斎藤工、“顔面性器”がさらに進化?マツコに“キャラ迷走”を相談

【斎藤工/モデルプレス=6月3日】俳優の斎藤工が、2日放送のフジテレビ系「アウト×デラックス」(木曜23時)に出演。以前、同番組でMCのマツコ・デラックスから「顔面が性器みたい」と評された斎藤は、それがきっかけで自身のセクシーキャラが定着したと主張。「僕はそれを鵜呑みにして今があるんですよね」と語り、笑いを誘った。
「アウト×デラックス」に出演した斎藤工(C)モデルプレス
「アウト×デラックス」に出演した斎藤工(C)モデルプレス
斎藤工(C)モデルプレス
斎藤工(C)モデルプレス
マツコは今回も斎藤が登場するなり「やらしい」と一言。役作りで焼けた肌を「何それ、ちょっと焼いてんのよ」とじっくり見つめ、「より使い込んだ性器みたいになってきてる」と円熟した色気を評価。

セクシー路線で迷走「自分の乳首がかわいそう」

“顔面性器”との表現に「納得した」という斎藤だが、現在はセクシーキャラがすっかり定着するあまり「エロキャラでいきすぎて、僕もそうだし、世の中も飽きてる感じがすごくするんですよね。『またエロか』みたいな」と“迷走”を告白。

ドラマなどで裸になることが多い斎藤は「衣装合わせで衣装がない時がある」ほか、自分の乳首が「雑に扱われている」と吐露。乳首のアップにCMの提供クレジットが重なる“珍場面”もあったといい「女優さんの乳首はモニターとかで事務所さんが厳しくチェックしているのに、僕の乳首に関しては提供が挟まったりする。この違いは何だ?」「同じ乳首じゃないですか。すごく自分の乳首がかわいそうに思う」と主張した。

とつとつと語る斎藤にマツコは「あんたバカだねー!」と大笑い。「(今の俳優は)女の子もそうだけど、男も脱がないじゃない。脱げるっていうのは大事だと思うんだよね」とセクシー路線続行のアドバイスを送っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 斎藤工、“顔面性器”がさらに進化?マツコに“キャラ迷走”を相談
今読んだ記事

斎藤工、“顔面性器”がさらに進化?マツコに“キャラ迷走”を相談

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事