介、エンディングでは複数のダンサーやバンドとともに山田がパワーを送るような仕草をしつつ独特な世界観のパフォーマンスをした。

視聴者は「とにかくカオス」「シュールの極み」「とても1人では抱えきれない内容」「考えたらだめ、感じる番組」「山田孝之が教祖すぎる」「山田さんは一体どんなパワーを持ってるというの...」「うちのハムスターが突然回し車を回し続けていて止まらないです」などと不思議な内容が話題を呼び、山田が1時間経過しても一言も発することがなかったため、「え、まさか一言も話さずに終了するパターン?(笑)」「山田孝之、やばい」「なにもしゃべんないとか前代未聞w」などと驚きの声も寄せられていた。

結果、山田は本当に何も話さないまま終了したため「山田孝之が一言も話さないでトレンド1位にした伝説」「山田孝之さんはやっぱりすごい...」と、山田の圧倒的世界観に感心する声もあがっていた。

番組終了後には「余韻がすごい」「眠れなくなった」「最後までよくわからなかったけどよく分からないままでいいのだと思う」「オチを期待したけど各々自由に捉えなさいパターンの映画のよう」「謎の力を得た。謎だけど」「年末に放送してほしい番組」「迂闊にも最後まで見てしまった」「あーや~ま~だ~」「一体何だったんだろう...」「説明不可能」「山田様ありがとうございました」と、視聴者を困惑させていた。

さらに「そもそも山田さんの俳優講座をやるはずだったけど、ヨシヒコとかで貢献してるこそテレビ局に信頼もあって、役者としての地位もあるからこそ実現できた謎番組。遠回しだけど俳優として成功するとこういうことができるんだぞってある種体現して俳優としてのあり方を教えてくれた強いメッセージ性がありました」という分析も。

また、JINTAKAとして山田とユニットを組んでいた歌手の赤西仁は「元相方の生放送でも見ながら寝るか」と放送開始時につぶやいたきり、Twitterを更新することはなかった。(modelpress編集部)

山田孝之(C)モデルプレス
山田孝之(C)モデルプレス



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “一言も喋らず”山田孝之、謎の生放送番組が話題席巻「とても1人では抱えきれない内容」「70分間カオス」
今読んだ記事

“一言も喋らず”山田孝之、謎の生放送番組が話題席巻「とても1人…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事