岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」

【モデルプレス】俳優の岡田将生が、女優の広末涼子らとともに映画の続編に臨んだ。
岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」(C)2014「想いのこし」製作委員会/左から:広末、岡田、平川雄一朗監督【モデルプレス】
岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」(C)2014「想いのこし」製作委員会/左から:広末、岡田、平川雄一朗監督【モデルプレス】
21日・28日の二週にわたって、JFN系列「やまだひさしのラジアンリミテッドF」(毎週金曜深夜25:00~)にて映画『想いのこし』(11月22日公開)のその後を描いたラジオドラマ「天国への手紙」を放送することが決定。主演をつとめる岡田のほか、共演者の広末、木南晴夏、松井愛莉、巨勢竜也、鹿賀丈史ら豪華メインキャストが総出演する。

出演のオファーを受けた岡田は「映画の撮影が終わってから、自分が演じるキャラクターを再び演じるなんてなかなかできないことなので、自分が好きなガジロウというキャラクターをもう一度出来ることがすごく嬉しかったです」と喜びを語った。

同映画は岡田演じる史上最低のダメ男・ガジロウが、この世を去り今は天国にいる4人(広末・木南・松井・鹿賀)の想いを伝えるため、ウエディング姿で結婚式をしたり、消防士としてヒーローになったり、男子高校生に熱い告白をしたり、ポールダンスを披露したり…といろいろな手段をとりながら、それぞれの人生最期の“想いのこし”を届ける感動のエンターテインメントである。

岡田将生(左)、広末涼子(右)
岡田将生(左)、広末涼子(右)
今回のラジオドラマは、その後の想いが綴られた手紙が番組を通じてつながっていくという、映画本編にも勝るとも劣らない心温まるストーリー。映画と同じ世界観のなかで展開する物語は、よりいっそう感動が膨らむ仕上がりとなっている。さらに映画同様、HYが歌う主題歌「あなたを想う風」が華を添える。

“想いのこし”に懸ける監督の思い

同映画のメガホンをとったのは、『ツナグ』『ROOKIES-卒業-』『JIN-仁-』と次々にヒット作を世に送り出している、平川雄一朗監督。続編について「構成が浮かんだ途端に泣きながら一気に書き上げました」と制作秘話を明かし、「会いたい人のことを思い浮かべながら聴ける“想える”ラジオドラマになったかと。このラジオドラマを聞いて、他人に優しくなってもらえたらいいなと思います」とコメントした。

収録を終えた岡田は「自分でラジオ番組を作っているみたいでとても楽しかったです。このラジオドラマを聞いて、映画『想いのこし』をより楽しんでいただけたら嬉しいです」と呼びかけた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」
今読んだ記事

岡田将生、広末涼子らと映画続編に臨む「なかなかできないこと」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事