篠田麻里子「悲しみで言葉を失った」プロデュースブランド閉店の心境

参照回数:461,492

プロデュースブランド閉店の心境を明かした篠田麻里子
篠田麻里子
デザイナー兼プロデューサーを務めていたアパレルブランド「ricori(リコリ)」が7月15日付で全店舗閉店した元AKB48の篠田麻里子が、心境を明かした。 24日、自身のブログにて篠田は「この度は突然のニュースに私自身驚きと、悲しみで言葉を失いました。正直、状況が掴めずに皆様にお話が出来ませんでした」とこれまで想いをつづれなかった理由を説明。「ただ、ずっと自分の言葉で皆さんに伝えたかったです。ricoriを知ってくれた方、好きになってくれた皆様、応援してくれた皆様、本当にありがとうございました!」とファンに感謝した。

芸能界に入る前は服飾学校に行き、自分のブランドを立ち上げて店舗を持つという夢があったという篠田。高校の卒業文集にそれを記載していたため、「高校卒業からちょうど十年経っていたので、私自身、驚くと共に、夢は願えば叶うんだと実感しました」を噛み締め、「もちろん一人では何もできません。服作りの大変さ、追われる日々。でも皆様がricoriを愛してくれたことが私の支えとなり、また原動力となっていました」と振り返った。

最後には改めて感謝の言葉をつづるとともに、「短い期間でしたが、皆様と築き上げてきたricoriの歴史、そして最高のスタッフに恵まれたこと、ずっと私の財産であり、宝物です」と本音を明かした。

「ricori」とは

同ブランドは2012年12月の立ち上げ以降、1号店の東京・ルミネエスト新宿店を皮切りに、大阪・心斎橋オーパ店、HEP FIVE店、福岡・博多阪急店、東京・マルイジャム渋谷店と立て続けに出店。「流行に敏感で、自分らしくコーディネートが出来る自立した20代~30代女性」をターゲットに、篠田らしいガーリーなテイストの光るアイテムを展開していた。

全店舗閉店が発表された16日、篠田はTwitterで「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」とコメントしていた。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 篠田麻里子「悲しみで言葉を失った」プロデュースブランド閉店の心境
今読んだ記事

篠田麻里子「悲しみで言葉を失った」プロデュースブランド閉店…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事