福原遥、M!LK、「Popteen」ゆらゆら、マジパンら豪華コラボ ももクロ名曲でキレキレダンス

5日、都内で新商品発表会が行われ、福原遥田中芽衣ダコタ・ローズ池田菜々越智ゆらの、宇佐卓真、マジカル・パンチライン(佐藤麗奈、小山リーナ、浅野杏奈、清水ひまわり、沖口優奈)、M!LK(板垣瑞生、佐野勇斗、塩崎太智、山崎悠稀、吉田仁人)が登場した。
16人の“クラスメイト”でダンスパフォーマンス(C)モデルプレス
16人の“クラスメイト”でダンスパフォーマンス(C)モデルプレス

16人でダンスパフォーマンス

イベントでは、14日から始まる新プロモーションに登場する16人がダンスパフォーマンスを披露。息ピッタリの踊りに、会場の報道陣や関係者たちもおもわず頬が緩んでいた。

同プロモーションでは、イベントにも出席した渡辺直美を含めた17名が同じクラスの生徒という設定。学級委員長でマドンナ・福原、爽やか系王子男子・佐野、オタク系眼鏡女子・越智、やんちゃ系サッカー男子・板垣、一匹狼フリスタ男子・宇佐、小悪魔系マネージャー女子・佐藤、意識高い系お嬢様・田中、本場アメリカから来たパリピ女子・ダコタ、浪速のパリピガール・池田、ハイスペックゲームオタ・吉田、おちゃらけ卓球男子・塩崎、乙女系卓球男子・山崎、おっとりバド部女子・小山、熱血系陸部女子・浅野、アイドルオタク陰・清水、アイドルオタク陽・沖田、そして謎の生徒・渡辺と、個性豊かな生徒たちが集まった。

佐野勇斗&ゆらゆらの“近距離告白”シーンも!感想は?


イベント登壇者(C)モデルプレス
イベント登壇者(C)モデルプレス

イマドキ高校生の言葉、わかる?

また、イベントでは、「イマドキ10代常識クイズ」も実施。渡辺には「『(教科書を)ダコタに借りてくる』をイマドキ高校生風に訳せ」という問題が出された。

渡辺は、「(教科書を)くすねるぅ」と可愛らしくハートマーク付きで回答するも、不正解。会場が笑いに包まれるなか、何人かの10代が「くすねる」の意味を理解できていなかったため、渡辺が「ちょっと勉強が足りないんじゃない?」と檄を飛ばしたが、司会のしずる・村上純から「『くすねる』は窃盗になっちゃうから、ダメですよ。ハートマーク付けてもダメ」と注意されていた。

今をときめく10代が勢揃い<イベントフォトギャラリー>


ダンスソングはももクロの名曲「走れ!」

なお、今回、ダンスソングに使われたのは、映画「モテキ」挿入歌として起用された、ももいろクローバー(現在はももいろクローバーZ)のデビューシングル「行くぜ!怪盗少女」(2010年)のカップリング曲「走れ!」。2013年にはスペースシャワーTVプラスの番組視聴者投票で「ライブでアガる曲ランキング」1位に選ばれている。

ももクロファン(モノノフ)の中では名曲中の名曲として認知されており、かつてはモノノフの田中将大投手が試合中の登場曲として使っていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 福原遥、M!LK、「Popteen」ゆらゆら、マジパンら豪華コラボ ももクロ名曲でキレキレダンス
今読んだ記事

福原遥、M!LK、「Popteen」ゆらゆら、マジパンら豪華コラボ も…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事