長澤まさみが胸キュン「思い通りにならないのがいい」

女優の長澤まさみが26日、都内にて行われた映画「潔く柔く(きよくやわく)」初日舞台挨拶に、岡田将生、高良健吾、波瑠、中村蒼、新城毅彦監督とともに出席した。
映画「潔く柔く(きよくやわく)初日舞台挨拶に出席した長澤まさみ
映画「潔く柔く(きよくやわく)初日舞台挨拶に出席した長澤まさみ
白を基調とした大人ドレスで登場した長澤。元々原作の大ファンだったという彼女は、「まさか自分が演じることになるなんて。『私でできるかな?』なんて不安もあったんですが、スタッフ、監督、キャストのみなさんと向き合って素敵な作品を作ることができました」と感無量の様子で語った。

劇中で“キュン”としたセリフを聞かれた長澤は、「ハルタ(高良)とカンナ(長澤)が家のベランダで話すシーンが好きです。『バイクの免許を取ってる。免許が取れたら後ろに好きな女乗せる』ってハルタが言うから、カンナは『私バイク怖いよ』って返すんです。そしたらハルタが『誰がカンナを乗せるって言ったよ』って。そのつれない感じにキュンとしました」と告白。さらに、原作者・いくえみ綾(りょう)の作品に登場する男性、通称“いくえみ男子”が好きだといい、「女の子の思い通りにならないのがいいんですよね」と照れ笑いを浮かべた。

岡田将生、失言で謝罪「すみませんでした」

映画「潔く柔く(きよくやわく)」は人気少女漫画家・いくえみ綾による同名コミックを、実写映画化したラブストーリー。幼馴染を亡くし、恋することができなくなった瀬戸カンナ(長澤)と小学生時代に同級生と事故にあい自分だけ生き残った赤沢禄(岡田)が惹かれあっていく姿を描く。

イベントでは、岡田が私生活で“キュン”とした出来事を聞かれ、「映画のワンシーンでもあるんですけど、突然キスをされるとキュンとします」と爆弾発言。司会者から「そんな経験があるんですか!?」と突っ込まれると、「あるような、ないような…。何言ってんだ、俺!だめじゃん」とタジタジ。

さらに、ハロウィンが間近ということで「やってみたい仮装」を問われる場面では、人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクターを挙げ、「大ヒット舞台挨拶があれば、バキバキに鍛えてジョジョの格好で出てきます!」と得意顔で宣言。しかし、観客から歓声があがると「うそです!うそです!」と大慌て。最後には、「今日は度々失言をしてしまいました。すみませんでした」と謝罪し、会場の笑いを誘った。

このほかにも、この日は“ハロウィンパーティー”を実施。タイトルにかけ“潔く”て“柔い”マシュマロを観客にサプライズプレゼントした。

なお、「潔く柔く(きよくやわく)」は同日より公開。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 長澤まさみが胸キュン「思い通りにならないのがいい」
今読んだ記事

長澤まさみが胸キュン「思い通りにならないのがいい」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事