大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉しい」

モデルでタレントの大川藍が30日、都内で写真集「iamai」(講談社刊)の発売記念イベントを開催した。
大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉しい」(C)モデルプレス
大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉しい」(C)モデルプレス
大川藍(C)モデルプレス
大川藍(C)モデルプレス

“触るとバストが揺れる”サイトが人気

“触るとバストが揺れる”写真集の特設サイトが3週間で50万PVを記録するほどの人気を集めたことに、「そんなにたくさんの方に私のおっぱいを触っていただけて、すごく嬉しいです」とコメントした大川。

また、イベント参加特典の“ブラホック型ブックバンド”については、「一見、男性向けに作られていると思うんですけど、周りの女の子からも評判がよくて、菊地亜美ちゃんにも『かわいい』って言ってくださいました」と回顧。「どういう風にブラホックを外されたいか」を聞かれ、「何を聞いているんですか?(笑)」と戸惑いつつも、「片手でスパッと…ですかね」と実演。すると、この日1番のフラッシュを浴び、「1番シャッター数多くないですか?」と笑った。

大川藍「とにかく明るい安村さん的なことをしたくて…」

大川藍(C)モデルプレス
大川藍(C)モデルプレス
大川藍(C)モデルプレス
大川藍(C)モデルプレス
触りたくなるカラダNo.1”としてグラビアでも活躍する大川の6年半ぶりの写真集となる同作は、マウイ島でオール撮り下ろし、ビーチでの健康的なノーブラや、酔っ払った無防備な姿、スッピン、水に濡れた艶やかな肌など、これまで見せたことのない限界セクシーに迫った1冊。

大川は、「6年半ぶりだからこそいいものにしたいと思ったので、打ち合わせ段階から参加させていただいて、自信作になっていると思います。攻めました」と胸を張って紹介。表紙の浮き輪ヌードのカットも自身のアイディアだそうで、「とにかく明るい安村さん的なことをしたくて考えていたら、パッと思い浮かんで提案したら採用していただいて、まさかの表紙に選んでくださったので、すごく嬉しいです」と笑顔を見せた。

替え歌も披露

さらに、お気に入りには、パイナップルで胸を隠しているカットを挙げ、「オッパインです」と説明し、「(ピコ太郎の『PPAP』のヒットを)予測していた感じですね」とニッコリ。

実際に歌をリクエストされると、「This is a pai. This is a pineapple. ummm Pineapple pai!」と応じたものの、「こんな囲み取材ありますか?(笑)。恥ずかしい…」と照れ笑いを浮かべた。

大川藍の胸を作るモノとは?

そして、前作との変化については、「ファースト写真集は15歳とか16歳のときだったので、それこそオッパイが全然ないんです」と明かし、「外見も中身も全然違って大人になった私が詰まっていると思うので、その辺に注目してほしいです」と今作をアピール。

大川の胸を作っているものを聞かれると、「焼肉です」と答え、「高校のときに(胸が)なくて悩んでいたんですけど、『このお肉を食べればオッパイになる』と思って食べていたら大きくなって、一時期、豊胸手術の疑惑も出たくらい全然違うので、ファースト写真集を持っている方は、その辺も見比べてください」と今作の楽しみ方についても語った。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉しい」
今読んだ記事

大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉し…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事