島崎遥香の“ゆとりちゃん”が話題「可愛い」「リクルートスーツ最高」

俳優の岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が共演する日本テレビ系新ドラマ「ゆとりですがなにか」(毎週日曜よる10:30)が17日、スタートした。AKB48島崎遥香は岡田演じる坂間正和の妹・坂間ゆとりとして出演、そのゆとりっぷりが「可愛い」「秀逸すぎる」など視聴者の間で話題を呼んでいる。
ドラマ「ゆとりですがなにか」の“ゆとりちゃん”役が話題を呼んでいる島崎遥香(C)モデルプレス
ドラマ「ゆとりですがなにか」の“ゆとりちゃん”役が話題を呼んでいる島崎遥香(C)モデルプレス
島崎遥香(C)モデルプレス
島崎遥香(C)モデルプレス

兄・岡田将生を脅かす「真性ゆとり」島崎遥香

今作は、「ゆとり第一世代」と社会に括られる、1987年生まれのアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に、世の中の理不尽に立ち向かう人間ドラマ。岡田は入社7年目のごく一般的なサラリーマン坂間正和、松坂は杉並区阿佐ヶ谷南小学校教師の山路一豊、柳楽は生活に追われながらも東大合格を目指して現在11浪中の道上まりぶをそれぞれ演じる。

そしてそんな兄たちゆとり第一世代を脅かす平成生まれの「真性ゆとり」であるゆとりは、就活中の女子大生。インターンは10社、実家である坂間酒造のFacebookを担当するなどウェブ系にも長けた、意識高い系だ。会社にしがみついてみえる兄の生き方を「古い」「昭和くさい」と批判する、今どきの合理的な考えを持って生きてきたが、就職、恋愛と、いくつもの荒波がゆとりを待ち受けることとなる。

秀逸な“ゆとり面接”に「さすがゆとりちゃん」の声続々

第1話に登場したゆとりは、就活中のためもっぱらリクルートスーツ。就職面接では、面接官に対し「まぁまぁ自信あります」「ですね、ですです」「あぁ、ですね」とほとんど相槌を打つのみの“ゆとり面接”に。

視聴者からは「ぱるるの面接すげぇなwwさすがゆとりちゃん」「ですね!ですです…秀逸すぎる」「自分の意思は発信せず、聞かれたことにだけ答える…これがまさにゆとり」「ゆとりちゃん可愛いわぁ~」「ぱるるのリクスー姿最高かよ!!」「ぱるるのゆとりちゃん自然だった。もっと出てほしい!」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 島崎遥香の“ゆとりちゃん”が話題「可愛い」「リクルートスーツ最高」
今読んだ記事

島崎遥香の“ゆとりちゃん”が話題「可愛い」「リクルートスーツ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事