乃木坂46堀未央奈、涙の卒業 2期生ライブに全期サプライズで集結<ライブレポ/セットリスト>

0
102
乃木坂46が28日、「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」をオンラインで開催し、伊藤純奈北野日奈子新内眞衣鈴木絢音寺田蘭世堀未央奈山崎怜奈渡辺みり愛の8人が出演。この公演をもって2期生を牽引してきた堀がグループを卒業。公演ラストには1期・3期・4期のメンバーがサプライズで駆けつけた。
1期・3期・4期のサプライズ登場に涙する堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
1期・3期・4期のサプライズ登場に涙する堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)

乃木坂46・2期生ライブ「アナスターシャ」で開幕

まず開演5分前に北野と新内の2人による影アナから始まり、ついにステージが開幕すると、佇む7人の元に堀が花道を歩いて合流。円陣を組むと昨年のライブで初披露した2期生楽曲「アナスターシャ」からスタートした。

続けて「ライブ神」を歌い上げると、クールな表情から一転、センターの堀は笑顔になり、「画面の向こうの皆さんも盛り上がってくださいね!」と呼びかけ、「Am I Loving?」「走れ!Bicycle」とアッパーチューンを畳み掛けた。

2期生バースデーに堀未央奈卒業

2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
この日は8年前に2期生オーディションの合格発表が行われ、14人が乃木坂46としての活動をスタートした誕生日。MCでは皆でバースデーソングを歌い、お祝い。今の心境を聞かれた堀は「今すごい楽しくて、全然悲しい気持ちじゃないので、とにかくこの時間が続けばいいなと思ってます。皆で良い思い出作りたいから、いっぱいアイコンタクトしてください!」とメンバーの顔を見た。

北野は「2期生だけで頭から最後までライブをするって初めてじゃないですか?今日、頭から最後まで私たち8人だけですよ!」とテンション高めに声をあげ、「だから人生で振り返った時に、1番は難しいかもしれない。3番目ぐらいに入れてもらえる思い出作ろう!」と意気込み。堀が「1番行こう!」と背中を押すと、北野も「日奈子は最初からその気だった!皆も1番にしてくれるなら日奈子も1番にする。じゃあそうしよ!」と目標を上方修正し、笑いを誘った。

渡辺はオープニングのくすみカラーにチェック柄の衣装は堀が意見を出してできた衣装と紹介し「未央奈とはプライベートで結構ダンスをしたりとかする仲なので、その時に『いつかこういうちょっと短めのやつを着て踊りたいね』って言ってたんで、それが今叶ってめちゃくちゃ嬉しい」とコメント。乃木坂46といえばスカート丈を揃える衣装が有名だが、堀はメンバーのイメージに合わせてスカート丈も膝上や膝下とそれぞれあえて変化をつけたと説明した。

堀未央奈に2期生から止まらない感謝の思い

2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
MCでは堀との思い出をそれそれが話し、堀と2人で地方組だった鈴木は、最初の頃は他のメンバーが毎日参加していたレッスンに土日しか参加できず追いつけなかったという思い出を振り返り、「その時の気持ちを思い出しながら今日は踊りたいなって思います」と語った。

山崎は「この場を借りて、ずっと思ってたけど言えなかったことで…」と切り出し、「未央奈はずっと2期生のこと引っ張ってくれてて『いつか皆で選抜入りたいね』とか『いつか皆でこういう仕事がしたいね』とか言ってくれてたけど、私の気持ちとか、ファンの方とか一旦置いといて、事実として私は1回も選抜に入ったことがないから、未央奈の願いが最後まで叶えてあげられなかったから、申し訳ないなって思ってたんですよ、ずっと。それがすごい後ろめたかったんです」と堀に対して思いを吐露。しかし、堀が雑誌のインタビューで「れなちは自分の場所で今1番頑張ってるから、そのままでいてほしい」と話しているのを読んだといい、「一気にその罪悪感から開放されたなって感じがして、ありがたかったなって思いでした。そういうふうに1人1人のことをちゃんと見て、しかも肯定してくれてるのが嬉しいなと思いました」と感謝した。

これに堀が笑顔で「当たり前だよ、仲間だからね。分かってる。1番近い距離だからね」と頷くと、山崎は涙をこらえていた。

乃木坂46・2期生、全員それぞれ楽曲をチョイスしセンターに

鈴木絢音、山崎怜奈、堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
鈴木絢音、山崎怜奈、堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈、渡辺みり愛、北野日奈子「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈、渡辺みり愛、北野日奈子「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
中盤は全員がセンターを務めるパートで、ライブ前にメンバーが必ず行なう円陣のスローガンとなっている「笑顔」「感謝」「努力」に合わせ、それぞれが思い出深い楽曲をチョイスし、当時の心境などを語る演出。

7人にセンターが周ると、堀にセンターが戻り、「別れ際、もっと好きになる」へ。

堀はオーディション合格後、16歳で「バレッタ」で突然センターに抜擢されたこと、そこから選抜落ちをしアンダーメンバーになったこと、「次の選抜こそは2期生全員で上がりたい」と誓ったこと、しかし13枚目シングルでは2期生は全員選抜に選ばれなかったこと…順風満帆ではなかったアイドル人生を涙で声を詰まらせながら思い返す。「ですが、私には怖いものなんてありませんでした。それは皆がいてくれたから。皆が励ましてくれて、支えてくれて、強くて優しい本当に自慢の仲間です。私たちならどこにいたって強くなれる。強くありたい、そう思っています」と話すと、力強い目線で「嫉妬の権利」をパフォーマンスした。

乃木坂46・2期生全員がセンターに 悔しい経験も…思い出の1曲とともに語ったこと<全文>


新内眞衣の号泣に堀未央奈もらい泣き

「ゆっくりと咲く花」で円陣を組む演出「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
「ゆっくりと咲く花」で円陣を組む演出「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
2期生のこれまでの軌跡を追ったVTRが流れた後はロングスカートの衣装に着替えたメンバーが「君に贈る花がない」「世界で一番 孤独なLover」「かき氷の片想い」「スカウトマン」「ハルジオンが咲く頃」「きっかけ」と続けて歌唱。

ライブの終わりが近づき、涙が止まらなくなった新内に堀が「まいちゅん泣きすぎなんだもん」とツッコミを入れると、新内は「あと1曲で終わりなんだもん…」と返し、堀も思わずもらい泣き。「本当に少しずつ実感が湧いてきて、卒業した2期生もきっと配信を見てくれてるし、今いるこの8人も、ライブをしていて本当に自慢の仲間っていうか、出会えて良かったなって。この曲を2期生で歌えて良かったなっていうのがいっぱいあって幸せでした」とカメラに向かって笑顔で手を振った。

本編最後の楽曲は昨年の2期生ライブのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。8人で円陣を組んで指ハートを合わせた後、手を重ね合わせる演出で絆を表現した。

鈴木絢音、堀未央奈の母親からの手紙を代読

2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
アンコールでは堀のヒストリー映像が流れた後、ドレスに着替えて一層輝きを放った堀がステージに現れ、マイクを持って、挨拶。あまり語っていなかった家族の思いから、1期生、3期生と4期生、最後に2期生への思いを涙ながらに話し、そのまま最初で最後のソロ曲「冷たい水の中」へ。繊細な歌声で歌い上げ、終盤は7人が堀の周りを取り囲む。堀はメンバーを見て安堵したような表情を見せた。

堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
最後はセンターに選ばれた思い出のシングル楽曲「バレッタ」。過去の色々な映像が後ろに流れる演出で、7人が花道を作って堀を送り出した。

堀未央奈を囲む2期生メンバー「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈を囲む2期生メンバー「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
そして、メンバー一人ひとりが堀に花束を渡しながらメッセージ。同い年の北野は「2期生の真ん中にずっと立ち続けてくれて、私たちあんまり一緒に活動を皆でもできなかったけど、『やりたい』って言い続けてくれたから最後にこうやって2期生ライブできたのも未央奈の言霊だと思うし、私たち8人がずっと残ってるのも未央奈の言葉とか行動が私たちを繋ぎ止めてくれたんだなって本当に思ってる」と堀のこれまでの2期生への行動にしみじみと感謝。笑顔で堀をイジりながら「明日からも大大大大大親友でいようね!」と約束した。

堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
鈴木は涙を沢山流しながら、「未央と出会えたことが乃木坂に入って本当に一番良かったことだなって思っていて。でも私に実力がなかったから未央が辛い時にはそばにいてあげられなかったし、それがすごく私の心残りです。本当にごめんね」と謝ると、堀は「皆自分を責めるけど皆頑張ってるじゃん…(泣)。だから本当に自信を持って。私いっぱい皆に支えられたから」とお互いに感謝を伝えた。

さらに、サプライズとして母親からの手紙を鈴木が代読。7人がサプライズを考えて堀の母親に連絡をしたといい、堀は「びっくりした…」と溢れる涙が止まらなかった。

乃木坂46堀未央奈、最後に語った母親への思い「絶対にお母さんを幸せにします」 2期生サプライズで母親から手紙も


乃木坂46メンバー、サプライズで集結

堀未央奈の母親からの手紙を読み上げる鈴木絢音「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀未央奈の母親からの手紙を読み上げる鈴木絢音「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
最後にもう一度「アナスターシャ」を披露していると、曲の終盤に1期生、3期生、4期生が段々後ろから近づいてきた。何も知らなかった堀は驚いて顔を覆い声も出せず。「未央奈お疲れ様ー!皆来ちゃったよ」(生田絵梨花)、「ずっと観てたよ!本当に綺麗」(松村沙友理)と先輩の1期生も笑顔で声をかけ、秋元真夏キャプテンは「1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っていて。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています」と功績を称賛。3期生からは梅澤美波、4期生からは賀喜遥香が堀に言葉を送った(記事最後に全文あり)。

2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
2期生の8人「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
堀は最後に「本当に本当に8年間ありがとうございました。これからも乃木坂46、最強グループなのでメンバー一人ひとりのことを見て愛して下さい」とファンに向かって呼びかけ、アイドル人生最後のライブを終えた。

乃木坂46・2期生の歩み

2013年3月28日に2期生14名が、乃木坂46としての活動をスタート。そして7枚目シングル「バレッタ」では、突如発表された堀のセンター抜擢。しかし最終的に全員が正規メンバーに昇格するまで、およそ2年の月日を擁した。

2020年3月、2期生メンバー待望の「乃木坂46のオールナイトニッポンPresents 乃木坂46 2期生ライブ」が、国立代々木競技場第一体育館にて決定。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止が決まり、急遽動画配信アプリにて「幻の2期生ライブ」が生配信された。

そこから更に1年後の2021年3月28日、2期生加入8周年を記念したこの日「9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜2期生ライブ〜」として、2期生8名だけのライブが実現した。

「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」

乃木坂46デビュー9周年を祝う「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」。当初、9回目のバースデーライブは全メンバー出演のコンサート公演、1期生〜4期生までの各期生別コンサートが各1公演の合計5公演を予定していた。

デビュー記念日である2月22日には「9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜前夜祭〜」、2月23日に「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催。予定していた各期生別でのコンサートは緊急事態宣言下において、「分散して開催」と発表され、29日には「1期生ライブ」を予定している。(modelpress編集部)

「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」セットリスト

1期~4期生まで集結し堀未央奈の卒業を送り出す「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
1期~4期生まで集結し堀未央奈の卒業を送り出す「9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~2期生ライブ~」(提供写真)
※☆はセンター、記載なしは堀未央奈

0.Overture
1.アナスターシャ
2.ライブ神
3.Am I Loving?
4.走れ!Bicycle

~MC~

<努力>
北野語り
5.日常 ☆北野
6.君の名は希望 ☆山崎
山崎語り

<感謝>
渡辺語り
7.ゴルゴンゾーラ ☆渡辺
伊藤語り
8.サヨナラの意味 ☆伊藤
9.ここじゃないどこか ☆鈴木
鈴木語り

<笑顔>
新内語り
10.太陽ノック ☆新内
寺田語り
11.ボーダー
12.別れ際、もっと好きになる
堀語り
13.嫉妬の権利
14.今、話したい誰かがいる ☆堀・新内

~MC~

15.君に贈る花がない
16.世界で一番孤独なLover
17.かき氷の片想い
18.スカウトマン
19.ハルジオンが咲く頃
20.きっかけ

~MC~

21.ゆっくりと咲く花

EN1.冷たい水の中
EN2.バレッタ

~MC~

EN3.アナスターシャ

~MC~

<アフター配信>
AF1.せっかちなかたつむり
AF2.サイコキネシスの可能性

4期生代表・賀喜遥香

「ご卒業おめでとうございます。私は初めて選抜に入った時は隣が未央奈さんでペアのダンスとかも本当に緊張しいで、心ここにあらずというときにも目を合わせて下さったり体を叩いて下さるのが本当に嬉しくて、普段の活動の中でも一人でいるときに話しかけて下さって、私が『先輩の中に入るのが心配です』と言ったら『分かるよ』と言って寄り添ってくれるのが嬉しくて、後輩としても乃木坂で頑張らないとなと思いましたし、もし私に後輩ができたら未央奈さんにすごく優しくしてもらったみたいに私ももっと乃木坂らしく、後輩を迎えてあげたいと思いました。本当に沢山お世話になりました」

3期生代表・梅澤美波コメント

「改めてご卒業おめでとうございます。加入した当初から私たちを妹のように可愛がって下さいました。まだ加入して間もない遠慮してしまいがちの私たち後輩からしたら本当にそれが嬉しくて何度も何度も救われました。とても感謝しています。未央奈さんはいつもどんなときもカッコよくて芯があって自分のぶれない軸を持っていてカッコいい姿を沢山見てきたけど、思い返せば一緒に活動した4年半、未央奈さんの弱さを見たことがなかったなと思いました。きっと色んな責任やプレッシャーを抱えながらもそんな弱さを私たちには見せず、前へ前へと引っ張って下さったんだなと思います。卒業されるのはすごく寂しいけどきっと未央奈さんの姿はそんな私たち後輩の憧れであり続けると思います。未央奈さんの笑顔がすごく大好きでした。これからも卒業された後も未央奈さんの妹たちでいさせて下さい。未央奈さんが幸せでありますように。ご卒業本当におめでとうございます。

1期生代表・秋元真夏コメント

「今でも選抜で初めて未央奈が入ってきたときのことをすごく覚えてて、先輩だらけの中に一人で入ってくるのは本当に大変だったと思うんだけど、そんな中でも負けずに毎日頑張ってて苦しい姿を見せずに戦っている姿を見てきたし、大変な中でも1期生でやってきた乃木坂に色んな色をつけてくれたのが未央奈だったなって私は思っています。幅も広くしてもらったし、色んな一面を広げてもらった後輩だし、後輩がそういうのを広げるのって大変なのに誰よりも頑張ってくれたなって思っています。個人的には未央奈とちょっと言い合いみたいなイジり合いみたいなのを沢山してたじゃない?それがなくなるのがすごく寂しいし、なにか面白いことがあったら未央奈に言って一緒に笑って2人で共有するのがすごく好きだったからそれができなくなっちゃうと思うと寂しくてしょうがないけど、未央奈が『次の道を決めて歩んでいく』って直接言ってくれたときにしっかり応援しなきゃって思って、未央奈はここから色んな道に進んでいくけど絶対ここまでやってきたことは自信に繋がると思うから誰よりも未央奈のことを応援しています。今後も頑張ってね」
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 乃木坂46堀未央奈、涙の卒業 2期生ライブに全期サプライズで集結<ライブレポ/セットリスト>
今読んだ記事

乃木坂46堀未央奈、涙の卒業 2期生ライブに全期サプライズで集…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事