アイドルのモデル業進出が加速…余波受けるハーフ美女の主張「なんで私の枠に!」

参照回数:197,945

【モデルプレス】アイドルグループのメンバーが各ファッション誌に続々と進出する現状に対して、モデルの眞木美咲パメラ(23)が自身の考えを主張し、反響を呼んでいる。
ハーフモデルの眞木美咲パメラ(画像:所属事務所提供)【モデルプレス】
ハーフモデルの眞木美咲パメラ(画像:所属事務所提供)【モデルプレス】
23日放送のテレビ朝日系「お願い!ランキング」の「まあまあマイク」コーナーに出演。お笑いコンビのサンドウィッチマンが、納得がいかない問題に怒りを爆発させる国民のもとを訪れ、その怒りを吸収するコーナー。父がカナダ人、母が日本人のハーフでモデル歴6年の眞木は、開口一番「アイドルがモデルやってるんですよ。本業じゃないのに!」とアイドルによるモデル活動に苦言を呈した。

この時代が終わるのはいつ?

同番組の調査によると、5月・6月に発売された女性ファッション誌では、15冊中6冊でアイドルがモデルとして登場。専属モデルとして契約を結んでいるアイドルは今や10人以上にも及ぶ。

その背景には、アイドルが真似しやすく身近な存在になったことが挙げられるが、眞木は「モデルの子たちは、写り方のトレーニング、ウォーキングのトレーニング…もちろんご飯も我慢して。それでようやくモデルとして出れるのに、なんで私の枠にアイドルがいるんだ」と主張。その余波を受けて、毎月20本あった仕事が激減したといい「今年、モデルとしての仕事は2本だけです。いつになったらこの時代は終わるんだろうっていう。アイドル戦国時代とか知らねぇよって感じ」と胸の内を発散した。

モデル業だけでは食べていけず「舞台に出たり、美容師免許を持っているので、少し戻ろうかなと考えるくらい」と話す眞木に対し、サンドウィッチマンの伊達から「いやいや、(舞台に出ることで)役者の仕事取ってるじゃん!」とのツッコミも。「他のオーディションを受けてみては」という富澤からのアドバイスには「広告やショーのオーディションでは、大和撫子みたいな日本人かキリっとした外国人(のどちらか)しか募集していない」とハーフゆえに活躍の枠が狭まっているという悩みも告白。最近はハーフモデルのテレビ進出も目立っているが、眞木曰く「テレビで知名度を上げてから、モデル業に戻る」という流れも多いという。

一通りの悩みを打ち明けた眞木は「スッキリしました」と笑顔。眞木のTwitterには「おもしろかったよ!頑張って」「アイドルに負けるな!」といった激励も寄せられており、活動の幅を広げるきっかけとなったようだ。(modelpress編集部)

眞木美咲パメラ(画像:所属事務所提供)
眞木美咲パメラ(画像:所属事務所提供)

眞木美咲パメラ(PAMELA MISAKI MAKI)

生年月日:1991年10月20日
出身地:ニューヨーク
身長:160cm
スリーサイズ:B78 W55 H81
血液型:A型
趣味:英会話、ヘアアレンジ、ネイル

ファッションイベント「Girls Award」やドラマ、バラエティ番組、舞台などで活躍。8月4日~10日、阿佐ヶ谷アルシェで上演の舞台「いつくしみふかき」に出演する。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - アイドルのモデル業進出が加速…余波受けるハーフ美女の主張「なんで私の枠に!」
今読んだ記事

アイドルのモデル業進出が加速…余波受けるハーフ美女の主張「な…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事