杏主演「花咲舞が黙ってない」、新キャストは“男版・花咲舞”

【モデルプレス】女優のが主演をつとめ、今年7月クールで続編の放送が決定している日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」(毎週水曜、よる10時~)の新キャストが発表された。
杏&成宮寛貴/ドラマ「花咲舞が黙ってない」より(C)日本テレビ【モデルプレス】
杏&成宮寛貴/ドラマ「花咲舞が黙ってない」より(C)日本テレビ【モデルプレス】
今回発表されたキャストは俳優の成宮寛貴。花咲舞()と相馬健(上川隆也)が臨店で訪れる東京第一銀行・五反田支店で融資課員として働く、少し熱くてまっすぐな銀行員・松木啓介を演じる。第2話より準レギュラーとして出演する。

成宮は「デビュー当時の『ごくせん』やその後に『あいのうた』でもお世話になったプロデューサーさんやスタッフさんと久しぶりに御一緒させて頂き、御縁を感じながら撮影をしています」と明かし、「前作からのちゃんと上川さんによるタッグの中で、僕の演じる”松木”というキャラクターがどう関わっていくのかも楽しみして頂いて観て頂けたらうれしいです」と呼びかけた。

加藤正俊プロデューサーは「すっかり安定したバディ感のある舞と相馬の2人の間に、新しい風を吹き込みたいと思いました」と成宮演じる松木が登場する理由を説明し、「松木という役は、ちょっと熱くてまっすぐな“男版・花咲舞”のような銀行員。成宮くんは、いつもニコニコしている印象だけれど、芝居になると抜群の目ヂカラを発揮するので、この役にピッタリだと思ってお願いしました」と“男版・花咲舞”を演じる成宮に期待を寄せた。

「花咲舞が黙ってない」とは

今作は、メガバンク・東京第一銀行を舞台に、“あきらめないヒロイン”花咲舞と“あきらめたオジサン”相馬健の凸凹コンビの活躍を描いた痛快ドラマ。今回も2人が追うのは、全国の支店で起きる事件や不祥事の数々。たった2人の地位も権力もない「臨店班」が、間違っていることを「間違っている」と言えずに、苦しんでいる人たちのために立ち上がり、様々な事件をすっきり解決していく。

成宮演じる松木は、舞とともに問題解決に向けて奔走する中、舞の仕事ぶりや人柄を見て、舞のことを好きになっていくが、人に好かれるのには慣れてない鈍感な舞は、その思いに気づかないというストーリーが展開される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 杏主演「花咲舞が黙ってない」、新キャストは“男版・花咲舞”
今読んだ記事

杏主演「花咲舞が黙ってない」、新キャストは“男版・花咲舞”

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事