「レコ大」豆柴の大群メンバーが転倒 安住紳一郎アナが状況説明

0
5
年末恒例の音楽賞「第62回 輝く!日本レコード大賞」最終選考会が30日、東京・新国立劇場で開催。新人賞を受賞したアイドルグループ・豆柴の大群のメンバーが舞台上で転倒した。
「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
新人賞を受賞した真田ナオキ、Novelbright、豆柴の大群、Rin音の歌唱後、最優秀新人賞発表時に4組が再び舞台上に集合。

演歌歌手の真田ナオキが最優秀新人賞として発表された瞬間、豆柴の大群のミユキエンジェルが転倒し、そのまま他メンバーに抱えられ舞台を後にした。

その後司会の安住紳一郎アナウンサーが「心配されてる方がいると思うのですが、番組の密着が入っており、お芝居でそういう演出をされたようです。元気です」と説明した。

ミユキエンジェル/「超 FUJI-Q!2020 ~超十代の秋まつり~」にて撮影(C)モデルプレス
ミユキエンジェル/「超 FUJI-Q!2020 ~超十代の秋まつり~」にて撮影(C)モデルプレス
ミユキエンジェル/「超 FUJI-Q!2020 ~超十代の秋まつり~」にて撮影(C)モデルプレス
ミユキエンジェル/「超 FUJI-Q!2020 ~超十代の秋まつり~」にて撮影(C)モデルプレス

第62回 輝く!日本レコード大賞

安住紳一郎、吉岡里帆(C)TBS
安住紳一郎、吉岡里帆(C)TBS
同番組は17時30分から4時間半にわたりTBSにて生放送。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催に。

司会は9年連続となると安住アナ、音楽特番初司会となる吉岡里帆。三浦大知「I'm Here」、純烈「愛をください~Don't you cry~」、Little Glee Monster「足跡」、瑛人「香水」、乃木坂46「世界中の隣人よ」、DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」、AKB48「離れていても」、氷川きよし「母」、DA PUMP「Fantasista~ファンタジスタ~」、LiSA「炎」ら10組の優秀賞の中から今年の「日本レコード大賞」が決定する。

また、特別賞を受賞したUru、NiziUのほか、特別国際音楽賞を受賞したBTSもパフォーマンスを披露。年内で活動を休止する嵐には特別栄誉賞が贈られ、初の「レコード大賞」のステージでTBSラストパフォーマンスを届ける。(modelpress編集部)

そのほか受賞者&作品


「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
「レコ大」パフォーマンス時の豆柴の大群(C)TBS
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 「レコ大」豆柴の大群メンバーが転倒 安住紳一郎アナが状況説明
今読んだ記事

「レコ大」豆柴の大群メンバーが転倒 安住紳一郎アナが状況説明

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事