SHINee しゃいにー

「SHINee」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「SHINee」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「SHINee」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

SHINeeのプロフィール

◆プロフィール◆

SHINee(シャイニー)は、オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンの5人で構成された韓国の男性歌手グループ。
2008年5月「누난 너무 예뻐(Replay)」でデビュー。コンテンポラリーバンドと表現されている。
SMエンターテインメント(韓国)とEMIミュージック・ジャパン(日本)に所属。2009年7月29日に発売のアルバムで日本活動を開始した。

◆経歴◆

グループ名のSHINeeは、「輝く」という意味の「shine」に名詞形の語尾「ee」を組み合わせ作った新造語で、「光り輝く人」という意味。
これはつまり常にスポットライトを浴びる人を意味し、「様々な音楽の追求により世代や地域(国)に関係なく、幅広い音楽ファンを魅了させる」というグループの目標が込められている。
コンテンポラリーバンドとは、音楽、ダンス、ファッションなど全ての分野で現時代にあったトレンドを提示し、リードしていくチームという意味が込められており、
メンバーが楽器を演奏する一般的なバンドではなく、メンバー全員がボーカルパフォーマンスを披露できるというもの。
メンバーのテミンは、“ダンスチャン 댄스짱(ダンスが優れていること)”として、専門家らも驚くほどの実力を備えている[1]。
2008年5月19日、新聞記事を通じてデビューが発表された。5月22日にミュージックビデオが公開され、翌日23日にミニアルバム「누난 너무 예뻐(Replay)」が発売された。5月25日にSBSの「人気歌謡」でテレビ初出演した。
現在、SHINeeは着々と人気を集めながら、その実力も現在韓国アイドルグループで10本の指に入るといわれる。2010年7月に発表したアルバム「LUCIFER」のステージではその歌唱力やダンス力が優れていて、チャート1位を獲得。
2011年3月に日本で正式にデビューと発表されたが6月に変更。
6月22日に、韓国デビュー曲と同じ「Replay」の日本語版「Replay -君は僕のeverything-」で、デビュー。

◆メンバー◆

【オンユ / ONEW】
ハングル表記:온유
本名:イ・ジンギ(ハングル表記:이진기 漢字表記:李珍基)
ニックネーム:リーダー、お豆腐、オニュ
生年月日:1989年12月14日(24歳)
血液型:O型 
身長:177cm
京畿道 光明市出身
青雲大学実用音楽科在学
SMエンターテイメント系学園「SMアカデミーボーカル7期」として、2006年 の少女時代のショーケースで歌い、社長である李秀満氏に直接選抜された後、2年間の練習生期間を経て、2008年にSHINeeとして正式デビューを果たした。
"オンユ"という芸名は、「優しさ」という意味を持つ。優しい笑顔と歌声を併せ持っているため、事務所が名付けた。
SHINeeではリーダー、リードボーカルを担当。
特技は歌、ピアノ、指の力が強く一瞬にしてデコピンでくるみを割る、いろんな物を回す
よく話す日本語は、「いらっシャイニー」
好きな日本語は、「結構」、オヤジギャグをよく言う。
好きな食べ物は「チキン」
実家は肉屋。
高校時代は学年2位の秀才だった。
以前コンサートのソロではオペラを歌い、その実力は観客が驚く程だった。
父親に車をプレゼントした。
2014年6月10日、SMエンターテインメントは、3日にソウル市内の病院で声帯ポリープ除去などの手術を行ったことを明らかにした。
なお、日常生活に支障は無く、現在は退院して休養中。しばらくは通院治療を受ける予定である。
これにより、KBS 2TV「ミュージックバンク in ブラジル」と、ミュージカル「雨に唄えば」(原題:Singin'in the Rain)に出演することができなくなった。
<ソロ・参加・作詞曲>
「バニラLOVE」(2008) イ・ヒョンジ Feat.オンユ
「잠꼬대(Please,Don't Go)」(2009) ジョンヒョン&オンユ
「1년 後(One Year Later)」(2009) ジェシカ(少女時代) Feat.オンユ
「내가 사랑했던 이름(THE NAME)」(2009) Feat.キム・ヨヌ
「Your Name」(2010) SHINee 2ndアルバム 収録曲 作詞 トラック9 
「In Your Eyes」(2012) 韓国ドラマ 花ざかりの君たちへ「아름다운 그대에게 (アルンダウン クデエゲ)」挿入歌 トラック4
「Moonlight (From "미스코리아")」(2014) 韓国ドラマ「미스코리아(ミスコリア)」挿入歌
<ミュージカル>
「兄弟は勇敢だった(HEY,BRO!)」(2010) 
弟 イ・ジュンボン(이주봉)役(イ・ジフンやTRAXのジェイとトリプルキャスティング)
100回公演中オンユは26回出演、毎回90%以上の客席占有率、そして優れた演技力、歌唱力で好評
「ロック・オブ・エイジ」(2010) 主役 ドリュー役 
<出演>
SBSドラマ「ドクターチャンプ」最終回 研修医役(2010)
SBSドラマ「アテナ」(2011)
SBSプラス「オーマイゴッドx2 」(2012)
KBS2 シットコム「一抹の純情」いとこ役(2013)
JTBC シットコム「ロイヤルヴィラ」弟ニート役(2013)
<レギュラー番組>
KBS「야행성/夜行性/夜行星」(2010) MCを担当 番組サイト  
MBC「ショー! 音楽中心」MC(2010年10月30日)
SBS (韓国)バラエティ番組「ジャングルの法則~ボルネオ編~/ブラジル編」(2014年2月28日~6月6日)

【ジョンヒョン / JONGHYUN】
ハングル表記:종현
本名:キム・ジョンヒョン(ハングル表記:김종현 漢字表記:金鍾鉉)
ニックネーム:ブリンブリン(キラキラの意味)、ジョンヒョン
生年月日:1990年4月8日(24歳)
血液型:AB型 
身長:173cm 
ソウル特別市出身
青雲大学校 実用音楽科在学
特技:作詞、中国語
SHINeeでメインボーカルを担当。
好きな日本語は「しょうがないなぁ」
よく話す日本語は「そうでしょ?」「またね~」(イントネーションが少し変である)
好きな日本の食べ物は、うな丼。
中学在学中、バンド活動(ベース担当)をしていてSMエンターテインメントの関係者に声を掛けられ、オーディションに参加した。
歌手になる前は、作曲家になるのが夢だった。
背中の見えるセクシーな衣装を着ることがあるので、見られてもいいように鍛えている。
ファンミーティングで、X JAPANの『Tears』を朝鮮語と日本語で歌った。
寝るときは目を開けて寝る。寝ながら歌う時もある。
母親は幼稚園で働いている。
姉が一人いる。恋人と間違われるくらい仲が良い。
小食。
暑いのが苦手。
お酒に弱く、1~2杯で全身真っ赤になる。酔うと笑って泣いて寝る。
飲み会の席ではお酒を飲まずに運転手となり、メンバーを送って帰ることもある。
メンバー1の泣き虫。
両利き。
<ソロ・参加・作詞曲>
「An Amorous Song (交錯的愛) feat.Kim JongHyun」(2008) Zhang LiYin/1stアルバム「I Will」(トラック7)
「혜야(Y Si Fuera Ella)」(2008) SHINee/1stアルバム収録(トラック9)ジョンヒョンソロ曲 
「Juliette」(2009) SHINee/2ndミニアルバムタイトル曲(トラック2)作詞
「잠꼬대(Please,Don't Go)」(2009) SHINee/2ndミニアルバム収録(トラック5)ジョンヒョン&オニュ
「UP & DOWN」(2010) SHINee/2ndアルバム収録曲(トラック1)作詞(Misfitと共作)
「욕(慾/Obsession)」(2010) SHINee/2ndアルバム収録曲(トラック5)作詞
「Let's go(KOREAN/ENGLISH)」(2010) GROUP OF 20
「너무 그리워 (Miss You)」(2010) S.M THE BALLAD/1stミニアルバム収録(トラック1)
「Hot Times (시험하지 말기)」(2010) S.M THE BALLAD/1stミニアルバム収録(トラック2)
「Don't Lie」(2010) S.M THE BALLAD/1stミニアルバム収録(トラック4)ジョンヒョン&ジノ
「So Goodbye」(2011)ジョンヒョンソロ曲 ドラマ『City Hunter』OST
「알람시계 (Alarm Clock)」(2012) SHINee/4thミニアルバム収録曲(トラック4)作詞
「늘 그자리에 (Honesty)」(2012) SHINee/4thミニアルバム収録曲(トラック7)作詞
「Dear My Family」(2012) 映画『I AM.』OST
「Spoiler」(2013) SHINee/3rdアルバム「Dream Girl:The misconceptions of you」収録曲(トラック1)作詞
「백분의 일」(2013) ジョンヒョンソロ曲 ドラマ『大王の夢~王たちの戦争』OST
「오르골 (Orgel)」(2013) SHINee/3rdアルバム「Why So Serious?:The misconceptions of me」収録曲(トラック4)作詞
「Dangerous (Medusa Ⅱ)」(2013) SHINee/3rdアルバム「Why So Serious?:The misconceptions of me」収録曲(トラック5)作詞(조윤경と共作)
「너와 나의 거리(Selene 6.23)」(2013) SHINee/3rdアルバム「The Misconceptions Of Us」収録曲(Disc1/トッラク10)作詞
「버리고 가 (Better Off)」(2013) SHINee/3rdアルバム「The Misconceptions Of Us」収録曲(Disc2/トッラク10)作詞
「상사병 (Symptoms)」(2013) SHINee/5thミニアルバム収録曲(トラック2)作詞
「우울시계 A Gloomy Clock feat.JongHyun of SHINee」(2013) IU/3rdアルバム「Modern Times」収録曲(トッラク10)作詞・作曲・フィーチャリング
「Red Candle」(2013) Son DamBi/3rdデジタルシングル 作詞・作曲(作曲は위프리키と共作)
「숨소리(Breath)」(2014) S.M THE BALLAD/2ndミニアルバム収録曲(トラック2)ジョンヒョン&テヨン(少女時代)
「하루 (A Day Without You)」(2014) S.M THE BALLAD/2ndミニアルバム収録曲(トラック5)ジョンヒョン&チェン(EXO)
<出演>
KBS「不朽の名曲2」(2011)に出演
MBC RADIO FM4U「青い夜、ジョンヒョンです」(2014年2月4日~)

【キー / KEY】
本名:キム・キボム(ハングル表記:김기범 漢字表記:金起範)
ニックネーム:(オールマイティーな鍵)キー
生年月日:1991年9月23日(22歳)
血液型:B型 
身長:179cm 
大邱広域市出身
特技:ダンス、英語、中国語、日本語
覚えた日本語は、「難しい」「嬉しい」「恥ずかしい」
一番好きな日本語は、「イヤモニ取ってもいいですか?」
メンバーの中で一番日本語が上手である。
SHINeeでラップ、ボーカルを担当。
SMエンターテイメントの全国ツアーオーディションに参加し唯一の合格者となった。
歌・ダンス・ラップと多芸多才なため、万能鍵と称される。
K-POPの曲がかかればどんな曲でも踊ることができ、テレビ番組などではガールズグループのダンスを披露することがある。
寝ている間はよく寝言を言い、歯ぎしりもする。
母親は看護師。両親は共働きで、幼少期は祖母が面倒を見ていた。
ガールズグループのダンスを、夜中に練習している
メンバーの中で、一番奇抜な髪型をする
<ソロ曲・参加曲>(正規リリース)
「Get Down」(2009) Key&ミンホ Feat.ルナ(f(x))
「火星人ウイルス(화성인 바이러스/BOYS&GIRLS) 」(2010) 少女時代 Feat.KEY
「美女先生のアイドル育成」(2010)レギュラー出演
「Two Moons」 (2012) EXO Feat. Key
<Toheart>
同じ91年生まれで親交のあったINFINITEのウヒョンとユニットを結成
INFINITEの事務所がSHINeeのSMエンターテインメントに吸収合併され実を結んだ初のコラボレーション
1stミニアルバム
01.Intro
02.Delicious
03.迷路
04.You're My Lady
05.Tell Me Why
06.出発
<ミュージカル>
CATCH ME IF YOU CAN 
Bonnie&Clyde
三銃士
Zorro

【ミンホ / MINHO】
ハングル表記:민호
本名:チェ・ミンホ(ハングル表記:최민호 漢字表記:崔珉豪)
ニックネーム:(炎のカリスマ)ミノ
生年月日:1991年12月9日(22歳) 
血液型:B型 
身長:183cm
仁川広域市出身
建国大学校 演劇映画科在学
特技:演技、英語、中国語
好きな日本語は、「天才」(漫画の影響)
SHINeeでラップ、ボーカルを担当。
父は韓国プロサッカークラブ、大田シチズン前監督チェ・ユンギョン。
メンバーの中で一番背が高く、以前はモデルの仕事もしていた。
兄が一人いる。
<ソロ曲・参加曲>
「Get Down」(2009) KEY&ミンホ Feat.ルナ(f(x))
<出演>
少女時代「Gee」にMV出演(韓国版・日本版)
VNT(韓国の3人組女性歌手グループ)の「Sound (Ye Ye Ye)」にMV出演(2010)
KBSドラマスペシャル「ピアニスト」(2010年11月)-オ・ゼロ(오제로)役
SBSドラマ「サンショウウオ導師と影の操作団」(2012年)-ミンヒョク(민혁)役
SBSドラマ「花ざかりの君たちへ」(2012年) - カン・テジュン 役
MBCドラマ「メディカルトップチーム」(2013年) - キム・ソンウ 役
<レギュラー番組>
KBS「出発!ドリームチーム2」(2009〜)
MBC「ショー! 音楽中心」MC(2010年10月30日- )
KBS [百点満点」(2010~)

【テミン / TAEMIN】
ハングル表記:태민
本名:イ・テミン(ハングル表記:이태민 漢字表記:李泰民)
ニックネーム:(末っ子)テミン、メンバーからはテミナと呼ばれている
生年月日:1993年7月18日(21歳)
血液型:B型 
身長:178cm
ソウル特別市出身
清潭高等学校中退。芸術高等学校を卒業したが、卒業式当日は他国でのスケジュールのため出席することができなかった。
特技:ピアノ、中国語、ダンス、バスケ
好きな日本語は、「愛してる」「さよなら」「おにく、輝く!」
覚えた日本語は、「あげぽよ」
ボーカルとダンスを担当し、MV等ダンスの見せ場ではセンターに立つ事が多い。ダンス技術の高さは専門家にも評価されている。
ピアノを演奏することができ、コンサートなどでも披露している。
兄が一人いる。
日本語の勉強も兼ねてワンピース、テニスの王子様のテレビアニメを視聴し、特にこの二つの作品が好きとのこと。
同じくBLEACHも視聴し、朽木ルキアが好きだと語っている。
BOYFRIENDのミヌは自身のロールモデルとしてテミンを挙げている。
理想の人 エマ・ワトソン、チョン・シア カヤ・スコデラリオ
芸術高校ではBlock BのP.Oと同じクラスだったが会ったことはない。
同じ事務所のEXOのカイとは親友と呼び合っている。
両親にプレゼントとして家と車を買った
<ソロ曲・参加曲>
「너란 말야 (U)(「君だって」)」(2012) テミンソロ曲 「花ざかりの君たちへ」韓国版OST
「MAXSTEP」(2012)スペシャルユニット YOUNIQUE 
<出演>
「不朽の名曲2」(2012)に出演
BoA 「Disturbance」にMV出演 (2013)
「私たち結婚しました」 (2013/04/27~2014/01/04) A Pink のナウンと共に出演
2014年の春からあの有名なドラマ宮のミュージカルの主人公を演じている。

◆作品◆

◇韓国◇

【CDアルバム】

Mini Album
「누난 너무 예뻐(Replay)」(2008.05.23)
「ROMEO」 (2009.5.25)
2009年7月29日日本で初のライセンス盤として発売
「2009' YEAR OF US」 (2009.10.22)
「Sherlock」(2012.03.22)
「Everybody」(2013.10.14)
Full Album
正規1集「The SHINee World」 (2008.08.28)
1集 Repackage「아.미.고(AMIGO)」 (2008.10.26)
2009年12月9日、日本ライセンス盤発売
正規2集「LUCIFER」 (2010.07.19)
2010年09月15日、日本でもDVD付き仕様で発売
2集 Repackage 「HELLO」(2010.10.04)
正規3集 Chapter1「Dream Girl - The misconceptions of you」 (2013.2.19)
正規3集 Chapter2「Why So Serious? - The misconceptions of me」(2013.4.29)
正規3集 Chapter1&2「The misconceptions of us」(2013.8.8)
OST
Stand By Me (花より男子〜Boys Over Flowers)
Fly High (検事プリンセス)
Countdown (ドリーム)
一日(하루/Haru) (韓国観光公社ウェブドラマ - HARU:ある一日の物語)
Music Video[編集]
누난 너무 예뻐「お姉さんは本当に可愛い(Replay)」
누난 너무 예뻐「お姉さんは本当に可愛い(Replay)」ダンスバージョン
산소같은 너「酸素のような君(Love Like Oxygen)」
산소같은 너「酸素のような君(Love Like Oxygen)」ダンスバージョン
아.미.고「ア.ミ.ゴ(AMIGO)」
줄리엣 「ジュリエット(JULIETTE)
줄리엣 「ジュリエット(JULIETTE)」(Only Dance ver.) ミュージックビデオ
Ring Ding Dong ミュージックビデオ
LUCIFER ミュージックビデオ
Hello ミュージックビデオ
Replay -君は僕のeverything- (日本語版)
JULIETTE (日本語版)
LUCIFER (日本語版)
Sherlock•셜록 (Clue + Note) [1]
Sherlock•셜록 (Clue + Note) (Only Dance ver.) [2]
Sherlock [3] (日本語版)
Dazzling Girl [4] (日本語版)
1000年、ずっとそばにいて・・・[5]
Dream Girl
Dream Girl(Only Dance Ver.)
Fire
Why So Serious?
Boys Meet U
Breaking News
Everybody
3 2 1
Everybody(日本語版)
LUCKY STAR

◆CM◆

Nanas'B
뿌셔 뿌셔
MTV MUSIC OF HOPE(VIDEO MUSIC AID JAPAN)
Etude House Kiss Note

◇日本◇

【CDシングル】
Replay -君は僕のeverything-(2011年6月22日)
JULIETTE(2011年8月29日)
LUCIFER(2011年10月12日)
Sherlock(2012年5月16日)
Dazzling Girl(2012年10月10日)
1000年、ずっとそばにいて…(2012年12月12日)
Fire(2013年3月13日)
Boys Meet U(2013年8月21日)
3 2 1(2013年12月4日)
LUCKY STAR(2014年6月25日)

【CDアルバム】

THE FIRST (2011年12月7日)
Boys Meet U(2013年6月26日)
I'm Your Boy(2014年9月24日)

◆コンサート◆

【日本での単独ツアー】

・SHINee THE 1ST CONCERT IN JAPAN "SHINee WORLD" 2010年 12月26日東京 国立代々木競技場 第一体育館
・THE FIRST JAPAN ARENA TOUR "SHINee WORLD 2012" 2012年 4月25日 福岡 マリンメッセ福岡
4月29日 札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月3日
5月4日
5月5日 名古屋 日本ガイシホール
5月8日
5月9日
5月10日 大阪 大阪城ホール
5月12日
5月13日 神戸 神戸ワールド記念ホール
5月26日
5月27日 大阪 大阪城ホール
5月30日
5月31日
6月2日
6月3日
6月23日
6月24日 東京 国立代々木競技場 第一体育館
6月30日
7月1日 広島 グリーンアリーナ
・JAPAN ARENA TOUR SHINee WORLD 2013 〜Boys Meet U〜 2013年 6月28日
6月29日
6月30日 さいたま さいたまスーパーアリーナ
7月6日
7月7日 大阪 大阪城ホール
7月13日 新潟 朱鷺メッセ
8月3日 札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
8月17日
8月18日 神戸 神戸ワールド記念ホール
9月11日 広島 グリーンアリーナ
11月25日 福岡 マリンメッセ福岡
12月10日
12月11日 名古屋 日本ガイシホール
12月24日
12月25日 東京 国立代々木競技場 第一体育館
・SHINee WORLD 2014 〜I'm Your Boy〜 2014年 9月28日 市原(千葉)市原市市民会館
9月30日 静岡 静岡市民文化会館 大ホール
10月1日 前橋 ベイシア文化ホール
10月2日 宇都宮 宇都宮市文化会館
10月8日 大分 大分iichikoグランシアタ
10月9日 長崎 長崎ブリックホール
10月11日 長野 ホクト文化ホール
10月12日
10月13日 金沢 本多の森ホール
10月15日 津 三重県文化会館
10月17日 浜松(静岡) アクトシティ浜松 大ホール
10月23日 さいたま さいたま市文化センター
10月27日 倉敷(岡山) 倉敷市民会館
11月1日
11月2日 広島 グリーンアリーナ
11月8日 新潟 朱鷺メッセ
11月12日
11月13日 名古屋 日本ガイシホール
11月20日 福岡 マリンメッセ福岡
11月23日 札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月26日
11月27日
12月2日
12月3日
12月4日 東京 国立代々木競技場 第一体育館
12月9日
12月10日
12月11日 大阪 大阪市中央体育館
12月13日
12月14日 神戸 神戸ワールド記念ホール

注釈[編集]
^ SM、男子中高生バンド‘Shinee’公開 、KNTV芸能ニュース(ノーカットニュースの記事) (2008-05-20). 2010年12月31日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

SHINeeを「ウィキペディア」で参照する