島崎遥香、ラスト総選挙で神7ならず「最後のスピーチ」 卒業を示唆?<第8回AKB48選抜総選挙>

0
0
AKB48 45thシングル選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」の開票イベントが18日、新潟・HARD OFFECO スタジアム新潟で開催。AKB48島崎遥香は、68,126票で8位。惜しくも神7入りを逃したが、昨年よりランクアップ。アイドルらしくない自身を顧みながら「正直卒業も考えました」と本音を明かすも、「そんな時に『辞めないで』って泣いてくれたのが、総監督である横山由依でした。ありがとう」と卒業を止めてくれた横山へ感謝。その後「えーっと。何言おっかな?」と変わらぬマイペースぶりを発揮させ、会場を笑わせた。
島崎遥香(C)AKS
島崎遥香(C)AKS
そんな島崎は、今回が最後の総選挙への出馬だと宣言しており「何の根拠もないけど、勝負の年だと思っている。どれだけの人が私を必要として、理解してくれて、応援してくれるのか。自分自身と向き合いながら戦って行きたいなと思っています」と今後の姿勢に言及。

島崎遥香(C)AKS
島崎遥香(C)AKS
「自分で言うのも何ですが、こんなにもアイドルっぽくない私を応援してくださった私のファンの人へ。そしてこんなアイドルが、グループに1人くらいいてもいいんじゃない?って思ってくれている、私以外のAKBのファンの皆さんへ。感謝の気持ちを込めて、最後のスピーチを終わりにしたいと思います」とし、「徳光さん、まだ時間はありますか?」と自身が出演する映画『ホーンテッド・キャンパス』(7月2日公開)の告知を加え、最後まで笑いをとりながらラスト総選挙のスピーチを締めくくった。

過去の選抜総選挙結果

第8回速報順位:17位(10,610票)

第7回順位:9位/第6回順位:7位 /第5回順位:12位/第4回順位:23位/第3回順位:圏外/第2回順位:28位/第1回順位:――

第8回AKB48選抜総選挙

AKB48の選抜総選挙は今年で8回目。第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、第5回(2013年)と第7回(2015年)は指原莉乃、第6回(2014年)は渡辺麻友がそれぞれセンターを獲得。昨年に続き今回も立候補制を導入し、2016年3月23日時点でAKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48に在籍しているメンバー、海外に専任移籍している元AKB48メンバーのいずれかを満たしている者が対象。

今回の総選挙では45thシングル選抜メンバー16名(1位~16位)のほか、アンダーガールズ16名(17位~32位)、ネクストガールズ16名(33位~48位)、フューチャーガールズ16名(49位~64位)、アップカミングガールズ16名(65位~80位)をファンの投票により決定するべく、全グループ総勢272名のメンバーが順位を競い合う。

(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 島崎遥香、ラスト総選挙で神7ならず「最後のスピーチ」 卒業を示唆?<第8回AKB48選抜総選挙>
今読んだ記事

島崎遥香、ラスト総選挙で神7ならず「最後のスピーチ」 卒業を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事