嵐・大野智、相葉雅紀への密着を指摘され「近い?」

の大野智、相葉雅紀が出演する日立白物家電シリーズの新CM「真空チルドSL 寝心地の良い冷やし方」篇が、9月8日よりオンエア開始される。 冷蔵庫「真空チルドSL 寝心地の良い冷やし方」篇では、すご腕のデパート店員・相葉雅紀が、“寝心地の良い”ベッドを買いに来たお客・大野智に「もっとオススメがありますよ」と言って、家電フロアの冷蔵庫売り場へ案内。「コレ、冷蔵庫でしょ!」とツッコむ大野智をよそに、「“寝心地”良いですよ」とさらに勧め、“寝心地の良い”冷蔵庫を買わせてしまうというコミカルな内容だ。

大野智、相葉雅紀にぴったりくっつき「近い?」

日立白物家電シリーズのイメージキャラクターとして3年目に突入した。今回の新CMでは、真空の力で酸化を抑える日立独自の「真空チルドルーム」において、野菜の呼吸や、肉や魚の表面の酵素の働きを抑制し、眠らせるように保存する“スリープ保存”を採用した大容量冷蔵庫「スリープ保存真空チルドSL」をアピールする。

撮影では、商品をオススメしたり案内したり、お客である大野智を接客する相葉雅紀の姿が、まさにデパートの店員そのものだったのが印象的。グレーのスーツを着こなし、手を前に組んだスッとした佇まいや、歩き方の細かい身のこなしは、どこから見ても完璧なすご腕店員。大野智も「なかなかさまになっていて良い(笑)」と太鼓判を押していた。

また、冷蔵庫がずらりと並ぶ中、お目当ての冷蔵庫の前まで店員・相葉雅紀がお客・大野智を案内するシーンでのできごと。監督から「普通に歩いてください」という演出のあと撮影がスタートしたが、冷蔵庫に向かって歩き出した二人は、いつまでもぴったりくっついたまま。

その様子に、監督も撮影スタッフもそして当の二人も笑いをこらえきれず、「ちょっと近い、近いです(笑)」という監督に、「近い?(笑)」と笑顔で聞き返す大野智。現場では、このような二人の仲の良さがうかがえる、微笑ましいやり取りが何度もあった。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・大野智、相葉雅紀への密着を指摘され「近い?」
今読んだ記事

嵐・大野智、相葉雅紀への密着を指摘され「近い?」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事