秋元康プロデュース・新アイドルグループ候補7人お披露目<プロフィール>

参照回数:375,254

【ラストアイドル/モデルプレス=8月6日】テレビ朝日系新オーディション番組『ラストアイドル』(8月12日スタート/毎週土曜深夜0時5分※初回のみ深夜0時35分)の記者会見が6日同局にて行われ、初回収録にのぞむ7人のアイドル候補者がお披露目された。
「ラストアイドル」候補の7人/相澤瑠香、長月翠 、小澤愛実、間島和奏、吉崎綾、安田愛里、山田まひろ(C)モデルプレス
「ラストアイドル」候補の7人/相澤瑠香、長月翠 、小澤愛実、間島和奏、吉崎綾、安田愛里、山田まひろ(C)モデルプレス

目次

  1. 1. 候補者7人がお披露目
  2. 2. 間島和奏(まじまわかな/17)
  3. 3. 吉崎綾(よしざきあや/21)
  4. 4. 小澤愛実(おざわあいみ/14)
  5. 5. 安田愛里(やすだあいり/18)
  6. 6. 長月翠(ながつきみどり/17)
  7. 7. 山田まひろ(やまだまひろ/18)
  8. 8. 相澤瑠香(あいざわるか/18)
  9. 9. 審査員1人が判断 秋元氏が期待のメッセージ
  10. 10. ラストアイドル
AKB48グループ、坂道グループなど、トップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきた秋元康氏が、新たな大型アイドルグループをプロデュースすべく、スタートさせる同番組。

“挑戦者”という名の刺客が毎週現れ、7人のうち1人を指名して1対1のパフォーマンスバトルで対決。挑戦者が勝利すれば即メンバー入れ替えとなり、その日のトレーニングから新メンバーとして活動していく。闘いはデビュー直前まで続き、最終的に勝ち残ったメンバーが秋元氏プロデュースの下でデビューできる。

候補者7人がお披露目

4932名の中から選ばれたのは間島和奏(まじまわかな/17)、吉崎綾(よしざきあや/21)、小澤愛実(おざわあいみ/14)、安田愛里(やすだあいり/18)、長月翠(ながつきみどり/17)、山田まひろ(やまだまひろ/18)、相澤瑠香(あいざわるか/18)の7人。以下プロフィール。

「ラストアイドル」候補の7人/相澤瑠香、長月翠 、小澤愛実、間島和奏、吉崎綾、安田愛里、山田まひろ(C)モデルプレス
「ラストアイドル」候補の7人/相澤瑠香、長月翠 、小澤愛実、間島和奏、吉崎綾、安田愛里、山田まひろ(C)モデルプレス

間島和奏(まじまわかな/17)

間島和奏 (C)モデルプレス
間島和奏 (C)モデルプレス
身長161センチ
東京都在住
AKB48グループのドラフト候補生
百人一首で学校の大会1位をとったほど百人一首が得意。肩が柔らかい。

吉崎綾(よしざきあや/21)

吉崎綾 (C)モデルプレス
吉崎綾 (C)モデルプレス
身長150センチ
福岡県出身東京都在住
最年長21歳。グループ「243と吉崎綾」で活躍

小澤愛実(おざわあいみ/14)

小澤愛実 (C)モデルプレス
小澤愛実 (C)モデルプレス
160センチ
神奈川県在住
最年少14歳。絵が得意で神奈川県ビエンナーレ国際児童画展に入選したことがある。

安田愛里(やすだあいり/18)

安田愛里 (C)モデルプレス
安田愛里 (C)モデルプレス
身長163センチ
東京都在住
サンミュージック所属。AI女優育成プログラム5期生。三味線を祖父から習っている。鈴乃屋のカタログモデル。

長月翠(ながつきみどり/17)

長月翠 (C)モデルプレス
長月翠 (C)モデルプレス
身長151センチ
神奈川県在住
グループ「オープニングシスターズ」で活躍。9月でグループが解散になる。アイドル大好き。

山田まひろ(やまだまひろ/18)

山田まひろ (C)モデルプレス
山田まひろ (C)モデルプレス
身長165.5センチ
愛知県出身東京都在住
食べることが大好き。道を一度で覚えられるので迷子にならない。柔軟が得意。

相澤瑠香(あいざわるか/18)

相澤瑠香 (C)モデルプレス
相澤瑠香 (C)モデルプレス
身長164.4センチ
宮城県在住
禁煙呼びかけポスター入選。足の長さ82.5センチ。まつげが1.5センチある。


審査員1人が判断 秋元氏が期待のメッセージ

秋元氏はこの日、番組に寄せたメッセージで「今回の番組では、あえてプロデューサーの僕が審査員から外れて、新鮮な目で選んで頂こうと思いました。しかも審査員一同の総合点ではなく、審査員1人が判断を下すことによって、平均的なアイドルではなく、偏ったアイドルが誕生するでしょう。どんなアイドルグループが誕生するか楽しみにしています」と期待のコメント。

MCの伊集院光は「秋元さんいわく『合議性で決めるとそれなりにみんなの意見の合う尖ったところのない人間が選ばれる可能性が高いのではないか。そういうものを私は求めていない』ということで。1人の審査員が全ての責任を負うというのは、わあ怖えって。もしかしたらMCが一番ラクかも。僕は煽るだけ煽ればいいですから」と冗談交じりに紹介。「甲子園でも何でもそうですけど、ドラマチックなものというのは残酷で。そこに立ち向かう彼女たちの美しさや立ち向かうことで成長する過程を楽しんで頂けたらなと思います」と見どころを語った。

ラストアイドル

“挑戦者”という名の刺客が毎週現れ、7人のうち1人を指名して1対1のパフォーマンスバトルで対決。挑戦者が勝利すれば即メンバー入れ替えとなり、その日のトレーニングから新メンバーとして活動していく。闘いはデビュー直前まで続き、最終的に勝ち残ったメンバーが秋元氏プロデュースの下でデビューできる。

同番組の特徴は“プロアマ問わず兼任可能”という前代未聞の応募条件。つまり、まったく芸能活動の経験がない挑戦者はもちろん、所属事務所の許可さえあれば、すでにほかのグループに属していても兼任が可能。トップアイドルから地下アイドル、はたまたネットアイドルまで多種多様なアイドルが乱立する今、荒波を乗り越えて知名度を上げたい地方アイドル、有名グループの中でなかなかチャンスを掴みきれていないメンバー、メディアへの露出が少なかったライブアイドルなど、夢と野望を抱くすべての女性の挑戦を受け付ける。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 秋元康プロデュース・新アイドルグループ候補7人お披露目<プロフィール>
今読んだ記事

秋元康プロデュース・新アイドルグループ候補7人お披露目<プロ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事