AKB48指原莉乃、吹き替えに初挑戦!キュートな“うさ耳”姿をお披露目

人気アイドルグループ・AKB48の指原莉乃が23日、19日より公開中のアニメーション映画「イースターラビットのキャンディ工場」の舞台挨拶に登場した。
アフレコに初挑戦したAKB48指原莉乃
アフレコに初挑戦したAKB48指原莉乃
キャンペーンの正解は「指原莉乃」

この映画の主題歌に、AKB48の派生グループ・Not yetの楽曲「ハグ友」が起用されたことから、同作ではメンバーの大島優子、北原里英、指原莉乃、横山由依のうち“誰か一人”が声優に挑戦。同日の舞台挨拶まで誰が演じているのかは明かされず、その人物を当てるキャンペーンも実施されるなど、話題を呼んでいた。

映画本編上映後、クイズキャンペーン正解発表イベントが始まると、劇場にきていた観客が「誰がくるの?」という期待感でざわめき始める中、「声を演じたのは、私でした」と役にちなみウサギ耳カチューシャをつけた指原莉乃が登場。

メンバーの中で、なぜ自分が選ばれたと思うか、という質問には「いちばんおっちょこちょいだからだと思います(笑)」ともはや代名詞にもなった自虐トークを披露した。

アンジェリーナ・ジョリーと共演したい

初の吹き替えについて、とても不安だったという指原莉乃だが、「くしゃみをするシーンが多く、そこはほぼ一発OKだったんです!『くしゃみ上手だね』と言われました(笑)」と撮影エピソードを告白。

アフレコに初挑戦したAKB48指原莉乃
アフレコに初挑戦したAKB48指原莉乃
さらには「口を合わせるタイミングがとても難しいんですが、ピッタリはまると、すごく気持ちよかった。また機会があれば、Not yetの4人でやってみたい」と意欲を見せた。

今回、指原莉乃が吹き替えをしたのは、ハリウッドのアニメ映画。それにちなみ共演したいハリウッド俳優について聞かれると「(メンバーの)北原里英とアンジェリーナ・ジョリーさんの唇が似てるみたいなので、アンジェリーナ・ジョリーさんとNot yetで、ラブサスペンスで共演できたらいいなと思います」と大きな抱負を語っていた。

映画「イースターラビットのキャンディ工場」

<ストーリー>
イースター島にある、キャンディの国。そこでは、うさぎとヒヨコが世界中の子供たちのために、色とりどりのキャンディを作っている。
もうすぐ父親のあとを継ぐことになっている、うさぎの王子イービーには、どうしても諦められない夢があった。
それは、ミュージシャンになること。イービーはこっそりハリウッドへ向かい、オーディションを受ける。
一方、うさぎの最強部隊"ピンク・ベレー"がイービー捜索に出動した隙に、ヒヨコたちのボスであるカルロスが、キャンディ工場を乗っ取ろうと企て、王国は大混乱に!
果たして、キャンディの国の未来は? イービーの夢の行方は?

原題:HOP
プロデューサー:クリス・メレダンドリ「怪盗グルーの月泥棒 3D」「アイス・エイジ」シリーズ
監督:ティム・ヒル「アルビン/歌うシマリス三兄弟」
日本語吹替え版:山寺宏一、千葉雄大ほか
公開:8月19日(金)よりTOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
2011年/アメリカ
(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - AKB48指原莉乃、吹き替えに初挑戦!キュートな“うさ耳”姿をお披露目
今読んだ記事

AKB48指原莉乃、吹き替えに初挑戦!キュートな“うさ耳”姿をお披…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事