最終回視聴率19.6%という、有終の美を飾ったドラマ『VIVANT』(公式Xより)

実は『VIVANT』は胸キュンシーンの宝庫? 高視聴率を支えた「壁ドン」「バックハグ」の効果

2023.09.27 18:12
提供:ENTAME next

9月17日に最終回を迎えた日曜劇場『VIVANT』(TBS系、以下同)。各話で世帯視聴率10%超えを記録し、79分スペシャルとして放送された第10話は19.6%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と有終の美を飾った。

同作は、『半沢直樹』や『下町ロケット』などの大ヒットドラマを手掛けてきた福澤克雄氏によるオリジナルストーリー。伏線が徐々に回収されていく仕掛けが大きな反響を呼び、ネット上で繰り広げられていたファンによる考察も盛り上がるきっかけの一つとなっていた。しかし魅力はそれだけでなく、劇中でたびたび披露されていた“胸キュンシーン”も大きなポイントだったのではないだろうか。

いい例なのが、阿部寛が演じる公安の刑事・野崎守による“壁ドン”。第2話では野崎が主人公の乃木憂助(堺雅人)に勢い良く迫り、壁に手をついて「この中にお前をはめて罪をなすりつけた奴がいる」と言いながら熱い視線を送っていた。

もっとも野崎は乃木を一旦黙らせるつもりで壁ドンをしたのだろうが、彼が見せた行動は乃木の別人格・F(エフ)から「お前に気があるんじゃないか」とあらぬ疑いをかけられたほどだ。

その後も乃木へ意味深な視線を送り続けていたものの、野崎の真意は殉職した後輩に似ていたから……という理由だった。いずれにせよ野崎のワイルドな壁ドンは、乃木の反応も含めてドキッとさせられたに違いない。

ちなみに野崎は壁ドンに留まらず、作中でバックハグも披露している。もちろんお相手は乃木だ。第5話の会食シーンで携帯を取り上げるために乃木を拘束したのだが、後ろから腕をまわした構図がまるでバックハグさながらだった。

そういった意味でいうと、『VIVANT』はバックハグの宝庫だったように感じる。ある時は警視庁サイバー犯罪対策課の東条翔太(濱田岳)が野崎に後ろから抱きついてみせたり、またある時は乃木がバックハグと同じような構図でテロ組織「テント」のナンバー2であるノコル(二宮和也)を人質にとったり……。

もちろん作中には、本物のバックハグも存在する。第7話では恋人の柚木薫(二階堂ふみ)が乃木と口づけを交わしたのち、後ろからそっと抱きしめるというキュン死必至のコンボを披露していた。『VIVANT』は恋愛要素が少ないだけに、この時ばかりは視聴者の誰もが胸をときめかせたことだろう。

同作の胸キュンポイントは、それだけではない。第9話の終盤で乃木が拘束された際、「テント」の一員であるピヨ(吉原光夫)が行った“顎クイ”のような行為も、視聴者を興奮させたシーンの一つだ。ちなみにその後は、別の意味でドキドキさせられる展開になったが……。

さらに「別班」コンビによる絡みも忘れてはならない。最終話で乃木が組織を裏切っていなかったことが判明した場面では、仲間の黒須駿(松坂桃李)が彼を壁のほうへ押し込み、そのまま胸にそっと頭を押し当てて安堵感を示していた。

そして和解のハグをしたのちに、黒須が正面から“肩ズン”してみせたのだ。これにより2人の間に構築されている信頼関係が改めて示され、女性ファンのハートを撃ち抜く決定打となったのは言うまでもない。

壁ドン、バックハグ、顎クイ、肩ズン……。そんな恋愛映画の王道とも言える振る舞いが多く見られたため、各登場人物の関係性に熱視線を送りながら見守る視聴者も少なくはなかったようだ。

『VIVANT』が女性視聴者をターゲットとして、こうした要素を盛り込んでいたのかは定かではない。ただ、2016年に放送されて一世を風靡した『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)をきっかけに、男性同士のちょっとした絡みがドラマ作品で頻繁に見られるようになった印象だ。

それは必ずしもボーイズラブではなく、登場人物たちの関係性を際立たせるための画期的な手法として使われている。そして女性視聴者のみならず、男性視聴者をも虜にしてきた。『VIVANT』の大ヒットは、そんな時代の最先端をいく演出の功績だったのではないだろうか。

関連リンク

関連記事

  1. SKE48 古畑奈和、「自分は誰かの役に立てている」10年突き進んだ"アイドル"という職業
    SKE48 古畑奈和、「自分は誰かの役に立てている」10年突き進んだ"アイドル"という職業
    ENTAME next
  2. 美女コスプレイヤー・蒼猫いな、フェチ感じる衣装で美スタイル完全解禁【写真10点】
    美女コスプレイヤー・蒼猫いな、フェチ感じる衣装で美スタイル完全解禁【写真10点】
    ENTAME next
  3. 10年ぶりの写真集、中川翔子「過去最大の露出に挑戦したきっかけは江頭2:50さんの一言」
    10年ぶりの写真集、中川翔子「過去最大の露出に挑戦したきっかけは江頭2:50さんの一言」
    ENTAME next
  4. 中川翔子、すべてを出した10年ぶり写真集を語る「血管を褒められる体験は初」
    中川翔子、すべてを出した10年ぶり写真集を語る「血管を褒められる体験は初」
    ENTAME next
  5. 桃月なしこ、話題のフォトスタイルブックからナチュラルな白ランジェリーショット公開
    桃月なしこ、話題のフォトスタイルブックからナチュラルな白ランジェリーショット公開
    ENTAME next
  6. 似鳥沙也加、まん丸バストを置きパイした泡風呂グラビアに「キュンが止まらない」
    似鳥沙也加、まん丸バストを置きパイした泡風呂グラビアに「キュンが止まらない」
    ENTAME next

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. IMP.、5曲目デジタルシングル「FLOW」決定 全編英語詞でグローバル目指す
    IMP.、5曲目デジタルシングル「FLOW」決定 全編英語詞でグローバル目指す
    モデルプレス
  2. ReoNaが登場!『静寂を武器としたライブスタイル』で会場をReoNaワールドに変える! <オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    ReoNaが登場!『静寂を武器としたライブスタイル』で会場をReoNaワールドに変える! <オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    WWS channel
  3. “Virtual Music”を届ける大型クラブ&DJフェス「V-REAK!!(ブレイク)」、Vライバー5名の出演が決定
    “Virtual Music”を届ける大型クラブ&DJフェス「V-REAK!!(ブレイク)」、Vライバー5名の出演が決定
    WEBザテレビジョン
  4. 東方神起、SUPER JUNIOR、NCT、RIIZE、aespa他、13組が「SMTOWN LIVE 2024」で東京ドームに大集合
    東方神起、SUPER JUNIOR、NCT、RIIZE、aespa他、13組が「SMTOWN LIVE 2024」で東京ドームに大集合
    WEBザテレビジョン
  5. マイファス・優里・フジコーズら「AGESTOCK2024」出演に意気込み「感慨深いです」
    マイファス・優里・フジコーズら「AGESTOCK2024」出演に意気込み「感慨深いです」
    モデルプレス
  6. ウマ娘 プリティーダービーが登場!会場中がジャンプで大盛り上がり!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    ウマ娘 プリティーダービーが登場!会場中がジャンプで大盛り上がり!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    WWS channel
  7. なぜか今「くじら」を名乗るアーティストと芸人が急増中! その理由とは
    なぜか今「くじら」を名乗るアーティストと芸人が急増中! その理由とは
    ENTAME next
  8. AmBitious、初全国ツアー開催決定 Zeppツアーで5都市13公演<日程>
    AmBitious、初全国ツアー開催決定 Zeppツアーで5都市13公演<日程>
    モデルプレス
  9. 話題のファンタジックなSFラブストーリー映画『同感 時が交差する初恋』が描くビターな青春
    話題のファンタジックなSFラブストーリー映画『同感 時が交差する初恋』が描くビターな青春
    ENTAME next

あなたにおすすめの記事