Hey! Say! JUMP、セーラー服で“大ジャンプ” 個性&チームワークで難関突破

Hey! Say! JUMPが出演する新CMが、2月1日より全国で放送される。 今回のCMでは、セーラーマン(船乗り)に扮したHey! Say! JUMPが、新曲「Smile in Summer」に乗せて、はじける笑顔で躍動感あふれるジャンプ。メンバー同士息のあったコンビネーションでキレキレ且つキュートな手旗ダンスも披露している。

Hey! Say! JUMPの“大ジャンプ”が注目ポイント

CM本篇では、メンバー9人が同時にジャンプを披露しているが、撮影は1人ずつ別々にハイスピードカメラで実施。トランポリンを使ってかなり高く飛ばなければならなかったり、ほかのメンバーと同じ飛び方をしてはならなかったりなど注意点が多く、今回の撮影の中で最大の難関となった。

トップバッターの伊野尾慧は、「すごい跳ぶ!」と思わず空中で叫んでしまうほど、思い通りにトランポリンが使いこなせない様子。2番手は山田涼介は、伊野尾のジャンプを真剣な眼差しで見ていたためジャンプのコツを掴んでいたようで、大きく腕を開いたり、ひねりを加えたりと難易度の高いジャンプを連発。監督から「もっと元気のいいのお願いします!」と声をかけられても、しっかり笑顔を見せていた。

チームワークと個性で乗り切る

続く岡本圭人は、息を切らすほど果敢なジャンプを披露し、トランポリンを降りた時にはやりきったという清々しい笑顔。その岡本からの「(うまく跳ぶには)気持ちが大事!」というアドバイスを受けた知念侑李は、4mをゆうに超える大ジャンプ。下から見守るメンバーからは「知念かっこいいな!」と絶賛の声が上がった。

しかし、薮宏太は「知念の後じゃムリ~」と弱気な発言。とは言いつつもダイナミックなジャンプを見せたが、着地で少しバランスを崩すと「知念のカラダに差し替えてください(笑)」と笑いを誘った。

そして、八乙女光、高木雄也(※「高」は正式には「はしごだか」)、中島裕翔、有岡大貴は、順番を待つ間に先に終えたメンバーから攻略法を伝授。トランポリンに乗る前に完璧なイメージトレーニングを積むことができていたので、皆完璧なジャンプで、空中では飛び切りの笑顔を披露する余裕も生まれていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey! Say! JUMP、セーラー服で“大ジャンプ” 個性&チームワークで難関突破
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP、セーラー服で“大ジャンプ” 個性&チームワーク…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事