板野友美&島崎遥香が仲良くなった意外なきっかけ

AKB48板野友美島崎遥香が28日、東京スカイツリータウンで行われたサマンサタバサグループ「ともちん(ハート)ぱるる 姉妹ファッショントークショー」に出演した。
サマンサタバサグループのトークショーに出演した板野友美(左)、島崎遥香(右)
サマンサタバサグループのトークショーに出演した板野友美(左)、島崎遥香(右)
板野のブログに島崎が頻繁に登場するなど、プライベートでも仲良しぶりをアピールしている2人は、板野の愛称“ともちん”、島崎の愛称“ぱるる”から“ちんぱる”として親しまれる。

8月27日にグループからの卒業を控える板野は、「2人で出るイベントは初めてだけど、最初で最後かもしれない。ずっと前からぱるちゃんと『このお仕事楽しみだね』って話していたので、一緒にお仕事ができて嬉しかったです」とにっこり。島崎は「お客さんのほとんどが女の子で緊張したけど、板野さんがいてくれたので安心しました。助かりました」と胸をなでおろした。

島崎のことを「自由奔放で甘え上手。私はあんまり後輩とご飯行かないんだけど、ぱるちゃんとはよく行きます。私が飼っているペットにも似ていて癒されるんです」と妹のように可愛がっている板野。買い物にもよく一緒に行くようで、先日は福岡で行ったMV撮影の合間に遊園地に行ったことも明かした。そんな板野に島崎も「私お姉ちゃんがいないから、いつもご飯に連れて行ってもらえて嬉しい。家族も全員、板野さんのファンなんです」とすっかり慕っている様子だ。

正反対な2人が仲良くなったきっかけ

しかし板野が2005年よりAKB48第1期生として活躍する一方で、島崎は9期生として2009年にグループに加入、“ぽんこつ”キャラとしてファンに親しまれる島崎と“AKBのオシャレ番長”と呼ばれる板野とでは、外見、内面ともに正反対のように見える。

「どちらからアプローチしたの?」というMCからの質問に板野は、「私からですね。研究生が出ているテレビを見て『この子かわいい』って思って、現場で一緒になった時に『可愛いね、いくつ?』と話したのがきっかけです」ときっぱり。「でも最初は全然心を開いてくれなかった(笑)」と続け、「歌番組の時かな?席が隣になったので、また話しかけていたら、徐々に打ち解けていきました」と当時のエピソードを明かした。

板野の卒業に話が及ぶと、島崎は「寂しいです」と本音を吐露。そんな島崎に板野は「卒業後も可愛がりたい。ぱるちゃんが仕事で1人にならないか心配です」と気遣っていた。

現在「Samantha Vega」のミューズを務める板野は、2010年12月に“ファッションと音楽”の融合というコラボレーションでサマンサタバサグループプロモーションモデルとしてデビュー。一方、島崎は2013年3月にいつまでも可愛らしく、スウィートでエレガンスな洋服ブランド「WILLSELECTION」のプロモーショナルモデルとして同グループのデビューを飾っている。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 板野友美&島崎遥香が仲良くなった意外なきっかけ
今読んだ記事

板野友美&島崎遥香が仲良くなった意外なきっかけ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事