本田翼、男性を「引っ張って支える」と決意

参照回数:150,965

【モデルプレス】モデルで女優の本田翼が、新たな挑戦に意気込んだ。
「紅白が生まれた日」取材会に出席した本田翼【モデルプレス】
「紅白が生まれた日」取材会に出席した本田翼【モデルプレス】
本田翼
本田翼
本田は29日、神奈川・緑山スタジオにて行われたNHKの放送90年ドラマ「紅白が生まれた日」(総合/3月21日よる9時)取材会に、主演の松山ケンイチらとともに出席した。

「紅白歌合戦」の誕生秘話を描く同作にて本田は、放送協会の女子放送員役・竹下光江役として、紅白を企画した放送協会のディレクター・進藤達也(松山)と共に、番組実現に向けて奮闘していく。

はじめは女性アナウンサーとして放送協会で働いていた光江だが、当時は女性の立場が強くなかったこともあり、男性職員の復員のため退職させられることに。しかし雑用係として復職を果たし、前向きな姿で進藤を元気づけていく。

そんな強い女性を演じる本田だが、意気込みについて「戦後、男性の気持ちが沈んでいて元気がなかったということを聞きました。なので、私が引っ張って支える、以上です」と力強く決意表明。役への自信をのぞかせた。

またこれがNHKドラマ、戦後ドラマ初出演となる本田。「ドキドキ緊張しましたけど、スタッフの方も優しく、楽しく過ごせました」とニッコリ。ロケ撮影は冬の栃木県で行われたことに「寒かったですけど、松山さんたちとずっとゲームについて話していました。趣味が合ったんです」と笑顔で現場のエピソードを披露した。

「紅白が生まれた日」取材会
「紅白が生まれた日」取材会
ほか、miwa、小林隆、六角精児、大空祐飛、星野源、高橋克実が出席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 本田翼、男性を「引っ張って支える」と決意
今読んだ記事

本田翼、男性を「引っ張って支える」と決意

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事