フジテレビ、新ドラマ枠のキャスト&作品を発表

参照回数:105,038

女優の財前直見と俳優の沢村一樹が、10月25日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「偽装家族(仮)」(毎週金曜よる7:57)でW主演することがわかった。
フジテレビ系連続ドラマ「偽装家族(仮)」でW主演する財前直見、沢村一樹(C)フジテレビ
フジテレビ系連続ドラマ「偽装家族(仮)」でW主演する財前直見、沢村一樹(C)フジテレビ
同局が10月から新設する金曜よる8時枠の連続ドラマ第1弾で、2人の共演は4度目。家族の崩壊と再生をコメディータッチで描いた作品で、初の夫婦を演じる。

財前は沢村について「何度か共演もありますが、夫婦役は初めてですし、お父さん役も新鮮です。とても頼りにしています」と期待。沢村は「財前さんとの夫婦役、僕が尻に敷かれるのは間違いないでしょう」とコメントしている。

「偽装家族(仮)」は平凡な家族の“秘密”と“偽り”の数々が同時多発的に露呈し、家族が崩壊の危機にさらされ、一家の絆が試されるというストーリー。約2年ぶりの連続ドラマ主演となる財前は、東京下町にある定食屋「いさわ屋」の女将・石和縁(いさわゆかり)を演じ、同局の連続ドラマ初主演となる沢村は、“あること”がきっかけで幼なじみの縁と結婚した定食屋「いさわ屋」店主・石和泰彦(いさわやすひこ)を演じる。

さらに、石和家長男の恋人・高城累を谷村美月、石和家の長男・晴彦を松下洸平、次男・雅彦を鈴木勝大、末っ子で長女・千代美を水谷果穂、「三松漬物」の店主で縁の兄・三松太一を佐藤二朗、泰彦の父・石和尚彦を小野寺昭、太一と縁の母親・三松華江を真野響子が演じることも明らかとなった。

財前は「どこにでもいる主婦が、子供や夫、周りにいる人々と家族の在り方を模索し、葛藤する姿を、ホームコメディとして演じさせていただけるのは、とても光栄です。皆さまに楽しんでいただけるように頑張ります」、沢村は「たくさんの方々に“わかる、わかる”と、うなづきながら微笑んでもらえるホームコメディーをお届けできたらと思います」とそれぞれ意気込み。同局の編成企画・清水一幸氏は「初めての夫婦役の2人が、どんな化学反応を起こすのか?そこに注目してください」とアピールしている。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - フジテレビ、新ドラマ枠のキャスト&作品を発表
今読んだ記事

フジテレビ、新ドラマ枠のキャスト&作品を発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事