新女王・渡辺麻友、大島優子からの祝福に涙

参照回数:830,771

悲願の1位を獲得した渡辺麻友(C)AKS
悲願の1位を獲得した渡辺麻友(C)AKS
渡辺麻友を祝福した大島優子(※写真は2014年のイベント時に撮影)
渡辺麻友を祝福した大島優子(※写真は2014年のイベント時に撮影)
AKB48(C)AKS
AKB48(C)AKS
7日に東京・味の素スタジアムにて行われた「AKB48第6回選抜総選挙」で1位に輝いた渡辺麻友が、大島優子からの祝福に涙を見せた。 渡辺は連覇を狙っていた指原莉乃を抑え、史上初の15万票越えで悲願の1位を獲得。次期センターと期待されながらも、2012年は2位、2013年は指原莉乃、大島優子に続く3位。昨年は「来年の総選挙では1番最後に名前が呼ばれたらいいなと思っています」と語っていたが、見事リベンジを果たした。

スピーチを終えると花束を抱えた大島が壇上に登場し、「麻友ちゃん、ファンの方と勝ち取ったセンターたっぷり味わってください」と祝福。その言葉を受け、渡辺は「2年前に『これからは麻友ちゃんがAKB48を引っ張っていってほしい』と言葉をいただいた。今日こうして(1位を)取ることができたので、優子ちゃんの言葉に応えられた気がしてよかったです」と涙と笑顔を交えてコメントした。

渡辺麻友 過去の選抜総選挙結果

第6回速報順位:2位(25,283票)
第5回順位:3位/第4回順位:2位/第3回順位:5位/第2回順位:5位/第1回順位:4位

「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」※別名:第6回AKB48選抜総選挙

今年で6回目を迎える選抜総選挙は、AKB48の37枚目のシングル(8月27日発売)を歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、そして昨年の第5回では指原莉乃がそれぞれセンターを獲得。今回は昨年までのシングル選抜メンバー(1~16位)、アンダーガールズ(17~32位)、ネクストガールズ(33~48位)、フューチャーガールズ(49~64位)の4カテゴリー64人に、アップカミングガールズ(65~80位)の16人が加わり、5カテゴリー計80人が選出される。

また、昨年は立候補資格があった“過去にAKB48グループに4年以上在籍していたメンバー”、つまりOGの参加が見送られた一方で、4月に発足したばかりのAKB48チーム8メンバー47人の立候補が認められたため、今回の選抜総選挙では全グループ(AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・JKT48・SNH48)総勢296人のメンバーが順位を競い合う。投票権はAKB48の36枚目のシングル「ラブラドール・レトリバー」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意された。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 新女王・渡辺麻友、大島優子からの祝福に涙
今読んだ記事

新女王・渡辺麻友、大島優子からの祝福に涙

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事