GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」テレビ出演激減の理由は?

参照回数:2,735,594

【GENKING/モデルプレス=11月16日】“ニューキャマ系”マルチクリエーターのGENKINGが、15日放送の日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」(毎週火曜よる9時)にゲスト出演。SNSでゴージャスな私生活を公開するため、MAX1000万円の借金を抱えていたことを明かした。
GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」(C)モデルプレス
GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」(C)モデルプレス
GENKING(C)モデルプレス
GENKING(C)モデルプレス
中性的なルックスと華やかな私生活を公開したInstagramが話題を呼び、昨年のテレビ出演本数は214本と一躍ブレイクを果たしたGENKING

GENKINGが芸能界デビューするきっかけとなったのは、オシャレでゴージャスな私生活を公開していたInstagram。しかし、その裏で「MAX借金1000万円とか。“理想”を借金をしてでも演じてましたね。常に借金だらけ。毎日火の車だった」とファンの期待に応えるために借金をしていたことを赤裸々告白した。

テレビ出演が激減「や~よで飯は食えない」

ブレイク当時は睡眠時間が平均3時間、約7ヶ月休みなしという多忙なスケジュール。

自分の時間が持てないことや、仕事から来る過度なストレスが原因で突発性難聴、ひどいじんましん、顔がただれるといった症状に悩まされたといい、「仕事も限界だったし、体力も限界、精神面も限界。全てが限界でしたね、その時は。生きるのも嫌かもみたいな」と振り返った。

そして、追い打ちをかけるようにテレビ出演オファーが激減。月に5本収録があるかないかまで減少する中、明るくハイテンションなキャラクターのりゅうちぇるがブレイクしていくのを目の当たりにし、「叶わないなって。“や~よ”で飯は食えないなって思った」とバラエティータレントとしての可能性に限界を感じたという。

現在は美容家として再チャレンジ

そこで、GENKINGは以前から興味があった美容分野に足を踏み入れることを決意。勉強を重ねたことで、現在は美容家としてのオファーも増加。先月には念願だった美容に特化したビルを設立し、店舗もオープンした。

今後は、「バラエティーも引退ではなくてもっと出たい。でも今は美容とかもっと得意な分野を活かしてテレビにもっと出ていきたいなって思ってます」と抱負を語っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」テレビ出演激減の理由は?
今読んだ記事

GENKING、借金1000万円抱え「毎日火の車だった」テレビ出演激減…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事