SHINeeの「なくてはならないもの」って?マイブーム&夏の計画も明かす<インタビュー>

参照回数:446,102

【SHINee/モデルプレス=5月6日】韓国のボーイズグループ・SHINee(シャイニー)がインタビューに応じ、5月18日にリリースするニューシングル「君のせいで」のエピソードや間近に迫るドーム公演への意気込み、それぞれのマイブームやこの夏やってみたいことも明かした。
インタビューに応じたSHINee(左から)オンユ、ジョンヒョン、テミン、ミンホ、キー
インタビューに応じたSHINee(左から)オンユ、ジョンヒョン、テミン、ミンホ、キー

歌詞の苦しみを込めた激しいダンスに注目

― ニューシングル「君のせいで」は、ファンキーさと切なさがありつつキャッチーなアップチューンですが、最初に聴いたときは、それぞれどんな印象がありましたか。

ミンホ:寂しさと温かさが共存している曲だと思いました。

ジョンヒョン:歌詞がとっても悲しかったです。

キー:覚えやすいサビのメロディが、昔の懐かしい音楽を思い出して、早くステージで歌いたいと思いました。

テミン:僕も同じですけど、久しぶりのJ-POPのメロディがすごく印象的でした。

オンユ:僕も切ないメロディが印象的でした。

SHINee「君のせいで」(2016年5月18日発売)
SHINee「君のせいで」(2016年5月18日発売)
― 歌うときに、今までとの違い、難しさはありましたか。

キー:早いテンポのダンスチューンだけど、歌詞が痛みを表現した悲しいものだったから、どうやって歌うか難しかったんですけど、みなさんが聴いたとき、歌詞がはっきり聴こえるように、発音、アクセントに気をつけて歌いました。

テミン:いつもダンスパフォーマンスを魅せる曲は、コンセプトに合わせたボーカルで歌うんです。でも、今回の曲はダンスチューンなのに、感情を込めて歌うというのが今までにないものだったので、そこが難しかったです。

オンユ:ライブでは、とにかく歌いながら踊るのが大変でした。ダンスがすごく強烈なので。

ジョンヒョン:僕は、特に難しさはありませんでした。歌いやすい曲だっていう印象の方が強かったです。

ミンホ:僕もジョンヒョンくんと同じで歌いやすかったです。

― 歌詞は、失恋の苦しみ、切ない思いを感情たっぷりに歌ってますが、印象深い歌詞やお気に入りのフレーズは?

キー:僕はやっぱり、サビの“君のせいで”が印象深いです。日本語で繰り返し歌ってすごく耳に残るので、それがすごくよかったです。

テミン:僕のパートなんですが、“忘れたふりだけが 悲しいくらい 上手くなっていくけど”ってところが印象的でした。失恋の気持ちがすごく込められてるなと思いました。

オンユ:僕は、“出会わなければ苦しくなかった Blue Blue…”です。ブルーな気分がすごく出てるなって思いました。

ジョンヒョン:僕は、“君のせいで弱くなった”ってフレーズが好きです。失恋のストレートな気持ちが出てるなって。

ミンホ:“You’re Baby Blue”の部分が好きですね。メロディと重なってずっと鳴る感じがとてもいいなと思いました。


― ライブで拝見し、ダンスの激しさに驚きました。今回、ダンスでこだわったところ、ポイントになるダンスを教えてください。

ジョンヒョン:歌詞の感情からくる表情、それと一緒になった振りってところにこだわりました。

キー:歌詞にある苦しみを込めたダンスになってるんです。初めて曲を聴いたときは、ダンスは簡単なものになるのかなと思ったんですが、逆に難しいダンスで僕らも驚きました。その逆なバランスが、ステージでは映えるなと思いました。

テミン:ほんと、歌とダンスのギャップがすごく印象的ですね。悲しい曲は悲しい雰囲気でいくのが普通ですけど、この曲は、イメージとしては悲しみを振りほどくように思いっきり走ってる感じがします。

― 実際、今年3月の代々木体育館でのライブで初披露したときの感想を聞かせてください。

テミン:コンサートの前日まで練習していたので、とっても緊張しました。

ミンホ:曲をリリース前にお見せするというので、みなさんからどんな反応がくるのか期待感が高かったです。

キー:みなさんの歓声をいただけたときは、すごくうれしかったです。

SHINeeの「なくてはならないもの」は?

― 歌詞にちなんで、なくしてしまって悲しいもの、自分にこれがないとダメなもの、絶対必要だってものは何ですか?

ジョンヒョン:家族はやっぱり大切な存在ですよね。メンバーは…大丈夫です(笑)。

一同:ちょっと~!!(笑)

キー:僕は、プライベートの時間ですね。仕事も大切ですけど、そればかりだと大変になってしまうので、プライベートな時間がないと生きることができません。

オンユ:僕は、病院です。

一同:(笑)

キー:確かに。お世話になってます。

オンユ:特に僕は病気がちなので(笑)。

テミン:あ!ステージの上のお水!

一同:(笑)

ミンホ:ステージが終わったあとのご飯ですね。やっぱり食べると元気になります。

― カップリング曲「Nothing To Lose」は、ハードなギターで始まりサビがポップに開ける、新しい自分に生まれ変わりたい思いを歌ったアップチューンです。これまでもロック的な楽曲はありましたが、また違うタイプですね。

ミンホ:そうですね。レコーディングをしたときに、新しいなって感じがありました。ラップみたいに歌うフレーズが、これまでと違いがあります。

ジョンヒョン:SHINeeにとってまた新しい、それでいてまたSHINeeに合う曲だと思います。

キー:「君のせいで」と、CDのバランスで似合うなって思いました。曲の構成的にも、繰り返すサビと、コーラスが合ってるんです。曲のジャンルは違うけど、そこがまた面白いし、「Nothing To Lose」もたくさん聴いて欲しいなって思いました。

テミン:「君のせいで」とはまた違って、すごくアッパーに盛り上がっていく曲ですよね。それが魅力的だと思います。

オンユ:まだコンサートでお披露目してないんですが、早くみなさんとダンスして一緒に盛り上がりたいなって。ライブでお見せしたら、絶対盛り上がれると思います。

SHINeeにしかできないスタイルのドーム公演に

全国ツアー「SHINee WORLD 2016~D×D×D~」を開催中(写真は東京・国立代々木競技場第一体育館)
全国ツアー「SHINee WORLD 2016~D×D×D~」を開催中(写真は東京・国立代々木競技場第一体育館)
― 今年の全国ツアー「SHINee WORLD 2016~D×D×D~」は1月からスタートし、ドーム公演を含めると全国10ヶ所20公演・35万人、SHINee史上最多動員のツアーとなりました。今回のツアーで新しい発見はありましたか?感想やエピソードを聞かせてください。

オンユ:たくさんの地域を回らせてもらって、福井も初めてだったんです。新しい地域の発見でした。福井は恐竜が有名なところで、僕は子供の頃から恐竜が好きだったので行けてよかったです。

キー:今回のツアーは、アルバム『D×D×D』からの新曲が多かったんです。僕は、レコーディングしたときから早くライブで歌いたいと思ってたんです。特に「WANTED」とかは、音源以上に、ライブで歌うと迫力が増したと思います。

ミンホ:今までのツアーとは違う感じがありました。今までよりも、もっと余裕を持ってやることができたんです。

テミン:僕もそうですね。コンサートをやるときに余裕ができて、みなさんの顔をたくさん見ることができました。そしたら、男性の方が結構見えたんですよ。男性の声援も聞こえましたし面白かったですね。

― そして間もなく、初となる京セラドーム大阪公演(5月14日・15日)、2度目の東京ドーム2days公演(5月18日・19日)が控えています。意気込みを聞かせてください。

テミン:やっぱり、SHINeeにしかできないスタイルのドーム公演をお見せしたいです。みなさんにいただいた愛にお返しできるように、思いっきりがんばっていきたいです。

キー:僕は、去年の東京ドームは緊張でいっぱいいっぱいだったんですよ。それはそれでよかったんですが、でも今年はもっと変化した姿をお見せしなければならないし、もうちょっと余裕を持って、会場のいろんな場所を見て自分も楽しんでライブをしたいです。

ジョンヒョン:ドームは前回のように、情熱的にやらないとダメだと思ってます。僕は、前回と同じくらいの気持ちでやりたいと思ってるんです。前回がんばりすぎて、終わったあとにスタミナが切れて大変だったんです。でもそれが気持ちよかったし、そのくらいの全部出し切るくらいでやりたいです。

マイブーム&この夏やってみたいこと

― 最近ハマっているものを教えてください。

オンユ:僕は、車のカスタムが好きなので車の整備です。あと、テミンの韓国でのソロアルバムにハマってます(笑)。

テミン:ありがとうございます(笑)。僕は、音楽だと、エイブリー・ウィルソンってシンガーです。

キー:僕は映画『ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ』のOSTが大好きです。あと、韓国でこれから自分がやるんですけど、舞台演技をやることですね。

ジョンヒョン:ゲームです。プレステ4の「ブラッドボーン」ってゲームが難しくて面白いです。ずっとやってます。

ミンホ:ルーカス・グラハムってシンガーがとてもいいです。あと、最近やってて楽しいのは乗馬です。

― 今年の夏にはどんなことをやりたいですか?

オンユ:車をカスタムして、どこか行きたいです。

ジョンヒョン:釜山に行って、思う存分盛り上がって遊びたいです。

ミンホ:夏に、馬に乗って矢を射ってみたいです。

一同:オ~~!!

キー:外で寝てみたいです。キャンプしたいです。

オンユ:野宿?

キー:いや、キャンプがいいですね。でもほんとに僕、外で寝たことないです。キャンプしても部屋で寝たりしてたので。なので、1回くらいはやってみたいですね。

テミン:山の中の小屋に行って、木で作った囲炉裏みたいなところで若年寄りみたいに過ごしたいです(笑)。空気のいいところに行きたいです。

― 最後に改めて、「君のせいで」を聴いてくれるみなさんへのメッセージをお願いします。

キー:久しぶりに歌いやすくて覚えやすい曲になっていると思うので、たくさんの方に聴いて欲しいですし、僕らのステージもチェックして欲しいです。そして、ドーム公演を始め、いろんなステージを準備する予定ですので、これからのSHINeeに期待しててください!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

SHINee WORLD 2016~D×D×D~ Special Edition

5月14日(土)大阪:京セラドーム大阪 15:00開場/17:00開演
5月15日(日)大阪:京セラドーム大阪 13:00開場/15:00開演
5月18日(水)東京:東京ドーム 16:00開場/18:00開演
5月19日(木)東京:東京ドーム 16:00開場/18:00開演
※最新情報はオフィシャルサイトをご確認ください。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - SHINeeの「なくてはならないもの」って?マイブーム&夏の計画も明かす<インタビュー>
今読んだ記事

SHINeeの「なくてはならないもの」って?マイブーム&夏の計画…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事