斎藤工、イメチェン失敗?「びっくりするくらいアフロ」

【斎藤工/モデルプレス=1月15日】日本テレビ系新ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(1月17日スタート、毎週日曜よる10時30分)に出演する俳優の斎藤工窪田正孝が13日、東京女子大学(東京都・杉並区)で行われたドラマの特別試写会にサプライズ登場。今作は、有栖川有栖著作の人気小説「臨床犯罪学者火村英生の推理」シリーズが原作。主演の斎藤は犯罪学者・火村英生役で、役作りのためパーマをかけ“ボサボサ頭”を再現。しかし、「ほぼアフロになってしまって、逆に(パーマを)抑えています」とイメージチェンジは失敗したようで、「朝とかお風呂あがりはびっくりするくらいアフロ」と現状を明かした。
試写会にサプライズ登場した斎藤工(C)モデルプレス
試写会にサプライズ登場した斎藤工(C)モデルプレス
東京女子大学は、斎藤演じる火村が務める大学シーンの撮影で使用されており、試写会には事前募集で集まった約250名が参加。斎藤と窪田の登場はサプライズだったため、生徒たちは大興奮で黄色い歓声を上げた。

(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
斎藤工(C)モデルプレス
斎藤工(C)モデルプレス
質問コーナーでは「役作りで最も苦労した点は?」と聞かれた斎藤が、「ビジュアルイメージに早い段階から関わらせていただいて、紆余曲折あって頭はボサボサになったんです。先日セットしやすいのかなって思って強めのパーマをかけたんですけど、ほぼアフロになりました(笑)」と裏話を告白。「僕はほぼアフロで生活しています。(撮影では)逆に抑えてもらっています」と予想外の結果に苦笑いを浮かべていた。

「色々盗まれたり身ぐるみ剥がされたり」

(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
このほか、「19歳の頃、夢中になったことは?」という質問では、バックパックでのエピソードを披露。

「お金がなくて一番安いときは35円の宿に泊まっていました。柵しかなくて、色々盗まれたり身ぐるみ剥がされたりした」と壮絶な経験をしたようで、「女性にはオススメしたくないけど、10代最後っていうのは意識して、逆算して行動に出ていました。ちょっと無双状態だった気がします」と当時を振り返った。

優香、山本美月、長谷川京子ら出演

(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
17日放送の第1話では、若い女性を狙った連続通り魔事件を火村&有栖川が解決。「絶叫城」という人気ゲームを模倣した事件に潜む、衝撃的な真実を暴いていく。なお、このほかドラマには優香、山本美月、長谷川京子、生瀬勝久、夏木マリらが出演する。(modelpress編集部)

(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス
(左から)窪田正孝、斎藤工(C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 斎藤工、イメチェン失敗?「びっくりするくらいアフロ」
今読んだ記事

斎藤工、イメチェン失敗?「びっくりするくらいアフロ」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事